MENU

おすすめ消費者金融ランキング2022|失敗のない消費者金融の選び方

消費者金融おすすめランキング

お金を借りる時にはどこから借りますか?
日本貸金業協会の最新のアンケート結果によりますと、資金需要者が借入先として検討する先の第1位は全体の72.2%で「貸金業者」、つまり消費者金融などが最も選ばれていることがわかります。

参照:日本貸金業協会「資金需要者等の借入意識や借入行動に関する調査結果報告 令和4年3月18日」96ページ

大手消費者金融といわれるプロミス、アコム、アイフル、そしてインターネット専業として知名度の高いSMBCモビットは有名どころでしょう。そのほかにも中小消費者金融は全国にあります。

大手の消費者金融で審査落ちした人でも、中小消費者金融であれば審査に通る可能性も残されています。諦めないでまずは申し込んでみましょう!

目次

消費者金融おすすめランキング【2022年最新】大手が最もおすすめな理由は?

消費者金融と言っても、CMでの知名度が抜群に高いところから地方の街金まで様々な規模の業者があります。そしてそれぞれ、提供するサービス内容や利便性の高さ、またターゲットとする顧客層が異なります。

  • 大手消費者金融
  • 新しい消費者金融
  • 中小消費者金融

数多くある消費者金融をこの3つに分けてみると、それぞれ次のような傾向・特徴があります。

大手消費者金融新しい消費者金融中小消費者金融
即日融資
最短30分審査
金利〜18.0%〜18.0%〜20.0%
無利息期間×
審査通過率30〜45%非公表非公表
自宅への郵送物回避×
電話連絡なし×
知名度×
来店不要
借入件数が多い人への融資××

消費者金融を選ぶ際にはご自身の目的にあったものを選ぶのがもちろんですが、もし特にこだわりがなく「条件のいいところで借りたい」と考える場合には大手消費者金融がおすすめです。

大手消費者金融は表で見てもわかりますが、ほとんどの項目において優れているため、サービスの利便性が高いのが特徴です。

ここに載せた以外でも、借入・返済方法が多様である点やスマホATMでカードレスで利用できる点など、大手消費者金融は銀行も含めた中でも最も使い勝手が良いカードローンです。

アイフルアコムプロミスSMBCモビットレイクALSA
即日融資
審査スピードWEB申込で
最短25分
最短30分最短30分最短30分最短15秒
融資スピードWEB申込で
最短25分
最短30分最短30分最短60分WEBで最短60分
融資も可能
金利3.0%〜18.0%3.0%〜18.0%4.5%〜17.8%3.0%〜18.0%4.5%〜18.0%
無利息期間30日間30日間30日間×30日・60日・
180日間
審査通過率33.7%42.2%39.0%×35.9%
自宅への郵送物回避
電話連絡なし○※○※○※
スマホATMセブン銀行
ローソン銀行
セブン銀行セブン銀行
ローソン銀行
セブン銀行セブン銀行
大手消費者金融5社の違いを比較

アイフル以外の消費者金融は大手銀行グループの傘下であり、サービス面も似通ったものが多いのが現状です。
ただ、はっきりと他社より優れたサービスが提供されていることもあります。

  • プロミス:無利息期間が「初回出金日の翌日」からのカウントになる
  • アコム:ACマスターカードを作れる
  • アイフル:おまとめローンでは銀行カードローンもまとめられる
  • SMBCモビット:WEB完結申込で電話連絡・郵送物をなしにできる
  • レイクALSA:無利息期間が選べてお得

サービスの1つひとつを具体的に比較すると、自分に合った消費者金融がどれか分かるようになりますよ。

「アイフル」はWEB申込で最短25分融資!ここ数年で利便性が飛躍的にUP

アイフル
限度額800万円WEB完結
実質年率3.0%〜18.0%スマホATM取引セブン銀行
ローソン銀行
無利息期間30日間電話連絡なし
審査時間WEB申込なら
最短25分
郵送物なし
融資時間WEB申込なら
最短25分
来店不要
アイフルのスペック

