MENU

FXネオ(GMOクリック証券)の評判・口コミやメリットについて解説

FX取引でどのFX口座を利用するかを検討する際、候補の一つとして必ずGMOクリック証券が運営しているFXネオが入るのではないでしょうか。

FXネオはGMOクリック証券が提供しているFX口座です。口座数は72万件を越え、取引高では世界一を誇り、日本国内でも10年連続1位の取引高です(ファイナンス・マグネイト社調べ)。

実績と信頼のあるFX口座、FXネオの評判や特徴やメリット、デメリットなどを紹介します。

目次

FXネオの口コミや評判は?

FXネオを実際に利用している投資家はFXネオをどのように感じているのでしょうか?弊社が会員の方々から伺った評価を紹介します。

FXネオの評価ポイント

コストが安い
手数料の安さについては非常によかった点と感じております。スプレッドについては、良いということは知っていたのですが、ここまで割安だとは思っていませんでした。
(30代男性)

アプリが使いやすい
評判通りスマホアプリが使いやすかったです。 今までは操作ミスを敬遠して画面の小さいスマホでは注文はしなかったのですが、スマホ上でも直感的に操作できて便利でした。今まで注文はパソコン、動向はスマホで確認していたのですが、すべてアプリでできるようになりました。
(40代女性)

約定力が高い
安定した約定もロットを大きくしたときも注文がすべることなく約定できてチャンスを逃さず利益を狙う事ができて使いやすいです。
(30代男性)

FXネオのイマイチなポイント

投資にある程度の資金が必要
開設前から知っていたことではあるのですが、取引単位が、1万通貨単位からということです。1万通貨単位のためにかなり高額な金額での取引になるということが一つのネックです。
(30代男性)

出金がしづらい
サラリーマンの方がお小遣いの範囲内でFXにトライしてみようとされる方には不向きだと思います。
(50代男性)

FX取引を行う上である程度の資金は必要なものの、ユーザーからは、コストの安さ、アプリの使いやすさ、約定力の高さで高く評価されています。

FXネオをおすすめする理由

FXネオはFX投資家におすすめできるFX口座です。代表的なメリットとしては下記が挙げられます。

・スプレッドの幅が業界の中で狭い
・口座や取引に関する手数料が無料
・提供しているツールやアプリの評価が高い
・デモトレードを利用することができる

それぞれのメリットについて解説します。

業界最狭水準のスプレッド

FX取引を行う際のコストで大きなウエイトを占めるのがスプレッドです。FXネオは数多くのFX口座の中で最狭水準のスプレッドを設定しています。

スクロールできます
FX会社米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円米ドル/ユーロ
FXネオ※10.2銭0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭0.4pips
DMM FX0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭0.8銭0.4pips
外為オンライン0.9銭1.9銭3.4銭3.2銭3.6銭1.4pips
外為どっとコム0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭0.4pips
外貨 by GMO※20.2銭(4.0銭)0.5銭(6.0銭)1.0銭(10.0銭)0.7銭(6.0銭)1.2銭(8.0銭)0.4pips(4.0pips)
SBI FXトレード※30.09 銭(0.19銭)0.3銭(0.4銭)0.69銭(0.9銭)0.38銭(0.58銭)0.9銭(1.1銭)0.19pips(0.38pips) 
※1 100万通貨まで
※2 午前9時~午前3時まで。( ) 内は左記以外の時間帯
※3 1,000通貨まで。( )内は1,001~100万通貨まで

※1 100万通貨まで
※2 午前9時~午前3時まで。( ) 内は左記以外の時間帯
※3 1,000通貨まで。( )内は1,001~100万通貨まで

SBI FXトレードのスプレッドの幅は狭いと感じるかもしれません。しかし、1,001通貨~100万通貨単位のスプレッドはFXネオと遜色がない、とご理解いただけるでしょう。

取引手数料がかからない

FXネオではFX取引に関する手数料は必要ありません。具体的には、口座開設手数料、口座維持手数料、取引手数料、出金手数料、即時手数料などです。

コストをなるべく抑えてFX取引をしたい人には最適なFX口座です。

ただし、自動ロスカットの際と、強制決済手数料は必要です。ご注意ください。

取引ツールやアプリが充実している

FXネオは取引を円滑に行うために優れたツールやアプリが備わっており、高く評価されています。

取引ツールである「GMOクリックFX」「はっちゅう君FXプラス」はスムーズな取引を可能にします。また、「プラチナチャート」は上級者も納得できる高度な取引が行なえ、「FXツールバー」でいつでも相場の状況が把握できます。

