MENU

【2022年】イーサリアム(ETH)の今後の値動きはどうなる?値上がりに関するポイントや専門家の見解を解説

ビットコインに次ぐ時価総額2位の位置にあり、ビットコイン以上の需要があるとされている「イーサリアム(ETH)」

2021年には過去最高額の1ETH=54万円にまで上昇しましたが、その後はウクライナ問題などのあおりを受ける形で1ETH=27万円台まで急落しました。

2022年4月現在は非常に値動きが激しい状態ですが、イーサリアムは今後に期待が持てる情報で溢れているのも事実です。

今回は2021年までのイーサリアムの値動きをおさらいしつつ、2022年以降にイーサリアムがどうなるかについて解説します。

目次

イーサリアム(ETH)は時価総額2位の暗号資産

「イーサリアム(ETH)」は、ビットコインに次ぐ時価総額2位の位置につける仮想通貨です。
ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)のなかでも王道の通貨の1つで、個人投資家にも人気があります。

イーサリアム」とはイーサリアム・プロジェクトというブロックチェーン・プラットフォームの名称です。

プラットフォームは直訳すると「基盤」のことで、簡単に言えば「分散型アプリケーション(DApps)」というアプリを作るシステムのことです。

このイーサリアム・プロジェクトで使われる仮想通貨を「イーサ(英: Ether、単位: ETH)」といいます。

日本ではプラットホームを表すイーサリアムと通貨を表すイーサを、まとめて「イーサリアム」と表現されています。

自動契約技術のスマートコントラクトが特徴

ビットコインは決済用通貨として開発が進められた経緯がありますが、イーサリアムはスマートコントラクトという自動契約技術を使って分散型アプリケーションを開発するために発案されました。

スマートコントラクトはブロックチェーン上にプログラムを書き込むことで、設定した要件を自動的に実行することができる仕組みのことです。あらかじめ決めた内容が自動的に実行されることで業務効率が格段に上がります。

仮想通貨の送金だけではなく不動産取引や商品取引にも利用できる汎用性の高さによって、新しいビジネスの構築に期待が持たれています。

以下に。イーサリアムの基本情報をまとめました。

通貨名イーサリアム(イーサ)
通貨の略称ETH
発行上限なし(2022年4月現在)
発行開始日2015年7月30日
開発用途汎用なアプリケーション開発
発案者ヴィタリック・ブテリン氏

イーサリアムの特徴・メリット

イーサリアムはビットコインともリップルとも違うメリットを持つ、プラットフォームとして人気があります。

ここではイーサリアムの特徴・メリットについて紹介しましょう。

・スマートコントラクト(自動契約技術)が導入されている
・NFTやDefiといった最新分野で注目が集まる
・分散型アプリケーションを作成できる

スマートコントラクト(自動契約技術)が導入されている

イーサリアムの機能で特徴的なのは「スマートコントラクト」です。

【スマートコントラクトとは】
従来は手動で行ってきた契約をブロックチェーン上で自動化すること。改ざんできない、かつ非中央集権型のサービスが実現できる。

ブロックチェーンの「改ざん不可能」という特性を活かし、契約記録を自動で書き込むことができます。

契約の執行条件を定義しておくことで完全に自動化させることも可能です。

NFTの分野でも注目が集まる

NFTは「Non-Fungible Token」の略で、日本語では代替不可能なトークンという意味です。

トークンとはブロックチェーン技術を使った暗号資産の総称のことで、取引情報がブロックとして記録され、チェーンのように繋がっていくことで改ざんが非常に困難な特徴があります。

