MENU

FXの自動売買とは?メリットやデメリット、おすすめのツールも紹介

FXの自動売買ツールに関心を持っている人は多いでしょう。

自身でFXの売買の発注や決済を行わなわずに利益を出すことができれば、こんなに楽で便利なことはありません。
しかも、自動売買ツールに取引を任せれば、24時間相場を注視する必要もなくなります。

しかし、大切な資産を自動売買ツールに任せてよいものなのか?と不安に感じている方もいるでしょう。

自動売買のツールがどのような仕組みやルールで取引をするのかを知りたい方も多いのではないでしょうか?

このページではFXの自動売買の基礎知識やメリットやデメリット、おすすめのFX会社の自動売買ツールも紹介します。

目次

FX自動売買の基礎知識

FXの自動売買とはそもそもどのように取引を行うものなのか、基本的な情報と内容について紹介します。

FXの自動売買とは

FXの自動売買とは、システムを搭載しているツールが一定のルールに基づき自動的に為替取引を行うサービスです。

システムが為替取引(トレード)を自動で行うため、「システムトレード」とも呼ばれています。

自動売買で設定するルールとは、

・一定の条件(時間や価格など)に達した時に買う、もしくは売る
・一定の条件に達した時に利益を確定する、もしくは損切りをする

といった注文や決済に関する決めごとを指します。

FXの自動売買を利用している投資家は多く、その割合はFX利用者の半数以上とも言われています。

自動売買の認知度や信頼度はとても高く、FX取引ツールの常識になっています。

なお、自らの意思で取引を行う手法は「裁量取引」と呼びます。

FX自動売買ツールの種類

FXの自動販売ツールには、大きく「開発型」「選択型」の2種類に分けられます。
それぞれ特徴があり利用者によって向き不向きもあります。

自動売買ツールを選ぶ際には、そのツールがどのタイプなのかをチェックする必要があります。

開発型ツール

開発型ツールとは、プログラミング言語を使って自動売買のルールを設定し取引を行うツールです。
自らプログラムを開発する、もしくはプログラムを購入して設定をする必要があります。

開発型ツールは自分自身で設定を行うため、取引ルールを柔軟に変更することが可能です。
ただ、複雑な設定が必要なため、初心者向きのツールではありません。

開発型ツールで世界的にもっとも有名なものは「MT4(メタトレーダー4)」というツールです。

このツールには分析ツールやチャートが豊富に搭載されており、高度で柔軟な設定が可能です。
ただし設定には売買プログラムを自ら開発するか、購入しなければいけません。

選択型ツール

選択型ツールは、もともと自動売買プログラムが組み込まれているツールです。
FX会社が提供している自動売買ツールは選択型のツールです。

選択型ツールの多くは、複数のプログラムが搭載され、利用者はその中から希望するプログラムを選択して自動販売を行います。
初心者でもスムーズに自動売買ツールを利用することができるでしょう。

選択型ツールは利用する際に高度な知識はいらないものの、プログラムのロジックを利用者は変更できません。
また、変更ができないため細かな相場の変化に対応ができない、という難点もあります。

FX自動売買プログラムの種類

FX自動売買ツールに組み込まれているプログラムにもいくつかの種類があり、それぞれ強みや特徴があります。
代表的なプログラムを紹介します。

リピート型

リピート型のプログラムは、その名の通り繰り返し売買を行うプログラムです。

例えば、もし米ドル/円のペアで、「1ドル110円10銭になったら買い、110円60銭になったら売る」と設定したとします。
そうすると相場がその価格に達すると細かく売買を繰り返す、というロジックを持つプログラムがリピート型です。

自動売買ツールの中でもっとも人気があるのはこのリピート型プログラムです。
リピート型の人気が高いのは、短期間での大きな利益は出すことは難しいものの、安定した成績を残せる可能性が高いからです。

FXの相場は、大抵は一定の変動幅の間で価格が上下しています(このことを「レンジ相場」と呼びます)。

細かい取引を繰り返すリピート型プログラムは、レンジ相場であれば利益をコツコツと重ねていくことができます。

トレーダー型

トレーダー型は、実際に成果を出しているトレーダーの取引方法を参考に、プログラムに落とし込んで自動売買を行います。

初心者でありながら高度な知識や豊富な経験を持つ上級者のような取引を可能にします。

しかし、いくら成績の良いトレーダーでも、負けることもあることを忘れてはいけません。

プログラム型

売買のロジックをプログラム化させたもので、ロジックは自分で設定が可能です。

例えば「2つのラインがクロスしたときに買う」「毎日特定の時間に米ドルを買う」といった設定が可能です。
また、注文は自動で行い、決済は裁量で行う、といった設定も可能です。