それぞれのツールを解説します。

GMOクリックFX(スマホアプリ)の強み

①  4画面最大16チャートの保存が可能
→スマートフォンアプリながら複数のチャートの把握、テクニカルの確認が可能です。


(参考:GMOクリック証券公式サイト

②  チャート上の各種ラインから注文が行える「Actionボタン」が備わっている
→指値・逆指値のラインを元に、視覚的に複合注文を設定できます。


(参考:GMOクリック証券公式サイト

③ テクニカル分析の幅が広い
→テクニカルの表示が3パターンまで保存可能のため、チャート分析の幅が広がります。

GMOクリックFXはスマホアプリながらPC上と同様のスムーズな取引が可能です。リアルタイムに相場の状況を確認できる上に取引のチャンスを逃さず発注、決済を行えるのです。スマホアプリながらテクニカル分析機能も備わっているのも大きな魅力です。

「FXトレード日記」で日々の損益が常に確認ができ、Apple Watchでの状況把握も可能です。

はっちゅう君FXプラス(PCアプリ)の強み


(参考:GMOクリック証券公式サイト

①  1クリックで注文できる「スピード注文機能」を搭載
→新規・決済・ドテン・同一通貨ペアの全決済などを1クリックで即時に注文できます。


(参考:GMOクリック証券公式サイト

②  チャートからのスピード注文・変更が可能
→注文チャート上で表示されているライン上の操作で注文や変更ができます。

③ 自分の使いやすいように、見やすいように画面をカスタマイズできる
→為替レート、注文一覧、ポジション、証拠金維持率など使いやすいようにレイアウト変更できます。

はっちゅう君FXプラスはその名の通り発注に特化した取引ツールです。常に更新される為替レート、注文一覧、ポジション一覧、証拠金維持率など取引に必要な情報が一画面で確認できます。しかもカスタマイズ可能なので見やすいように変更できます。

上記の機能に加え、テクニカル指標を確認しながらチャートからの注文が可能といった機能も備わっています。

FXツールバー(PCツール)の強み


(参考:GMOクリック証券公式サイト

・様々な情報をリアルタイムでチェック可能
→為替レートや経済指標、金融ニュースなどのチェックが可能です。

FXツールバーは「Internet Explorer」上で利用できるツールです。他のWEBページを利用していても為替、指数、商品のレートをリアルタイムで確認できます。また、アラート機能も備わっているため、取引のチャンスを逃す可能性が低くなります。

プラチナチャート(PCブラウザ)の強み


(参考:GMOクリック証券公式サイト

①  FXネオとCFDのチャートを並べて表示可能
→FXの全通貨ペア、CFDの全銘柄から選択してチャートを並べて表示が可能です。豊富な金融商品を取り扱っているため、その組み合わせは2,000万通り以上です。

②  人気のあるテクニカル指標から多彩な分析ができる
→38種類のテクニカル指標が搭載されているため、様々な分析を可能にします。

プラチナチャートは上級者向けのツールです。FXの全通貨ペアだけではなく、CFD(株式や株式指数や債権の差金決済取引)の全銘柄からも銘柄のチャートを表示できます。そのため、あらゆる相場のチャートの比較ができるでしょう。

FXネオの強みであるスピード注文も可能です!

デモトレードができる


(参考:GMOクリック証券公式サイト

FXネオは1か月間デモトレードを行えます。興味があれば、まずは操作性を実感してから口座の開設をおすすめします。

デモトレードはスマホアプリであるGMOクリックFXやPCアプリであるはっちゅう君FXプラスも利用可能です。

キャンペーンが充実している


(参考:GMOクリック証券公式サイト

FXネオは新規会員獲得です。そのため、新規会員向けのキャンペーンを積極的に展開しています。例えば、口座開設と新規取引で最大30万円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています(2022年3月現在)。

キャッシュバックの条件は、口座を開設し、翌々月末の営業日のニューヨーククローズまでに新規の取引を行うことです。取引数量によって金額が変動し、50,000万通貨の取引では30万円がキャッシュバックされます。