たとえばNFTでアート作品を販売すると取引がブロックチェーン上に記録され、購入者は所有権があること、作品が本物であることの証明が可能になります。

2021年にはNFTアート作品が75億円相当で落札されるなど、大きな話題になりました。

今後もNFTが発展すれば、イーサリアム価格もますます上昇するでしょう。

分散型アプリケーションを作成できる

イーサリアムのプラットフォームでは、分散型アプリケーション(dApps)を開発できます。

【dAppsとは】
ブロックチェーンを利用した「非中央集権」なアプリケーションのこと。

世の中のアプリケーションは、ほとんどが監視する企業がある「中央集権型」です。

ブロックチェーン技術を利用したdAppsの場合は中央に管理者が存在しなくとも、内部で不正やサーバーダウンを防ぐことが可能になります。

イーサリアムを使ったdAppsが増加していくことで、イーサリアム自体の需要が高まることも期待できるでしょう。

ビットコインとの違い

イーサリアムはビットコインよりも後に生まれた仮想通貨です。
しかし、イーサリアムがビットコインの完全上位互換ということではありません。

どちらが優れているということではなく、それぞれの特徴に合った活用がされています。

両者の特徴を簡単に表にまとめると以下のとおりです。

イーサリアムビットコイン
役割・目的プラットフォーム決済手段
ブロック生成時間約15秒枚10分毎
発行上限数未定2,100万枚

ビットコインの大きな役割は「価値貯蔵の手段」「決済手段(法定通貨の代替)」の2つと言われています。
現在は価格の値動きが激しいので価値の貯蔵手段としては向いておらず、投機商品の1つとして利用される側面が大きいです。

一方でデジタルゴールドとも呼ばれている通り、通貨の価値が下がるような事態で保有する「リスクヘッジ手段」としての役割にも注目が集まっています。

コロナショックで各国の中央銀行が金融緩和策として通貨を大量に発行したところ、通貨の価値が下がる結果になりました。

そこで著名な投資家がビットコインに投資をしたことで、金と似たリスクヘッジ手段として注目されるようになりました。

一方のイーサリアムは通貨の名称ではなく、プラットフォームの名称です。

イーサリアムというプラットフォームの中で利用される「燃料」にあたるものが、仮想通貨取引所で取引できる「イーサ」と呼ばれるトークンです。

イーサリアムはスマートコントラクトによって、事前にプログラムを入力しておくことで手続きを簡素化させられます。
プラットフォームとしての汎用性が高く、新しい技術が生み出されることもあります。

決済手段であるビットコインとは全く異なる進化を続けているのです。

イーサリアムクラシックとの違い

イーサリアムから分裂した通貨として「イーサリアムクラシック(ETC)」もあります。

theDAO事件と呼ばれるハッキング事件でイーサリアムが盗まれてしまった際、不正送金をなかったものにすることを選んだブロックチェーンが「イーサリアムクラシック」です。

両者と違いを端的にまとめると、以下のとおりです。

イーサリアムイーサリアムクラシック
利用用途スマートコントラクトを使ったアプリ開発IoTプラットフォームとしての役割
コンセンサスアルゴリズム電気消費量が少ないPoSに移行予定PoWという従来のアルゴリズムを使用継続予定
発行上限なし(2022年4月現在)約2億1000万ETC〜約2億3000万ETC

イーサリアムはスマートコントラクトを導入したdAppsの開発プラットフォームの提供を目指しています。

一方のイーサリアムクラシックはイーサリアムと同様のスマートコントラクトを搭載してはいますが、IoTプラットフォームとして役割を担うことを目指している点で差別化が図られています。