プログラム型は自身で好きなように戦略や売買ロジックを設定ができ自由度が高い強みがあります。

しかし、テクニカル分析に精通していなければ効果的なロジックを設定することはできません。
初心者が使いこなすのは難しいでしょう。

※イラスト①

FX自動売買の用語集

FXで自動売買を行う上で必要な専門用語を紹介します。

自動売買アルゴリズム(ロジック)

自動売買の取引のルールを指します。FXの会社によって呼び名は異なり、「自動売買ロジック」と呼ばれることもあります。

自動売買プログラム(システム)

アルゴリズムやロジックに基づき自動売買を行うシステムを指します。「自動売買システム」とも呼ばれます。

なお、前述したプログラム型の自動売買ツールであるMT4では、自動売買プログラムのことを「EA(エキスパート・アドバイザー)」と呼びます。

勝率

勝率=利益が出た回数÷取引の回数

取引のうち利益の出た回数の割合です。

自動売買を行う上で、勝率は注目すべきポイントのひとつです。

しかし、スイングトレードのように中長期でポジションを保有する場合、勝率は分析の判断材料にはなりません。
取引回数が少なくなるので分析の材料にならないからです。

収益率(プロフィット・ファクター (PF))

プロフィット・ファクター(PF)=総利益÷総損失

期間内の総利益と総損失の割合のことで、収支の確認を行うための数値です。
数値が大きいとプラス収支となります。

PFは総利益と総損失の割合のため、利益と損失が同じ金額だと数値は1.0になります。
というわけでPFが1.0を超えるとプラス収支に、1.0を下回ればマイナス収支になります。

ドローダウン(DD)

所有している資産の下落幅のことです。
なお、一番大きい下落幅を「最大ドローダウン(DD)」と呼びます。

この最大DDは自動売買を行う際には意識しなければいけない数値のひとつです。

最大ドローダウンは、「資産の最大利益と最大損失の差」のことです。
最大DDを参考にすれば最大の損失額が想定できるので、投資に必要な資金を決定するための参考になります。

※イラスト②

期間中の取引回数です。

取引回数を把握し、さらに一定数以上の取引がないと投資や運用の成績を判断することができません。
いくら勝率やPFが高くても取引回数が少ないと意味がないからです。

平均保有期間

ポジションを保有している期間です。

利益が出たポジションと損失が出たポジション、それぞれの保有している期間を検討すれば利益が出る(損失が出る)傾向が読みやすくなります。

平均損益費(ペイオフレシオ)

期間中の平均利益と平均損失の割合です。

ペイオフレシオで1回の取引での利益と損失の期待値が想定でき、数値が高いと収支が高くなります。

ただし、ペイオフレシオと勝率は必ずしも連携しません。
ペイオフレシオが高いと勝率が下がり、ペイオフレシオが低いと勝率が高くなります。

自動売買ツールを選ぶ際には、ペイオフレシオと勝率、片方だけではなくいずれの数値にも注目してください。

おすすめのFX自動売買の口座

FX会社自動売買ツール名ツールの種類自動売買の手数料スプレッド(米ドル/円)最小通貨取引単位通貨ペア数
インヴァスト証券トライオートFXリピート型1万通貨未満40円
1万~10万通貨まで20円
0.3銭1,00017
みんなのFXみんなのシストレトレーダー型無料0.2銭1,00027
外為オンラインiサイクル取引2リピート型miniコース40円(1000通貨単位)
通常コース400円(1万通貨単位)
0.2銭1,00026