新しいFX口座で特に取引をしたい人は利用しない手はないでしょう。

FXネオの基本情報

FXネオに関する様々な情報を紹介します。

取引に関する基本データ

通貨ペア数20
手数料口座開設手数料0円 口座維持手数料0円 取引手数料0円 出金手数料0円 即時手数料 0円
レバレッジ25倍
注文方法スピード注文 成行注文 指値注文 逆指値注文 OCO注文 IFD注文 IFD-OCO注文
入金方法即時入金サービス 振込入金
必要証拠金取引金額の4%(レバレッジ最大25倍) ※1ドル100円で1万通貨取引する場合40,000円
最小通貨単位1万通貨単位※南アフリカランド/円は10万通貨単位
ロスカットの条件証拠金維持率50%を割り込んだ時 ※証拠金維持率は、時価評価総額÷必要証拠金×100で算出
追加証拠金毎営業日(祝日除く)のNYクローズ時点において時価評価総額が取引金額の4%に相当する日本円額を下回った場合(証拠金維持率が100%を下回った場合)
ニュース配信サービス3社(日本証券新聞、Market win24、ダウ・ジョーンズ)

GMOクリック証券について

FXネオを運営しているGMOクリック証券は、2005年に設立された金融サービス企業です。

東証プライム市場上場のGMOインターネット株式会社のグループ企業のため信頼性、安全性は問題ありません。

GMOクリック証券はFXだけではなく幅広い金融商品を取り扱っています。

たとえば、株式取引、投資信託、先物・オプション取引、株式指数バイナリーオプション、CFD、債権などです。どの分野においても豊富な実績を持ちます。

GMOクリック証券は様々な投資の実績が豊富、つまり投資に関して豊富な情報を有している企業と言えます。
発信する情報は信頼性が高いため、情報を適切に分析すれば、利益を得る確率が高くなるでしょう。

FXネオのスワップポイント

FX口座を選択するポイントは、スプレッド、手数料、ツールの使いやすさに加えスワップポイントが挙げられます。

代表的な高スワップポイントの通貨ペアを比較します。

南アフリカランド/日本円トルコリラ/日本円メキシコペソ/円
FXネオ※1売り-100-23-110
買い702080
DMMFX売り-11-11
買い88
外為どっとコム売り-17-47-12
買い7227
外貨by GMO売り-27-42-22
買い7227
SBI FX トレード売り-10-39-12
買い7199

※2022年3月22日時点
※1万通貨単位
※1 南アランド/円の再小取引単位は10万通貨

スワップポイントは「買い」の時は高いほうがお得です。
しかし、「売り」で取引を行う場合はコストになることを忘れてはいけません。

口座開設の際には、「買いのスワップポイントが高価」だけではなく、「売りのスワップポイントが安価」なFX口座にも注目してください!

FXネオで証拠金はいくら必要?

FXネオのレバレッジは25倍で、最小取引通貨単位は1万です。代表的な通貨ペアの再商取引通貨単位における証拠金を紹介します。

通貨ペア1通貨価格(円)最小取引額(円)最低必要証拠金(円)
米ドル/円1201,200,00048,000
ユーロ/円1331,330,00053,200
ポンド/円1591,590,00063,600
豪ドル/円90900,00036,000
NZドル/円84840,00033,600

※2022年3月23日時点 小数点以下切捨て

紹介した金額はあくまでも「最低の」証拠金です。高いレバレッジでFX取引を行うと小さな値動きで利益が出る反面損失を被る可能性も生まれます。

FX取引の証拠金は余裕を持って入金しましょう!

信託保全とカバー取引先

GMOクリック証券はリスクヘッジも万全です。万が一破綻したとしても万全を期しています。

信託保全

信託保全とは、利用者の資産と金融サービスの資産を信託銀行に信託・管理することです。
万が一GMOクリック証券が破綻しても利用者の資産は変換されます。

FXネオを運営しているGMOクリック証券では、三井住友銀行、三井住友信託銀行、みずほ信託銀行で信託保全を行っています。

カバー取引先

カバー取引とは、FX会社が顧客の行った注文と同様の注文を銀行などの金融機関に行う取引です。

この取引を引き受ける金融機関を「カバー取引先」です。
カバー取引はFX会社が相場変動のリスクヘッジのために行われます。

カバー取引先の数が多ければ、また、信頼できる金融機関であれば安心できるFX会社と言えます。
リスクが分散できるからです。

FXネオのカバー取引先は19社です。

バークレイズ銀行、ドイツ銀行、UPS、三井住友銀行、ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー証券、香港上海銀行、JPモルガン、バンク・オブ・アメリカ、コメルツ銀行、シティバンク銀行、BNPパリバ、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ノムラインターナショナル、ソシエテ銀行、オーストラリアニュージーランド銀行、ナットウエストマーケッツPLC、XTXマーケッツリミテッド