コンセンサスアルゴリズムについては、イーサリアムは現行のPoWからPoSに変更する予定ですが、イーサリアムクラシックはPoWのままで継続する予定です。

【コンセンサスアルゴリズムとは】
日本語でいうと「合意方法」。ブロックチェーンがブロックを追加する際のルールとなる合意形成を行うアルゴリズム(方法)のこと。

コミュニティの意見を反映させるイーサリアムに対し、重大な問題がない限り大きな修正は実施しないイーサリアムクラシックという点でも両者に違いが見られます。

最後に通貨の発行上限にも違いがあります。

イーサリアムは現状、通貨発行の上限がありません。
一方で、イーサリアムクラシックは約2億1000万ETC〜約2億3000万ETCが発行上限です。

今後はイーサリアムにおいても発行枚数の上限が設定される可能性があり、今後の動向に注目が集まります。

2022年4月現在のイーサリアム価格【速報】

2022年4月現在のイーサリアムのチャートを見て、値動きをおさらいしてみましょう。

過去1年(2021年10月5日~2022年4月4日)のチャートは以下のとおりです。

画像引用:Quick Money World

2011年11月上旬に1ETH=53万円を超える価格に成長しましたが、2022年1月24日には1ETC=25万円を下回りました。

2ヶ月半程度で価格が半分になってしまっている計算です。

ただ、1月下旬を底にしてその後は右肩上がりで回復基調になっています。
4月9日の終値で1ETH=40万円を超えており、徐々にもとの水準に回復しつつあります。

今後はNFT市場・Defiなどの盛り上がりに加えて、ウクライナ問題などの世界情勢によって乱高下が続くことが考えられます。

過去5年のイーサリアムの値動きを見直してみる

もう少しさかのぼって、過去5年のイーサリアムの値動きを見直してみましょう。
2017年初頭から2022年4月までのイーサリアムのチャートは以下のとおりです。

画像引用:CoinMarketCap

全体でみると1ETH=5,000円未満のところから最高値では50万円を超える大きな成長です。
5年で約100倍になっています。

ただ、そこに至るまでには急騰と下降を繰り返していることも分かりますね。

過去5年の暴落タイミング

2017年12月から翌1月までにイーサリアム価格が急騰したあと、ビットコインバブルが崩壊したことで価格が急落しました。

2021年4月4日には1ETH=4万円まで下落しており、わずか3ヶ月で価値が3分の1まで下落しています。

二度目の暴落は2021年の11月からのことです。

11月8日には1ETH=54万円を記録しましたが、そこから価格が下落を始めて2022年1月22日には1ETH=27万円と2ヶ月で半分になってしまいました。

今後もNFTやDefiなどの盛り上がりで値段が上がる可能性がある一方、仮想通貨の基軸通貨と言われるビットコインの急落や仮想通貨の規制が広まる等の要因があると急落することも考えられます。

過去5年の暴騰タイミング

1度目の暴騰のタイミングは2017年の年末から2018年の年始にかけてのことです。

2020年12月5日の時点で1ETH=5万円程度から上昇し、2021年1月14日には15万円を超えました。

仮想通貨全体でブームが巻き起こったことに加えて、イーサリアムのハードフォークが起こったことなどが原因です。

2度目の暴騰のタイミングは2021年の5月のことで、過去最高額47万円まで価格を上げました。

要因としてはDefiブームの影響や、イーサリアム2.0へのアップデートの影響などが考えられます。

イーサリアムの将来価格が上昇すると期待される理由

今までは右肩上がりで成長を続けてきたイーサリアム。

今後も右肩上がりで成長を続けるのかは分かりませんが、今後のイベントからある程度、値動きを予想することはできます。

ここでは今後もイーサリアムが上昇すると考えられる理由について、以下の5つを紹介します。

・先物ETFにデビューするかもしれない
・大型アップデートが控えている
・イーサリアムを利用したアプリケーション開発が進んでいる
・イーサリアム企業連合のバックアップがある
・Polygonの運用ができる

先物ETFにデビューするかもしれない

決して確定情報ではありませんが、先に先物ETFが登場したビットコインに続き、イーサリアムにも先物ETFが登場するのではと期待が高まっています。

ニュースサイトによれば、米資産管理会社Kelly Strategic Managementが2021年11月29日にイーサリアム(ETH)の先物に連動するETFの申請書類を関係機関に提出したことが分かっています。

参考:COINPOST|米Kelly、イーサリアム先物ETFを申請

ビットコインETFが登場したことでビットコインが史上最高値を更新したことを考えれば、今後の動向次第でイーサリアムも大きく値を上げる可能性があります。

大型アップデートが控えている

イーサリアムは今後、イーサ2.0への大型アップデートが控えています。

2021年10月27日には初のアップグレード「アルタイル」が実装されましたが、これはイーサ2.0へのウォーミングアップと言われています。

イーサ2.0へ向けて着実に流れができており、今後のアップデートが成功して性能が大きく向上すれば、さらに価格が上昇するでしょう。

参考:Ethereum.org|Eth2アップグレードの必要性

イーサリアムを利用したアプリケーション開発が進んでいる

多くのプロジェクトで、イーサリアムを利用した分散型アプリケーションが開発されています。

燃料にあたるイーサETHを利用できるプラットフォームが増えて市場価値が上がり、価格上昇に良い影響を与えることが期待できます。

イーサリアム企業連合のバックアップがある

実はイーサリアムには、エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(通称:EEA)と呼ばれる大企業がバックにいます。