トライオートFX | 初心者から上級者まで納得できる自動売買システム

トライオートFXは、JASDAQ上場しているインヴァスト株式会社のグループ企業、インヴァスト証券が提供しているFX口座です。

業界最狭水準のスプレッドで、最小取引単位が1,000通貨単位なので、コストを抑えてFXを始めたいという人におすすめです。

トライオートFXの自動売買ツール投資家から高く評価されています。 投資初心者から上級者まで幅広いレベルの投資家に対応する機能を備えているからです。

自動売買ツール「トライオートFX」のメリット

① 簡単な設定で高い効果が期待できる自動売買を始められる

トライオートFX の自動売買ツールを利用するには複雑な設定は必要ありません。

取引を開始するには、設定済みのプログラムの中から好みのプログラムを選択し、数量を決定すれば完了します。

設定済みのプログラムは90種類以上で常に新しいプログラムが追加されています。

プログラムはリターン重視なのかそれとも低リスク重視なのかといった様々な項目のランキング形式でまとめられています。また、複数のロジックからも選択可能です。

初心者でも自身の希望に応じた売買スタイルを簡単に選択することができます。

②カスタマイズ性が高くオリジナルのプログラムが設定できる

トライオートFXの自動売買は初心者だけではなく上級者にも利用されています。
トライオートFXには自動売買プログラムを作成できる「ビルダー機能」を備えているからです。

ビルダー機能を使うとレンジ設定やエントリー額、利確幅や損切幅といった細かい設定が可能です。

さらに複数のプログラムを組み合わせられます。
自分独自のプログラムで自動売買取引を行えます。

② 自分だけのAIを育てて取引を行うことができる

インヴァスト証券は「マイメイト」というAIを活用したサービスを提供しています。

マイメイトは、会員に応じたAIのエージェントが売買シグナルを出し、自動売買に応用させる、といった機能を持ちます。

マイメイトのAIエージェントは通貨ペアやテクニカルな指標、トレンドなどを機械学習します。
学習方針を決定すれば自分だけのAIとして成長します。FX投資を有利に進めるための大きな存在になるはずです。

なお、マイメイトのAIはGoogleのアルファ碁で有名になった「強化学習型のアルゴリズム」を採用しています。

トライオートFXの注意点

自動売買で評価の高いトライオートFXですが、デモトレード機能がありません。

そのため、実際に取引を行わないと自動売買の感覚を理解することができないのです。

FX初心者の人は他社の自動売買ツールのデモトレードを利用して、自動売買を体感してから口座開設したほうがよいでしょう。

みんなのFX

みんなのFXはトレイダーズ証券株式会社が運営しているFX口座です。

親会社のトレイダーズホールディングス株式会社はJASDAQ上場企業で、信頼度、安定度共に高いFX口座といえます。

狭いスプレッドのため投資のコストがかからず、高水準のスワップポイントを設定しているので効果的な運用も期待できます、

みんなのFXは、自動売買ツールである「みんなのシストレ」や、通貨ペアのレートを予測し予測通りになればペイアウトを受け取れるバイナリーオプション「みんなのオプション」などのサービスを提供しています。

自動売買ツール「みんなのシストレ」のメリット

①優秀なトレーダーの取引を選んで取引を任せられる

みんなのシストレでは優秀なトレーダーを選択し、そのトレーダーと同じ取引を行うことができます。

みんなのシストレではすべてのトレーダーが取引回数、合計損益、収益率といった複数の項目を元にランキングされています。

誰がいちばん利益を出しているかが一目瞭然な上、利用者はそのランキングを元に自分の好みのトレーダーを選べます。
優秀なトレーダーと同様の取引を行えば利益をあげる可能性は高くなります。

②AIの売買判断を知ることができる

みんなのシストレでは、FX業界初のテキストマイニングAIを利用することができます。
テキストマイニングAIとは、AIが為替ニュースを基にして発する売買シグナルです。

このツールは、機械学習によってドル/円相場やユーロ/ドル相場の為替相場動向を予想します。

みんなのシストレでテキストマイニングAIを選択すれば、為替ニュースにもとづいた取引が24時間可能になります。

③初心者でも安心の体制が整っている

みんなのシストレは初心者にも安心できる機能が整っています。
まずはアプリの操作性が優れていることです。

スマホアプリは価格が大きな文字で表示されているので見やすく、チャートを見ながらの取引が可能です。

少額の資金(1,000通貨単位)で取引可能、電話のサポート、初心者向けセミナーの実施、といったことも初心者には魅力です。

みんなのシストレの注意点

みんなのシストレでは、効果的に取引を行うために定期的に成績を確認する必要があります。
選択したトレーダーが好成績を継続し続けるとは限らないからです。

変動する相場に対応するためにも戦略を確認しなければいけません。

外為オンライン

外為オンラインは、株式会社外為オンラインが2003年からサービスを開始したFX口座です。

会員に対して豊富なコンテンツやセミナーなどの情報提供を行っていることが大きな特徴です。特にセミナーは初心者から上級者まで幅広いレベルの投資家に対してそれぞれが納得いく内容を実施しています。