いずれも世界に名だたる金融機関のため安心です。

FXネオのデメリット

FXネオはFX初心者から上級者までおすすめできるFX口座です。

コストが低く抑えられ、ツールは使いやすい上に高度な分析や様々な投資を行うことが可能だからです。

しかし、FXネオで取引を行うにあたって、注意しなければいけないこともあります。
FXネオのデメリットを紹介します。

最小取引単位は原則1万通貨

FXネオの最小取引単位は1万通貨で、取引単位も1万通貨ずつとなります(南アフリカランド/円とメキシコペソ/円は10万通貨)。

最小取引単位が1,000通貨や100通貨のFX口座と比較すると、多くの資金が必要になります。

米ドル/円の通貨ペアで1ドルが100円の場合、FXネオでは100万円からでないと取引ができません。

レバレッジを25倍かけたとしても最低4万円が必要となります。

最小取引単位が1,000通貨のFX口座であれば、数千円単位からの取引が可能です。

自動ロスカットに手数料がかかる

FXネオでは口座開設や口座維持費、取引に関する手数料は必要ありません。

しかし、自動ロスカット時には1万通貨ごとに500円の手数料がかかります(南米ランド/円、メキシコペソ/円は10万単位)。

ちなみに、時価評価総額が取引金額の2%に相当する日本円額を下回った場合、つまり証拠金維持率が50%を下回ると強制的にロスカットされます。

証拠金維持率が50%を下回る程のレートの暴落(もしくは暴騰)が起こる可能性は稀かもしれません。
しかし、通貨ペアやポジションの数によっては十分可能性があります。

自動ロスカットは損切りする上に手数料を支払わなければいけないため十分注意してください。
ただし、手動ロスカット時には手数料は必要ありません。

マイナーな通貨ペアが少ない

FXネオの通貨ペアは20です。
メジャーな通貨は網羅しているものの、バラエティに富んでいるというわけではありません。

ちなみに、通貨ペアの数が多いFX口座がもっとも多いのはヒロセ通商の50です。

次いで外為どっとコムは30、みんなのFXは29、外為オンラインと楽天証券は26、セントラル証券は25です。

値動きの激しいマイナー通貨でFX取引をしたい人にはFXネオの通貨ペア数は物足りない数字かもしれません。

FXネオに関するQ&A

FXネオに関するよくある質問に回答します。

口座開設のための条件は?

FXネオの口座を開設するには、下記の条件にいずれも当てはまる人となります。

・20歳以上80歳未満の方
・日本に在住の方
・金融取引商品や証券会社の社員でない方
・100万円以上の金融資産を持っている方

レバレッジは変更可能?

FXネオのレバレッジは25倍で変更ができません。レバレッジを自身で変更したい人は、取引通貨単位で調整する必要があります。

例えば、1ドル100円時に1万ドルのFX取引を行う場合、必要な証拠金は4万円です。

しかし100万円入金して1万ドルの取引をするとレバレッジは1倍となり、10万円入金するとレバレッジは10倍となります。
取引通貨単位と入金額次第ではレバレッジを変更できるのです。

申し込んで最短何日で取引可能?

最短当日から取引が可能です。

ただし条件があり、PCでWEBページから申し込み、スマホで本人確認書類を読み取って提出しなければいけません(「スピード本人確認」)。

スピード本人確認を利用しても土日祝日や審査状況次第では当日に取引ができない可能性があります。

スキャルピングは可能?

FXネオはスキャルピングのトレードが可能です。

ただし、「手動での取引」が条件です。

FXネオでは自動売買ツールの使用を禁止しているため、ツールを利用してのスキャルピングはできません。

くりっく365との違いは?

GMOクリック証券のFX取引はFXネオとくりっく365で行えます。
この違いは、FXネオが取引所を通さない「店頭取引」であり、くりっく365がFXを取り扱う「取引所」であることです。

FXネオとくりっく365でのFX取引を比較するとそれぞれ利点があります。
まず、FXネオはスプレッドが狭いことが大きな利点です。FX取引にコストをかけたくない人におすすめです。

一方でくりっく365の強みは高い信頼性です。公的な取引所が取引を保証しているため安心して取引ができます。

通貨ペアの数も異なります。FXネオの通貨ペア数は20ですがくりっく365は30です。

FP監修者

慶應義塾大学を卒業後、みずほ銀行(旧富士銀行)に入行。10年以上融資業務に携わリ、大企業向けファイナンスから不良債権処理まで幅広く経験。その後、ファイナンシャルプランナーの道を志し、外資系生保のコンサルティング、金融系ベンチャー企業の創業に参画。2009年に独立系のFP事務所FPバンクを設立し、現在に至る。

目次
閉じる