EEAには500社以上が名を連ねていて、日本でもトヨタ・KDDIなどの大企業が参画しています。外国企業で言えばインテルやMicrosoftといった世界的な大企業も含まれています。

これはイーサリアムが企業からの信頼を勝ち得ている証です。今後も企業連合の強力なバックアップのもと、価格も底堅く推移していく可能性があります。

Polygonの運用ができる

イーサリアムから続々とサービスが生まれるのは喜ばしいのですが、イーサリアムの取引量が増大すると処理能力を圧迫し、「処理の遅延」「取引手数料の高騰」が問題になる可能性があります。

それを解決するためにセカンドレイヤー「Polygon」が開発されました。

イーサリアムと互換性のあるブロックチェーンを簡単に構築し、イーサリアムと相互運用するためのプロトコルとフレームワークを提供しようというプロジェクトです。

取引量の増大に備えて処理速度の問題が解決できることは、イーサリアムにとって大きな成長材料です。

イーサリアムの価格が下落・上がらない要因

紹介したように、イーサリアムは今後も価格の上昇が期待できる仮想通貨です。

ただ、ほかの仮想通貨同様に値動きが大きく、何らかの要因で一時的に上がらなかったり大きく下落したりする可能性はあります。

ここでは、イーサリアムの価格が下落、もしくは上がらない要因になり得るものを5つ紹介します。

・ビットコインとの価格の連動
・スマートコントラクトの普及具合
・Defi市場の成長性
・新型コロナウイルスの動向
・ロシア-ウクライナ情勢による法整備

ビットコインとの価格の連動

イーサリアムに限った話ではありませんが、仮想通貨の値動きにはビットコインの値動きが影響を与えるといわれています。

ビットコインは仮想通貨のなかでは流通量が多く、基軸通貨のような役割があります。
一方のイーサリアムは時価総額2位とはいえアルトコインの一種ですから、ビットコインの影響は避けられません。

ビットコインが価格上昇の起点になることもあれば、その反対のパターンもありえます。

ただし、近年では「ビットコインドミナンス」が50%を下回ってビットコインの価格が下がったなかでもイーサリアムは高値を更新するなど、新しい値動きも見られるようになっています。

【ビットコインドミナンスとは】
市場全体に占める、ビットコインにおける時価総額のシェア(占有率)の意味。単位は「%」で表される。
暗号資産市場全体の時価総額が1兆円で、ビットコインの時価総額が5,000億円であれば、ドミナンスは50%ということ。

逆にイーサリアムがビットコインに影響を与えることもあります。

イーサリアムを取引するならビットコインが上昇したときに備えて、BTCとETHの両方を扱っている仮想通貨取引所がおすすめです。

スマートコントラクトの普及具合

スマートコントラクトは第三者がいなくても公正な契約を結べる活気的な技術です。

ブロックチェーンの「改ざん不可能」という仕組みと組み合わせることで「Defi」「NFT」という業界で活用されています。

イーサリアムのプラットフォームでスマートコントラクトを使用するには、仮想通貨のイーサリアムが必要不可欠です。

スマートコントラクトを使った市場が今後も成長することでイーサリアムの価格が上がる一方、注目されなくなったり新しい技術が生まれたりすればイーサリアムの価格にとっては悪影響があります。

Defi市場の成長性

イーサリアムの機能「スマートコントラクト」を使った話題として外せないのが「Defi」です。

スマートコントラクトを金融分野で活用することで、管理者不在で分散型のファイナンスが実現しました。

仮想通貨を利用してお金の貸し借りを行えるようになる技術なので、それを支えるイーサリアムは需要が増すことが考えられます。

今後のDefi市場の盛り上がり方も、イーサリアムの価格に影響を与えるでしょう。

新型コロナウイルスの動向

2020年から世界中で影響を与えている新型コロナウイルスも、仮想通貨の価格上昇の要因の1つと言われています。

要因は各国中央銀行が行っている金融緩和です。

政府が主導した景気刺激策でお金をバラまく状況が続いたことで、市場にお金が流入しました。
その結果、株式や不動産、仮想通貨等が次々と最高値を更新しています。

ただし、2022年3月にはアメリカでの利上げが実施され、2022年4月には日本で新型コロナウイルスを季節性インフルエンザと同じ感染症法上の5類の扱いに見直す検討を始めることが発表されるなど、流れは変わってきています。