外為オンラインが提供している自動売買ツールは「iサイクル2取引」というリピート型のプログラムです。

これは、通貨ペアと想定変動額とポジションの方向性(売りか買いか)を決定すればその変動額内で売買を繰り返します。コツコツと利益を積み重ねていくことができるツールです。

自動売買ツール「iサイクル2取引™ (サイクル2取引™ )」のメリット

①変動幅が外れても相場に追従して売買を行う

iサイクル2は、もし「買い」を選択した場合、設定された変動額の中で買い、利益が出れば売り、と繰り返します。

もし買った後に価格が下がった場合、更に買ってポジションを増やし利益が出れば決済します。

しかし、時には相場が設定した価格の変動幅を超えて 上昇する可能性もあります。
そのような場合、iサイクル2は自動的に相場を追いかけて自動売買を行うため、利益を取り損なう、というリスクを避けられます。

②トレンド機能が売買を判断する

iサイクル2では相場が上昇トレンドか下降トレンドかを予測し、ポジションを買いもしくは売りで設定します。

しかし取引を行ううちに予想とは逆のトレンドになる可能性は十分ありえます。
しかしiサイクル2の「トレンド機能」を使えば、トレンドの転換期にシステムが買い(もしくは売り)を反転して売買を継続します。

③デモトレードができる

iサイクル2はデモトレード機能が備わっています。

自動売買ツールを使ってみたい、しかし実際に資金を投入することに躊躇している初心者は多いでしょう。
そのような人にはまずデモトレードで体感してから利用するかどうか判断ができます。

iサイクル2取引の注意点

iサイクル2を利用すると新規取引並びに決済を行うごとに手数料が必要となります。

なお、料金はminiコース(1,000通貨単位)で20円、通常コース(10,000通貨単位)では200円です。FX取引でコストを重視している人は注意しなければいけません。

FX自動売買のメリットとデメリット

FX自動売買が裁量取引より優れている点、逆に注意すべき点について解説します。

メリット

まずはFX自動売買のメリットを紹介します。

24時間取引をしてくれる

自動売買は休むことなく取引を行うことがまず挙げられるメリットです。

FXには物理的な取引所がなく24時間値が動いています。日本の株式市場のように9時から15時だけ相場が動く、というわけではありません。

本業を持っている人や日常生活が多忙な主婦でも自動売買ツールがあれば本業や日常生活に影響を与えることがありません。寝ている時も安心です。

感情に左右されない

感情に左右されず、設定したルールで機械的に取引を行うことも自動売買のメリットです。

投資には「利大損小」という格言があります。利益は大きく、損失は小さくしなければいけません。
しかし、人間は利益が出るとできる限り確定し、損失が出ると回復するまで待ちたくなる生き物です。

特に損切りの判断は難しく、判断が遅れることによって大きな損害が出てしまう、という投資家(特に初心者)は数多くいます。

自動売買ツールを利用すれば損失が出た場合でも傷が浅くすむでしょう。

初心者でも上級者なみの取引ができる

FXで利益を出すためにはマーケットのみならずチャートの動きのテクニカルな分析が必要になります。
投資の初心者が相場の流れを読むには、また、分析の知識を得るまでには時間がかかってしまいます。

しかし、いくら初心者でも自動売買を利用すると、大まかなトレンドを読む必要はあるものの、すぐに多くのパターンの売買をシステムに任せることができます。

さらに、トレーダー型プログラムのツールであれば実績を出している投資家の動きと同様の取引を可能にします。

デメリット

FX自動売買には裁量取引にはないデメリットもあります。

利用するので あればデメリットを把握しなければいけません。注意すべきポイントを解説します。

設定したアルゴリズムは永遠に通用しない

いくら優秀な自動売買システムでも未来永劫好成績を上げ続けることはできません。
時間が経つと利用するユーザーが増えてしまうからです。

同じ自動売買システムを多くのユーザーが使うことになれば、多くの投資家が同様の取引を行うことになります。
そうすると市場に影響を与えてしまい成果が出にくくなってしまいます。