アイフルは大手消費者金融の中でも銀行のグループ会社に入らない独立系の消費者金融です。

私たちアイフルグループは大手消費者金融の中で唯一、銀行傘下とはならずに独立系企業として経営を続けています。
意思決定にスピード感があり会社としての成長機会を逃さないことはもちろん、お客様のニーズに応じたサービス展開で多くの方にご利用いただいています。

アイフル「アイフルグループの強み」

最短融資スピードは大手で最も早い

審査も独自審査を行なっていることから他社よりも審査が早く、WEBなら最短25分というスピード融資が可能になっています。これは大手消費者金融でも最も早い融資スピードです。

サービスの利便性が高くなった

アイフルは少し前まで大手の中で1社だけ24時間振込に対応していないなど、利便性ではあまり優れた印象はありませんでした。しかしその後、全国約1,200の金融機関で24時間365日振込が可能になり、アプリを使ったスマホATMでの借入ではセブン銀行だけでなくローソン銀行にも対応しています。さらには融資スピードも早くなるなど、ここ数年でサービスの利便性が向上しているのは間違いありません。
実際、価格.comのカードローン人気ランキングでは2021年上半期総合第1位になっています。

審査通過率は下降気味、だが新規申込者数は増加傾向

アイフルの審査通過率は近年、安定して40%以上を保っていましたが、2021年4月から現在までのデータで見ると30%代に落ちてしまいました。

以下は2021年4月~12月までの大手消費者金融4社の審査通過率を比較したものです。

新規顧客新規申込審査通過率
アコム173,292410,40942.2%
プロミス165,795423,37239.0%
レイクALSA106,100295,60035.9%
アイフル153,004454,65133.7%

アイフルIR・企業情報サイト「月次データ」、アコム企業情報サイト「データブック」、SMBCコンシューマーファイナンス「月次データ」、新生銀行「四半期決算情報」より当サイトで通過率を算出

現時点でアイフルの審査通過率は4社中4位と厳しいです。しかし、注目したいのは新規申込者数です。

新規申込件数2019年4月〜
2020年3月
2020年4月〜
2021年3月
2021年4月〜
2021年12月
アイフル471,714401,337454,651
アコム601,192436,875410,409
プロミス581,931504,352423,372
レイクALSA460,700331,000295,600

ここ3年ほどのデータで比較しますと、コロナの影響もあるのでしょうか、やはり各社2020年以降は新規申込者数が軒並み減っています。それに対し、アイフルは初めの年こそ減っているものの、2021年はむしろ新規申し込みが増加しています。このような上がり方をしているのはアイフルだけです。
そして、2021年の新規申込者数はアイフルがトップになっています。

審査通過率の減少は新規申込者数の増加が関係しているのかと思われますが、一つ確かに言えるのは、今消費者金融で最も選ばれているのはアイフルだということです。

「アコム」は知名度が高い!審査通過率も高く初めての方にもおすすめ

アコム
限度額800万円WEB完結
実質年率3.0%〜18.0%スマホATM取引セブン銀行
無利息期間30日間電話連絡なし○※
審査時間最短30分郵送物なし
融資時間最短30分来店不要
アコムのスペック

※個別事情などにより、心配な点や不安な点がある場合はアコムコールセンターまで

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融です。

審査通過率は安定の40%超え

アコムの審査通過率は大手のなかでも安定しており、近年は40%を常に超えている状態です。アイフルの審査通過率が2021年で下降傾向になったため、現在40%を安定して超えているのはアコムだけになります。

2019年4月〜
2020年3月
2020年4月〜
2021年3月
2021年4月〜
2021年12月
アコム43.6%41.2%42.2%
プロミス44.7%37.9%39.0%
レイクALSA30.0%33.4%35.9%
アイフル43.7%40.1%33.7%

