MENU

トライオートFXの評判は?自動売買は儲からない?

FX投資が持つ特徴のひとつに「自動売買ができる」が挙げられます。

自動売買が可能なFX口座は複数存在しますが、その中でもっとも注目されているのは、インヴァスト証券が提供している「トライオートFX」かもしれません。

FX取引で自動売買にチャレンジしてみたい人に、トライオートFXの評判や特徴、メリット、デメリットを紹介します。

目次

トライオートFXの評判・口コミ

トライオートFXの評価や評判を実際のユーザーの口コミ情報から紹介します。

高い評価の口コミ、逆にイマイチな口コミ、いずれもあるので参考にしてください。

高い評価の口コミ

自動売買が使いやすい
ほったらかしにして自動売買の結果がどうなるか見てみましたが、プラスになっていました。簡単にお任せできる自動売買を経験できて良かったです。口座開設から自動取引開始まで全くストレスなくすぐに始められるのも良かったです。

上級者も納得の自動売買
売りである自動売買が、いろんなパターンを選択できるので単純に技術の進歩を感じられて面白いと思いました。いろんな自動売買パターンがある中で、パターンごとの癖とか狙いとかを見るのが面白いです。
(30代男性)

スプレッドやスワップポイント、環境が優れている
スプレッドもスワップも通貨ペアの豊富さもかなり優秀で使いやすい口座だと思います。約定も安定しているし、テクニカル系もまあまあ問題なく見やすいと思います。
(30代男性)

イマイチな口コミ

コストがかかる
トライオートFXは手数料がかかる上に1万通貨取引で往復200円ほど必要なので比較的コストが高いと思います。ナンピンのようなポジション取りをする時には一定以上の証拠金が必要になります。
(30代男性)

含み損が出る場面が多い
含み損を抱える場面が比較的多く、自動売買セレクトの場合は人によっては不安の種になるかもしれません。想定レンジが外れてロスカットされることもありました。
(40代男性)

デモ口座がない、FX投資の知識が身につきにくい
トライオートFXはデモ口座がないので注意をしなければいけないと思います。実際に取引をしないと使い勝手を確認することができません。また、自動売買セレクトはシステムに投資を任せるため投資の知識、スキルは身に付きづらいです、
(30代女性)

トライオートFXのおすすめポイント

トライオートFXには他のFX口座と比較しても数多くのメリットがあります。
その中で、特に代表的なおすすめポイントを紹介します。

自動売買システムでFXの取引ができる

トライオートFXの最大のメリットは「自動売買システム」です。
トライオートFXの自動売買は他社と比較しても高く評価されています。

システムに売買を任せてもいいのか?と不安を感じる人はいるでしょう。

しかしシミュレーションでは、2021年の成績に関して12か月中9か月は損益がプラスになっている、と紹介されています。トライオートFXを提供しているインヴァスト証券の自信が窺えます。

トライオートFXは自動売買だけではなくマニュアル取引にも対応しています。場面によって使い分けてもいいかもしれません。

自動売買のメリット

FXの取引方法は自身のタイミングで売買を行うマニュアル売買とシステムが売買を行う自動売買の2種類があります。自動売買の代表的なメリットは、下記の3点が挙げられます。

①24時間取引ができる
②感情に左右されない
③初心者でも上級者並みの実績を出せる

①24時間取引ができる
たとえ仕事をしている、寝ている間も自動売買システムは好機を逃さずに自動的に売買します。これは大きな魅力です。

②感情に左右されない
FX取引でいちばん悩ましい損切りもシステムに任せれば損切りのタイミングを逸しません。損切が遅れて大きな損害を出す可能性が低くなります。

③初心者でも上級者並みの実績を出せる
自動売買のプログラムを上級者の取引と同様のアルゴリズムに設定すれば、初心者でも上級者と同様の取引ができます。FX取引の初心者がプロトレーダー並みの取引を行えるのは自動売買の大きな魅力です。