そのような事態を避けるために、トライオートFXのように自動売買アルゴリズムの上限を定めている自動売買ツールもあります。

自動売買システムは万能ではない

FX会社の多くは、自社の自動売買ツールで利益を出している会員が多い、とWEBサイトで謳っています。
しかし自動売買システムもそれぞれ特徴があり、全ての状況に対応できるものはありません。

例えば、上昇相場に強いシステムもあれば逆に下降相場に強いシステムもあります。
また、レンジ相場に強いといったシステムもあります。そのシステムが持つ強みを発揮しない相場状況だと損失が出る可能性があります。

自動売買ツールで損失を出さないためには、強みを発揮する相場で利用する、システムを分散するといったリスクヘッジが必要です。

設定が初心者には難しいシステムがある

自動売買システムによっては初心者では設定が難しい、というものがあります。
高度なプログラムを搭載しているシステムはFXのテクニカル分析を把握しないと設定ができません。

プログラム型ツールにチャレンジしようとしたものの、設定段階で断念した、という人も数多くいるようです。

イレギュラーな相場に対応できない

相場が予想しなかった状況になると自動売買のシステムが相場の動きに対応できなくなります。

プログラムはレートの値動きに対して機械的に売買を行います。
リーマンショックのように、想定が難しい事態になると自動売買プログラムは対応ができません。アナログな判断ができないからです。

現在のロシアのウクライナ侵攻のような世界に大きく影響する事態が起きると、自動売買で利益を出すことが難しくなります。

FX自動売買ツールの選び方

納得のいく効果をあげるためにはどの自動売買ツールを選べばよいのでしょうか?勝率をはじめとした実績以外で注目すべきポイントを紹介します。

コストの安さ

FX自動売買ツールを選択する際には、コストとなるスプレッやツールの利用料金を必ずチェックしましょう。

お金を増やすために投資や資金を運用するので投資コストはできる限り抑えたいものです。しかもFX投資は細かな値動きで収支に大きな影響を与えます。

使いやすいツールを選ぶ

自動売買ツールには大切な資産の運用や投資を任せることになります。
信頼して取引を任せるために、自動売買ツールは使いやすいツールを選びましょう。勝率の高さだけで判断しないでください。

例えば相場の知識や経験のない初心者には、スムーズに取引を開始するために容易に設定ができるツールがおすすめです。逆に相場の知識がある人は細かな動きに対応が可能な設定ができるツールが適しています。

ツールの特徴で選ぶ

自動売買ツールにはそれぞれ強みや特徴があることを紹介しました。自分の投資スタイルに合致した自動売買ツールかどうかはしっかり確認してください。

レンジ相場でこつこつ利益を上げたい人はリピート型のツールを、高い実績の投資家と同様の動きをしたい人はトレーダー型のツール を選びましょう。

FX自動売買の詐欺と対処法

FXの自動販売ツールを利用する上で忘れてはいけないのは、詐欺被害に合う可能性があることです。

FXが認知されてから時間が経過しているため悪質なツール提供者は減りました。しかしまだまだ詐欺のチャンスを狙っている悪意のある人間は多く存在します。

騙されて大切な資金を失ってしまった、という事態にならないようにしなければいけません。

FX自動売買の詐欺の手口

まずはFX自動売買を利用した詐欺行為の手口の一部を紹介します。

実績・効果のない自動売買ツールを売りつける

全く役に立たない自動売買ツールを販売している詐欺行為の被害は未だにあります。

「確実に利益が出る」「何もせずに毎月10%の利回りを保証」などと魅力的な謳い文句のツールが販売されていれば関心を持つ人は多いはずです。たとえそれが高価なツールでも、です。