楽天銀行なら最短1分振込融資

アコムは楽天銀行の口座を持っているのであれば、契約後最短1分で振込融資が可能です。楽天銀行ユーザーの場合はアコムが使い勝手が良いでしょう。他にも

  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行

であれば、平日はおおよそ24時間、土日祝日は20時前まで最短1分振込が可能となっています。

「プロミス」はオリコン顧客満足度調査で高評価!24時間最短10秒振込も可能

プロミス
限度額500万円WEB完結
実質年率4.5%〜17.8%スマホATM取引セブン銀行
ローソン銀行
無利息期間30日間電話連絡なし○※
審査時間最短30分郵送物なし
融資時間最短30分来店不要
プロミスのスペック

※申込前の相談により、書面での提出が可能な場合も

プロミスは三井住友銀行傘下の消費者金融です。

オリコン顧客満足度調査でも評価が高い

プロミスはオリコン顧客満足度調査のノンバンクカードローン部門で2020年・2021年は総合1位、そして2022年は惜しくも2位だったものの、「審査対応」「借入条件」「借り入れサポート」「サポートサービス」の4項目でそれぞれ1位に、また、属性別では「初回利用」、年代別では「20代」「40代」の項目でそれぞれ1位を獲得しています。
1位ではない項目でも3位以内には入っていることがほとんどであり、利用者からの評価が非常に高いカードローンであることがわかります。
2022年 オリコン顧客満足度(R)調査 ノンバンクカードローン ランキング」「オリコン顧客満足度®」「oricon ME(オリコンエムイー)」による調査

サービスの利便性が高い

大手消費者金融の上限金利は18%がほとんどですが、その中で唯一、プロミスだけが17.8%とやや低い上限金利を提示しています。24時間365日最短10秒振込が可能な金融機関は200以上、そして、ATM利用の際には自社ATMのほか、三井住友銀行ATMなら手数料がいつでも無料です。

「SMBCモビット」はWEB完結申込なら職場への電話連絡をなしにできる

SMBCモビット
限度額800万円WEB完結
実質年率3.0%〜18.0%スマホATM取引セブン銀行
無利息期間電話連絡なし
審査時間最短30分※郵送物なし
融資時間最短60分来店不要
SMBCモビットのスペック

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットは三井住友銀行系の消費者金融です。

WEB完結申込は「電話連絡なし・郵送物なし」


SMBCモビットのWEB完結申込は、ネット申し込みから利用まで全てWEB上で完結する申込方法です。この申込方法から申し込みをすることで、「電話連絡なし・郵送物なし」に手続きをすることができます。
ただし、WEB完結を利用するには以下の条件と必要書類が必要になります。

利用条件
・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
・全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証を持っている

必要書類
・本人確認書類いずれか1つ(運転免許証、パスポート)
・収入証明書類いずれか1つ(源泉徴収表、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書 直近2ヶ月分)
・勤務先確認書類として以下2つ(健康保険証、給与明細書)

勤務先への在籍確認の電話を心配する人は多いと思います。
大手消費者金融各社で在籍確認の電話なしについてどのような対応になっているのか、それぞれの公式サイトには以下のような記載があります。

SMBCモビットWEB完結なら「電話連絡なし」
お電話での確認が難しい場合は、必要書類のご提出による代替確認もできますのでご相談ください。
アイフル原則として、お申込の際に自宅・勤務先へのご連絡は行っておりません。
アコム個別事情などにより、ご心配な点やご不安な点がございましたら、 アコムコールセンターまでご相談ください。
プロミス公式サイトに記載なし
レイクALSAお電話でのご連絡が難しい場合は、書類を提出いただくことで 代替の確認とするご相談も承っておりますので、お客さま専用フリーダイヤルまでお問合せください。

このように、そうした対応も可能、としているところもありますが、電話なしにできるかどうかは相談の上なので、確実に電話連絡なしで申し込みをしたい場合にはSMBCモビットのWEB完結がおすすめです。