自動売買のデメリット

自動売買のメリットを紹介しましたが、逆に自動売買のデメリットもあります。

①アルゴリズムは万能ではない
②ファンダメンタルズに弱い

が代表的なポイントです。

どんなに優秀でも勝率100%のアルゴリズムは存在しません。

アルゴリズムには得手不得手があり、上昇相場に強く下降相場に弱いアルゴリズムもあれば、その逆の強みを持つものもあるからです。

自動売買で確実に成果を出すには、強みを発揮するプログラムを複数組み合わせる、通貨ペアを分散させるなどのリスクヘッジが必要です。

また、自動売買はテクニカルなチャートには強みを発揮するものの、相場がイレギュラーな状態になると対応ができません。

FXの相場は世界情勢に敏感です。
大きな地震などの天変地異にも左右されますし、リーマンショックや戦争といった状況にも影響を受けます。

FX初心者でもスムーズにFX取引ができる

トライオートFXのユーザーのうち、60%はFX取引の初心者です。

FXに関する知識がなくても安心してFXの投資を行うことができるFX口座、と言えます。大きなメリットのひとつでしょう。

口コミでも「初心者でも使いやすい」また、「サポートが手厚いので知識がなくても安心」などのコメントが多数ありました!

スプレッドが業界最狭水準

FX口座を選ぶ上で大きな要素となるのがスプレッドです。

FX取引において必ず必要なコストであり、スプレッドの幅が狭いほどコストを抑えられるからです。

トライオートFXの主要通貨ペアと他FX口座を紹介します(2022年4月10日現在)。

FX会社米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/米ドル
トライオートFX0.3銭0.5銭1.0銭0.6銭1.7銭0.3pips
FXネオ                    (GMOクリック証券)0.2銭0.5銭1.0銭0.6銭1.2銭0.4pips
外貨ex by GMO※10.2銭    4.0銭0.5銭              6.0銭1.0銭                10.0銭0.7銭     6.0銭1.2銭     8.0銭0.4pips               4.0pips
DMM FX0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭0.8銭0.4pips
SBI FXトレード※20.09銭   0.19銭0.3銭
0.4銭
0.69銭
0.90銭
0.4銭     0.6銭0.9銭     1.1銭0.19pips      0.38pips
外為オンライン0.9銭1.9銭3.4銭3.2銭3.6銭1.4pips
外為どっとコム0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭1.0銭0.4pips
みんなのFX0.2銭0.4銭0.8銭0.6銭1.0銭0.3pips

※1 上段は午前9時~翌午前3時 下段は左記以外
※2 上段の注文数量1~1,000通貨 下段の注文数量1,001~1,000,000通貨

他FX口座と比較してもトライオートFXのスプレッドは業界最狭水準レベル、とご理解いただけるでしょう。

スワップポイントが高水準

FXの目的はあくまでも投資です。長期的な運用目的でFX取引を行っている人にとって、スワップポイントは最も注目しているポイントかもしれません。

トライオートFXのスワップポイントは他社と比較しても高水準のFX口座です。

FX会社米ドル/円ユーロ/円ポンド/円南アフリカ   ランド/円トルコ   リラ/円メキシコ    ペソ/円
トライオートFX19-3035923
 -367-60-19-48
FXネオ             (GMOクリック証券)18-1234801780
 -219-37-110-20-110
DMM FX 18-124189
 -219-44-11-12
SBI FXトレード17-124181610
 -217-46-11-36-13
外貨ex by GMO15-27439229
 -357-63-29-42-29
みんなのFX15-7459229
 -185-48-9-22-9


※2022年4月8日現在

スワップポイントに注目する時には、保有時に付与される「買いスワップが高いか」だけではなく、売り注文時に付与される「売りスワップ」の価格も確認してください。通貨を売る際にはスワップポイントがコストになるので、売りスワップが安いとコストが抑えられます。

自分だけのAIトレーダーを作成できる

トライオートFXではAIツール「マイメイト」を利用できます。
「マイメイト」とは自己学習を繰り返すトーレーディングAIである「エージェント」が、売買シグナルと発信するサービスです。