今後は引き締めによって仮想通貨市場にお金が入らなくなり、イーサリアムの価格に悪影響を与える可能性もあるでしょう。

ロシア-ウクライナ情勢による法整備

2022年2月から始まったロシアのウクライナ侵攻は2022年4月現在、停戦の兆しが見えません。

各国はロシアの経済制裁回避のため、ロシアに対して仮想通貨規制をする動きを見せています。

攻め込まれたウクライナでは仮想通貨を全面的に導入するなど、国によって仮想通貨に対して直面した現実はさまざまです。

規制を強化する国が増えれば、仮想通貨には悪影響があります。

国単位の規制強化・緩和のニュースは注視しておきましょう。

2022年以降のイーサリアムの将来性

イーサリアムについて「価格上昇の要因」「価格下落の要因」について紹介しました。

では具体的に2022年以降、イーサリアムの価格はどうなるのでしょうか。AIの予想と専門家の予想について順番に解説します。

ニューヨークに本拠地がある世界有数の金融機関であるJPモルガン・チェースは、ビットコインよりもイーサリアムの方が需要があるというレポートを提出しています。

レポートによると、ビットコインの先物価格と現物価格の差の移動平均は9月に弱まり、プラスからマイナスへ下落しています。

一方、イーサリアムの先物価格と現物価格の差はプラスのままで推移しました。

2021年8月からの1ヶ月で、ビットコインは10%近く下落している一方、イーサリアムは5%にとどまっていることから、価格下落への耐性についてもイーサリアムのほうが高い場合もあります。

参考:coindesk|機関投資家はビットコインよりイーサリアム:JPモルガン

今後もJPモルガンのレポートが更新されたらすぐに内容を確認しましょう。

イーサリアム取引で仮想通貨取引所を選ぶポイント

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額を誇る仮想通貨で、多くの取引所に上場しています。

選択肢が豊富なことは嬉しいのですが、逆に「どこを選べば良いのか分からない……」という人もいるでしょう。

ここでは数ある取引所から1つを選ぶ際にチェックしたいポイントについて紹介します。

・手数料が少しでも安いこと
・セキュリティが高く流出の心配がないこと

手数料が少しでも安いこと

イーサリアムは仮想通貨としてはビットコインに次ぐ知名度があり、多くの暗号通貨取引所で扱われています。

多くの取引所で取引できるのはメリットですが、手数料の違いが収益に影響を与えることが懸念されます。

取引手数料が無料なのはもちろん、スプレッドができるだけ狭い通貨を選びたいものです。

セキュリティが高く流出の心配がないこと

仮想通貨取引所を選ぶ際、セキュリティに対する取り組みは事前にチェックしたいポイントです。

顧客の資産をコールドウォレット(ネット接続から隔離して保管すること)で保管していれば、インターネット上で不正アクセスされるリスクを抑えられます。

二段階認証を採用していれば、もしID・パスワードが盗まれても不正ログインを防ぐことが可能です。

イーサリアムの今後に期待して開設したい取引所

イーサリアムはスマートコントラクトを始めとした技術に注目が集まり、価格も長期的に見れば右肩上がりが続いています。今後も乱高下はあるでしょうが、長期的には右肩上がりで成長すると予想できます。

値上がり益を享受するには、価格が本格的に上昇する前に、イーサリアムを持っておくことが重要です。

そこで今回は、イーサリアムの値上がりに期待して口座を開設しておきたい仮想通貨取引所を3つ紹介します。

・Coincheck
・DMM bitcoin
・bitFlyer

Coincheck

・17種類の仮想通貨を取り扱う
・500円の少額から取引可能
・光熱費の支払いもビットコインで可能

2012年に運営が開始された取引所で、暗号資産取引所としては老舗です。17種類もの通貨を取引でき、通貨の数は国内最大級です。イーサリアムやビットコインだけでなく、「アイオーエスティー(IOST)」など話題の仮想通貨も取り扱っています。