「レイクALSA」は無利息期間が長い!5万円まで180日間無利息

レイクALSA
限度額500万円WEB完結
実質年率4.5%〜18.0%スマホATM取引セブン銀行※
無利息期間最大180日間電話連絡なし○※
審査時間最短15秒郵送物なし
融資時間WEBで最短60分
融資も可能
来店不要
レイクALSAのスペック

※2020年12月23日(水)よりセブン銀行ATM「スマホATM取引」による借入れの利用を停止しています。
※電話での連絡が難しい場合は書類提出で確認とする相談も可能なので、お客さま専用フリーダイヤルまでお問合せください。

レイクALSAは新生銀行グループの消費者金融です。特筆すべき魅力はその無利息期間です。

都合に合わせて選べる無利息期間は他にない
無利息期間サービスのある大手消費者金融は他にもありますが、レイクALSAの特筆すべき点は30日・60日・180日の中から無利息期間を選べるという点です。初めての方を対象に、以下のような条件で利用することができます。

無利息期間条件
30日間利息0円借入額200万円超えもOK
60日間利息0円WEB申込限定
借入額200万円まで
180日間利息0円借入額の5万円まで
借入額200万円まで

他の大手が30日間のみの無利息期間ですから、今回限りの利用など利息を抑えて借りたい人にレイクALSAはおすすめです。

最短60分融資は大手ではやや遅め?

レイクALSAでは最短60分融資も可能、21時(日曜18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中の振り込みも可能です。※一部金融機関およびメンテナンス時間等を除く
大手各社の審査スピードは最短30分程度なので、そう考えると大手の中ではやや遅めと感じるかもしれませんが、数あるカードローンの中で考えると最短60分融資は十分スピード融資と言えます。

新しい消費者金融はおすすめ?スマホで手軽に借りれるWEB専門業者

これまで消費者金融と言うと、「大手」とその他「中小」のみでした。
最近では手続きがスマホだけで完結するタイプの新しい個人向けローンサービスが増えてきています。
いわゆる消費者金融っぽさもなく、スマホで申込から利用まで手軽に借りられるハードルの低さもあり、若者を中心に利用者が急増しているものもあります。

中には審査方法が特徴的なものも。
一般的にこれまでの消費者金融では、属性を点数化(スコアリング )した審査と信用情報をもとに審査を行なってきました。
一方、新しい個人向けローンサービスの中には、個人の信用力をAIがスコア化し、信用情報や従来の与信審査のノウハウと合わせて審査していくものがあります。

そうした独自システムで審査可否を決定することにより、従来の消費者金融では信用が比較的低いとされる属性の方でも低金利で融資が受けられるようになったのです。

「LINEポケットマネー」はLINEアプリ内だけでお金を借りられる

限度額300万円WEB完結
実質年率3.0%〜18.0%アプリでの借入・返済
無利息期間最大100日間
支払利息キャッシュバック
電話連絡なし
審査時間1週間以上かかる場合も郵送物なし
融資時間1週間以上かかる場合も来店不要
LINEポケットマネーのスペック

LINEポケットマネーは、メッセージアプリ「LINE」内で申込から借入まで完結する新しいお金の借り方です。
LINEって消費者金融なの?と思う方もいるかもしれませんが、LINEポケットマネーについては、「LINE Credit」という個人向けスコアリングや無担保ローンサービスを提供していて貸金業の登録番号もきちんとある、れっきとした貸金業者です。

従来の与信審査ノウハウや信用情報のほか、LINEサービスの利用状況や質問内容からLINEスコアを算出し、審査に反映していきます。
使い方も、LINE Payから借入・返済ができるため、若い人を中心に利用者数を伸ばしています。

メッセージアプリのLINEが2019年8月から開始した個人向け融資サービス「LINEポケットマネー」は、緊急事態宣言が発令された20年4月から2カ月で24%総貸付残高を伸ばした。4月には、月間新規申込者数が3.9万人と、消費者金融大手・アコムの3.3万人を初めて上回った。