同様のサービスを提供しているFX口座も存在しますが、マイメイトが他社サービスと異なるポイントは「進化すること」です。

マイメイトが発する売買シグナルに対して褒めたり叱ったりすると、そのアクションに対してエージェントは成長していきます。
自分だけの唯一のエージェントとして育てていくことができるのです。

マイメイトを利用する際には、簡単な質問で自身に向いているエージェントをまず設定し、その後売買を繰り返して成長させていきます。

ポートフォリオ(自動売買アルゴリズムの組み合わせ)を作るために複数エージェントの利用も可能です。

マイメイトに採用されているAIはGoogleが開発した強化学習型のアルゴリズム(A3C)を応用しています。
これは囲碁の世界チャンピオンを下した非常に優秀なアルゴリズムです。

トライオートFXの自動売買システムを徹底解説

トライオートFXの最大の特徴である自動売買システムについて紹介します。

自動売買システムには好みのプログラムに売買を任せる「選択型」や自身で売買タイミングを設定する「プログラム型」などがあります。

「選択型」は初心者向け、「プログラム型」は中級者や上級者向けと言えますが、トライオートFXはいずれのシステムにも対応しています。

「選択型」の「自動売買セレクト」、「プログラム型」の「ビルダー機能」、それぞれ解説します。

なお、トライオートFXの自動売買システムはPC、スマホいずれからも操作が可能です。
スマホを利用すればいつでも、どこでも設定ができます。

自動売買セレクト

まずは初心者向けの「自動売買セレクト」を紹介します。

自動売買セレクトを開始する際に複雑な設定は必要ありません。
取引を開始するには、既に用意されているプログラムの中から好みのプログラムを選択し、数量を決定すれば完了します。

自動売買セレクトに用意されているプログラムは多種多様で実に90種類以上です。
しかも常に新しいプログラムが追加されランキング形式で紹介されています。

ランキングに関しては、例えば、「リターン重視なのか?」「低リスク重視なのか?」など様々な項目に分けられています。

自動売買セレクトは複数のロジックからも選択可能で、初心者でも希望に応じた売買スタイルを簡単に選択することができます。自動売買セレクトの代表的なプログラムを紹介します。