ビットコインから取引を始めて、ゆくゆくはイーサリアムを含めた他の通貨(アルトコイン)も取引してみたい人におすすめできます。

コールドウォレットや2段階認証、SSL暗号化通信などのセキュリティー対策を行い、安全性を高めています。

販売所では500円から仮想通貨を購入できるので、「投資額が少ないけど、仮想通貨を入手してみたい」と感じる初心者の方に向いています。

また「Coincheckでんき」「Coincheckガス」のサービスではビットコインでの支払いが可能です。既存の電気サービスより1~7%分の電気料金がお得になるメリットもあります。

取扱通貨数17通貨
取引手数料(販売所)無料
取引手数料(取引所)無料
入金手数料銀行振込 : 無料コンビニ入金 : 770円~クイック入金 : 770円~
出金手数料407円

DMM bitcoin

・最短即日で取引を開始できる
・15通貨でレバレッジ取引に対応
・生体認証によるセキュリティ

DMMグループが運営する仮想通貨取引所です。

スピーディな取引が自慢で、口座を即日開設して最短1時間で取引が始められます。今すぐにイーサリアムが欲しい人なら選択肢になるでしょう。

取引手数料・出入金手数料・送金手数料の全てが無料なので、コストを極力気にせずに取引を進められるのも嬉しいポイントです。

さらに15種類の通貨についてはレバレッジ取引にも対応。少ない自己資金でも効率的に売買できます。

コールドウォレット運用、資産の分別管理と信託保全、2段階認証の不正ログイン防止など、仮想通貨で心配なセキュリティ面の対策も万全です。

生体認証による厳重な体制が用意されています。コンスタントなメンテナンスでハッキングに対抗していることもあり、長期的に安心して取引できるでしょう。

取扱通貨数15通貨
取引手数料(取引所)無料
入金手数料無料
出金手数料無料

bitFlyer

・15種類の通貨を取引できる
・専用アプリではチャート分析まで可能
・レバレッジ取引にも対応

2014年に運用を開始した取引所で、イーサリアムをはじめとした14種類ものアルトコイン取引に対応しています。
国内取引所のなかでも取扱通貨数が多く、メガバンクも出資していることから将来の成長性も見込めます。

15種類の仮想通貨取扱いは業界でもトップクラス。
ビットコインならレバレッジ取引にチャレンジすることもできるので、中級者にもおすすめできます。

SSL通信やファイヤーウォールなどのネットワーク。2段階認証やパスワード強度のチェックなどログイン関連。コールドウォレットでの保管などで、セキュリティーを高めています。

専用のアプリは機能が充実していて、取引量のチェックだけでなくチャート分析まで可能です。

仮想通貨を初めて購入する方から中級者以上まで誰でも使いやすい取引所と言えるでしょう。

取扱通貨数15通貨
取引手数料(取引所)0.01~0.15%
入金手数料銀行振込 : 無料クイック入金住信SBIネット銀行 : 無料住信SBIネット銀行以外 : 330円
出金手数料220~770円

まとめ

今回は過去5年間のイーサリアムの値動きをおさらいしつつ、2022年以降にイーサリアム価格がどうなるのかについて解説しました。

イーサリアムは仮想通貨としては大きな時価総額を誇りますが、まだまだ成長過程の通貨です。

ボラティリティが非常に大きく、数ヶ月で2倍、3倍と値上がりすることもあります。
反面、何らかの規制や問題の発生で急落するリスクは理解しておかないといけません。

今後も国の規制や国際情勢によって下落する可能性があるものの、「イーサリアムを利用したアプリケーション開発が進んでいる」「財団による後押しがある」など、再び高騰する材料も多くある状態です。

今後の価格上昇に乗り遅れないよう、早いうちに仮想通貨取引所で口座開設を進めておきましょう。

FP監修者

慶應義塾大学を卒業後、みずほ銀行(旧富士銀行)に入行。10年以上融資業務に携わリ、大企業向けファイナンスから不良債権処理まで幅広く経験。その後、ファイナンシャルプランナーの道を志し、外資系生保のコンサルティング、金融系ベンチャー企業の創業に参画。2009年に独立系のFP事務所FPバンクを設立し、現在に至る。

目次
閉じる