多少高額でも確実に利益が出れば・・と購入したものの、全く効果がでないいい加減な作りのツールだった、という話は数多く報告されています。

巧みに口座開設させ入金させる

「口座開設の手数料や維持費は必要ない、まずは口座を開設してほしい」と口座を開設させ、入金した証拠金をだまし取る、という詐欺の手口があります。

このような詐欺行為は、FXに関心があるものの多忙でなかなか実行に移せない、というような人をターゲットとしています。

出金や返金に応じない

入金した資金の出金に応じない、という悪質な業者も存在します。

このような業者は、出金をするために無茶な条件(非現実的な巨額な取引など)を要求し、条件を満たさないと出金に応じません。たとえその条件をクリアしたとしてもさらに困難な条件を提示してくるでしょう。

利益が出ても巧みな言葉で出金を拒否する、解約を拒否し返金を拒む、預けた証拠金を返さない、という悪質業者も存在します。

FX自動売買の詐欺の見分け方

利用を考えているFX自動売買ツールが悪質業者のものかどうか、判断するためのポイントを紹介します。

美味しい話を信じない

投資に「絶対」はありません。にも関わらず確実に利益が出る、元本保証するなど美味しい話を宣伝するFX業者は悪質業者である、とお考えください。

悪質業者の勧誘は広告だけではありません。SNSのダイレクトメッセージなどで「あなただけに確実な投資方法を教えます!」と勧誘することもあります。うまい話には裏がある、ということを忘れないようにしましょう。

高額なツールは購入しない

10万円以上する高額な自動売買ツールは、どんなに魅力的なアピールをしていたとしても信用しないでください。

高額なツールが存在するのは事実です。しかしそのツールを使いこなせるのはFXに高い知識と経験を持つ一部の人向けです。高額なツールを積極的に初心者に勧めるような業者は悪質である可能性が高いです。

現在、一般的には高額と言われているツールでも価格は数万円以内です。10万円を超えるようなツールを取り扱っている企業は信頼性を疑ってかかりましょう。

海外のFX自動販売ツールを販売している企業は利用しない

FX取引を行うのであれば国内のFX口座を利用することをおすすめします。海外のFX会社の出金トラブルは多い上に日本の法律は対応できないからです。

海外の悪徳業者の被害にあっても泣き寝入りするしかありません。

FX自動売買の詐欺にあったときは?

もしFX自動売買の詐欺にあった、もしくは怪しいと感じた時は、一人で悩まず下記の相談窓口に相談してください。

・警察
・弁護士
・国民
・消費生活センター
・消費者ホットライン

FX自動売買のQ&A

FX自動売買に関する素朴な疑問を集めてみました。

FX自動売買で儲かるコツは?

FXの自動販売ツールで100%勝てるものはありません。しかし、勝率を上げるためのコツは存在します。

メジャー通貨で取引を行う

FXの自動売買の通貨ペアは流通量の多い通貨を選択したほうがよいでしょう。

流通量が多い通貨は値動きが安定しています。価格の大きな変化がない分安定的に成果を出せる可能性が高くなるからです。イレギュラーな値動きも起きにくい、という側面もあります。

ただし、短期間で大きな利益は期待できません。

少額での資金で行わない

FXの自動売買を行う際には少額の資金で行わないことをおすすめします。

資金が少額だと証拠金に余裕がなくなるからです。FXの自動売買は相場の動き次第で機械的にポジションを増やしますし、ロスカットを行います。状況によってはどんどん証拠金が減っていき、投資を継続できなくなります。

無料のFX自動売買ツールはある?

FX会社が提供している自動売買ツールのほとんどは無料で利用できます。また、自動売買プログラムを無料で提供している、という人やサイトも存在します。

ただし、個人が提供しているプログラムが高い性能を持っているかどうかは客観的に判断することは難しいため、利用するかは十分に検討してください。

さらに、このような安全性が保証できないプログラムを自分のPCにインストールしてしまうことにもなります。自己責任で判断してください。

FX自動販売ができるスマホアプリはある?

FX会社が提供している自動売買ツールの多くは、スマホアプリに対応しています。ただし、プログラム型の自動販売ツールは基本的にスマホに対応していません。

FP監修者

慶應義塾大学を卒業後、みずほ銀行(旧富士銀行)に入行。10年以上融資業務に携わリ、大企業向けファイナンスから不良債権処理まで幅広く経験。その後、ファイナンシャルプランナーの道を志し、外資系生保のコンサルティング、金融系ベンチャー企業の創業に参画。2009年に独立系のFP事務所FPバンクを設立し、現在に至る。

目次
閉じる