コアレンジャー

コアレンジャーは取引回数が多くなるレートの幅(コアレンジ)を設定し、コアレンジ内に両建てで売買と決済を繰り返すプログラムです。

コアレンジ内で両建てを行うことによってコツコツと利益を積み重ねます。

もし、レートが想定外に動いた場合、売買を行うものの取引の頻度を少なくします。

例えば、コアレンジよりレートが上がると売り注文しか行わず、下がると買い注文しか行いません。
その後レートがコアレンジに入ると決済します。

コアレンジャーはコアレンジ内では両建てを行うため、レートが上がっても下がっても利益を出せるのが強みです。

しかし、両建てのため他方で含み損を抱えてしまう状態になります。

ハーフ

ハーフは設定した価格の上下によって「買い」「売り」を使い分けるプログラムです。

設定ラインよりレートが上がれば買い注文を行い、下がってくると決済します。
逆に、設定ラインよりレートが下がれば売り注文を行いレートが上がれば決済します。

ハーフはコアレンジャーのように売買の両建てを行いません。
そのため含み損が出る可能性が低くなり証拠金を多く入金する必要がなく、投資額を低く抑えます。

ハイブリッド

ハイブリッドは複数の通貨ペアをコアレンジャーで運用するプログラムです。
複数の通貨ペアで運用すれば一つの通貨ペアで損失が出ても別の通貨ペアでカバーできます。

複数のコアレンジャーを複数運用すると利益が出る可能性は高くなります。しかしその分、それぞれに証拠金が必要になります。

ビルダー機能

ビルダー機能は中級者以上の投資家向けの機能です。
自動売買セレクト内に項目があるために、利用する際には自動売買セレクトから選択します。

ビルダー機能ではレンジ設定、エントリー額、利確幅や損切幅といった細かい設定、さらに複数のプログラムの組み合わせが可能です。

複数のプログラムを組み合わせたポートフォリオの構成もできます。

ビルダー機能には自動売買システムをひとつ作成できる「シングルカスタム」と複数を同時作成できる「マルチカスタム」があります。

一気に複数の方法で自動売買を行いたいのであれば「マルチカスタム」がおすすめです。

トライオートFXのデメリット

トライオートFXには多くのメリットがある反面、デメリットもあるため口座を開設する際には十分に検討する必要があります。トライオートFXの注意点を紹介します。

手数料がかかる

トライオートFXはFX取引にありがちな手数料は基本的に必要ありません。具体的には、口座開設手数料、口座維持手数料、マニュアル取引の売買手数料、出金手数料、両替手数料、即時入金手数料、などです。

しかし、自動売買を行うと手数料が必要です。1回の取引数量が増えると割安になるが取引手数料はコストになることは間違いありません。

取引通貨新規決済1,000通貨あたり
1万通貨未満2.0pips2.0pips片道20円(対外貨は0.2外貨)
1万通貨以上10万通貨未満1.0pips1.0pips片道20円(対外貨は0.2外貨)
10万通貨以上50万通貨未満0.5pipso.5pips片道5円(対外貨は0.05外貨)
50万通貨以上無料  


※マークアップ手数料(全通貨ペア一律・片道)

自動売買注文を行った場合、手動決済したときも手数料が必要です。

含み損を抱えやすい

トライオートFXでは自動売買システムの戦略上、自分の予想しなかった価格の動きでも売買を継続します。そのため、どうしても含み損を抱える状況が発生しまいます。

自動売買システムに任せたものの含み損が発生し、しかも売買を継続するのを見ているのは穏やかな気持ちでは居られないはずです。

最終的に価格の動きが反転すれば利益を確保できますが、我慢しきれずに決済すると損切りする、という状況も起こりえます。

FX取引の知識がつきにくい

自動売買システムを利用すると初心者でも上級者並みの取引を行えます。しかし、投資判断をせずにシステムに売買を任せるため、FXに関する知識がなかなか身につきにくい側面も持ちます。

テクニカル分析など、FXならではのテクニカルスキルを身に着けたい人には自動売買システムをおすすめできません。

デモトレードができない

FX口座を開設前に、デモトレードで自分に合う口座かどうかを試したい人は多いでしょう。しかしトライオートFXはデモ口座を設けていません。そのため、実際に口座を開設し、入金してからでないとFX取引はできないのです。

自動売買に慣れていない人やFXそのものの初心者には、トライオートFXでの口座開設にハードルが高く感じるかもしれません。

トライオートFXの基本情報

取引ルール

通貨ペア17種類
手数料口座開設手数料、口座維持手数料、マニュアル取引手数料 無料 自動売買取引の場合取引数量により手数料が発生(例;1万通貨まで新規/決済2.0pips 1,000通貨あたり片道20円)
レバレッジ25倍
注文方法・自動売買注文                                                   ・マニュアル注文                                                       (成行注文、指値注文、逆指値注文、OCO注文、 IF Done注文、IF Done OCO注文、一括決済、クイック決済)
入金方法クイック入金、振込入金
最小取引単位1,000通貨単位                                               ※南アフリカランド/円の最小取引単位は10,000通貨単位
必要証拠金評価レートの4%
ロスカットの条件有効比率(有効証拠金額÷必要証拠金額×100)が100%以下の場合
アラートメール①プレアラート 有効比率150%以下
②アラート 有効比率120%以下
電話サポート平日9:00~17:00
カバー取引先21社(ゴールドマン・サックス証券、シティバンク、ドイツ銀行、バークレイズ銀行、BNPパリパ、バンク・オブ・アメリカ など)

必要証拠金

トライオートFXで個人がFX取引を行う際、最低限必要な証拠金は、通貨レート×1,000(最低取引通貨数)の4%(レバレッジ25倍のため)となります。主要通貨ペアの必要最低証拠金は下記の表をご覧ください。

評価レート必要証拠金取引単位
米ドル/円¥125¥5,2001,000
ユーロ/円¥136¥5,600 
ポンド / 円¥163¥6,600 
豪ドル / 円¥93¥3,800 
NZドル / 円¥85¥3,600 
ユーロ/米ドル¥125¥5,200 
南アフリカランド / 円※¥8¥5,000 