日本経済新聞「20~30代利用 コロナで脚光、LINEの信用スコア融資

LINEポケットマネーではまた、他社よりも金利が低かったと感じている人が多いようです。
LINEポケットマネーの金利は3.0%~18.0%と、大手消費者金融と同じですが、審査によって適用金利が低くなっているケースは少なくないようです。

画像:他社お借入経験がある方の「LINEポケットマネー」の金利は?満足度調査結果を公開 | LINEポケットマネー

実際の適用金利は、どのローンでも審査を受けてみなければわからないのですが、利用しやすく金利が安くなるかもしれないのはうれしいですね。
ただし1点、即日での融資には対応していないので注意しましょう。

J.Score(ジェイスコア)は生活習慣や性格によってスコアUPが可能

限度額1,000万円WEB完結
実質年率0.8%〜15.0%アプリでの借入・返済×
無利息期間電話連絡なし
審査時間最短即日郵送物なし
融資時間平日22:55までの借入申込で即時来店不要
J.Scoreのスペック

J.Scoreは国内初、AIスコアによって借入額や金利が決定する個人向けローンサービスです。
AIによるスコアでは、生活習慣や性格など様々な情報を入力することでスコアUPが可能です。
J.Scoreはみずほ銀行とソフトバンクが合同で設立したサービスであり、その関係からか金利は銀行カードローン寄りの0.8%~15.0%となっています。

「ORIX MONEY」は新しく始まったばかりのマネーサービス

限度額800万円WEB完結
実質年率2.9%〜17.8%アプリで借入・返済
無利息期間最大3ヶ月間
(キャンペーン)
電話連絡なし
審査時間最短60分郵送物なし
融資時間最短即日来店不要
ORIX MONEYのスペック

ORIX MONEYはオリックス・クレジットが提供する、2022年2月14日に始まったばかりの、カードレスでスマホ完結型のマネーサービスです。
即時振込にも対応しており、PayPay銀行は23:45~0:15の時間以外は即時振込対応、その他金融機関だと23:45~0:15の時間、平日6:00~8:30の時間以外は即時振込可能です。
貸付条件だけみると大手消費者金融と同じような条件になっていますが、サービスが開始したばかりの場合、新規顧客獲得のために前向きな審査をしてくれる可能性があります。

「au PAY スマートローン」はスマホがauじゃなくても申し込める

限度額100万円WEB完結
実質年率2.9%〜18.0%アプリで借入・返済セブン銀行
無利息期間電話連絡なし×
審査時間最短30分郵送物なし
融資時間最短即日来店不要
au PAYスマートローンのスペック

au PAYスマートローンはau IDに登録されている情報が自動的に反映されるため、少ない入力項目で簡単に申し込みすることができます。
借入はau PAY残高にチャージする形やセブン銀行スマホATMでかードレスの借入、また口座振込も可能です。

「メルペイスマートマネー」はメルペイ残高にチャージされてメルカリの買い物にも使える

限度額20万円WEB完結
実質年率3.0%〜15.0%アプリで借入・返済
無利息期間初回返済分の利息
が還元
電話連絡なし
審査時間最短即日郵送物なし
融資時間数日〜数週間来店不要
メルペイスマートマネーのスペック

メルペイスマートマネーは、フリマアプリ「メルカリ」が2021年8月3日よりサービスを開始した、メルカリアプリで申込と利用が完結する少額融資サービスです。

株式会社メルペイ(以下、メルペイ)は、同社が運営する、フリマアプリ「メルカリ」のスマホ決済サービス「メルペイ」において、2021年8月3日(火)より、「メルカリ」の利用実績等を元に金利・利用限度額が決まり、「メルカリ」アプリで申し込みと利用が完結する少額融資サービス「メルペイスマートマネー」の提供を開始いたしましたのでお知らせします※1。