2022年4月11日時点(小数点以下切捨)
※南アフリカランド / 円の最小取引単位は1万通貨から

上記はあくまでも必要最低限の証拠金です。自動売買の取引は含み損が発生する可能性が高いので資金には余裕を持って証拠金を入金したほうがよいでしょう。

キャンペーン

(参照:インヴァスト証券 )

トライオートFXは、新規会員はもちろんのこと、既存会員も対象としたキャンペーンを実施しています。
口座開設した後もキャンペーンのページを定期的な確認をおすすめします。

2022年4月時点で実施中のキャンペーンを紹介します。

新規会員向けキャンペーン

新規口座開設と取引条件をクリアすると最大50,000円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。(2022年3月1日~2022年6月30日)

キャッシュバックの条件は、新規口座を開設し翌月末までに一定金額以上を入金して新規の約定を行えば達成します。取引額に応じた金額のキャッシュバックを受けられます。

なお、最大の50,000円を獲得するには、

自動売買取引で500万円以上の入金で50万通貨以上の新規約定(30,000円のキャッシュバック)、
マニュアル取引で1,000万通貨以上の新規約定(20,000円のキャッシュバック)

が必要になります。

この他にも、「ポンド / 円」「ポンド / 米ドル」のマニュアル取引でキャッシュバック、といったキャンペーンも実施中です。※2022年3月1日~2022年8月31日まで

既存会員向けキャンペーン

トライオートFXでは、既に口座を開設している会員向けにも複数のキャンペーンを実施しています。2022年4月時点のキャンペーンは4種類です。

・トライオート「チャートメイク」リリース記念キャンペーン(2022年5月31日まで)
・トライオート「チャートメイク」リリース記念Twitterキャンペーン(2022年5月31日まで)
・トライオートFX「ポンド / 円」「ポンド / 米ドル」のマニュアル取引キャッシュバック金額無制限キャンペーン(2022年8月31日まで)

・FXトレードで積立資金がどんどんたまる!マネーハッチキャンペーン(2022年5月31日まで)

トライオートFXに関するQ&A

トライオートFXに関するよくある質問をまとめてみました。

トライオートFXについて勉強する方法はあるの?

トライオートFXにはデモトレードができません。トライオートFXを勉強したいという方は少額の投資で実際に取引を行うしか方法がありません。

トライオートFXの最小取引単位は1,000通貨でレバレッジは25倍です。もしドル / 円の通貨ペアで1ドル120円だった場合、5,000円から取引が可能です。

自動売買セレクトは複数利用できるの?

可能です。自動売買セレクトは複数の通貨ペアの運用が可能です。

ただしそれぞれ証拠金が必要なため、各自動売買に応じた資金を用意しなければいけません。

くりっく365との違いは?

インヴァスト証券でFX取引を行えるのは、トライオートFXとクリック365の2種類があります。同じFX取引でもこの2つの取引方法には大きな違いがあります。

まずはスプレッドやスワップポイントです。トライオートFXは「店頭FX」のため、インヴァスト証券が設定したスプレッドやスワップポイントで取引を行います。

一方、くりっく365は取引所を通じて行うFX取引です。東京証券取引所を通して取引を行うため、取引所が設定したスプレッドやスワップポイントで取引を行わなければいけません。

また、くりっく365は取引所の保証があるため透明性、安全性が高いものの手数料等のコストがかかる、といった違いもあります。

それぞれ一長一短があるため、自身の志向にあった取引方法を選択してください。

FP監修者

慶應義塾大学を卒業後、みずほ銀行(旧富士銀行)に入行。10年以上融資業務に携わリ、大企業向けファイナンスから不良債権処理まで幅広く経験。その後、ファイナンシャルプランナーの道を志し、外資系生保のコンサルティング、金融系ベンチャー企業の創業に参画。2009年に独立系のFP事務所FPバンクを設立し、現在に至る。

目次
閉じる