引用:「メルカリ」の利用実績等で金利・利用限度額が決まる少額融資サービス「メルペイスマートマネー」を提供

メルカリの利用実績等をもとに審査を行い、最大20万円の範囲内で利用することができます。
ただし注意したいのは、メルペイスマートマネーは証書貸付である点です。カードローンのように利用限度額まで何度でも借りられるものではなく、利用ごとに審査を行う必要がありますのでその点は注意しましょう。

※2022年3月15日現在、メルペイスマートマネーは予想以上の申し込みにより新規申込・追加借入の申込をすべて停止しています。

ファミペイ ローン

限度額300万円WEB完結
実質年率0.8%〜18.0%アプリで借入・返済
無利息期間電話連絡なし×
審査時間最短即日郵送物なし
融資時間最短即日来店不要
ファミペイローンのスペック

ファミリーマートの関連事業会社で2021年12月14日より始まったばかりの新サービス、ファミペイローン。
申し込みから返済までアプリで完結するサービスです。
ファミペイ残高へのチャージ、もしくは銀行口座への振込により借入が可能です。

中小消費者金融おすすめ一覧!大手で審査落ちした人も対応

これまで紹介してきた大手や新しい消費者金融のコンピュータやAIを利用した審査と比べ、中小消費者金融は人の手による独自の審査を行なっています。

そのため、審査が甘いわけではないのですが審査項目によっては大手と比べて融通を利かせてもらえることもあり、大手で審査落ちしてしまった人などにも可能性があるのが特徴です。

また、中小消費者金融の融資形態には大きく2種類あります。

  • 当座貸越…カードローンのように限度額内で何度も借入可能なカードローン型
  • 証書貸付…1回の契約で1回の借入のみ。追加融資ごとに申し込みをして審査・契約の必要あり

中小消費者金融の多くは証書貸付の融資形態となっていて、カードローン型は少ないです。

「セントラル」は申込方法が多様で大手に近いサービス

限度額300万円WEB完結
実質年率4.8%〜18.0%スマホATM取引×
無利息期間30日間電話連絡なし×
審査時間最短即日郵送物なし
融資時間最短即日※来店不要
※平日14時まで申し込みの場合

セントラルは無利息期間があることや繰り返し利用できるカードローン型の融資形態など、消費者金融の中でも比較的大手寄りの中堅消費者金融です。
ローンカード「Cカード」は全国のセブン銀行ATMで借入・返済が可能であり、数は少ないですが都内や四国地方などを中心に全国展開の自動契約機で即日発行も可能です。
申込方法はスマホ・パソコンのほか、自動契約機や来店、郵送、コンビニからFAXでも申し込めるため、様々な方のニーズに対応できます。

「いつも」は来店不要で24時間申込受付、最短45分でお振込完了

限度額500万円WEB完結
実質年率4.8%〜18.0%スマホATM取引×
無利息期間60日間※電話連絡なし×
審査時間最短即日郵送物なし
融資時間最短即日来店不要
※60万円以上の契約の方

いつもは高知県にある中小消費者金融ですが、全国どこでも振込融資が可能です。
公式サイトには記載がありませんが、融資スピードに力を入れていて、申し込みから1時間程度という速さは大手消費者金融並みと言えます。
また、60日間無利息を行なっているところはそれほど多くなく、大手でもレイクALSAしかありません。適用になれば2ヶ月は利息がかからないのは魅力です。

「フタバ」は他社借入4社以内の方が対象

限度額50万円WEB完結×
実質年率14.959%〜17.950%スマホATM取引×
無利息期間30日間電話連絡なし×
審査時間最短即日郵送物なし×
融資時間最短即日※来店不要
※平日16時までの審査完了で即日振り込み可能

キャッシングのフタバは他社借入件数が多めで大手ではやや難しい方でも融資対象に含まれています。

当社では、過度の借入から消費者の皆様を守るため、他社でのお借入は4社以内の方が対象です。

引用:フタバ「お申込み」

融資限度額も50万円までと少額で、高額融資には対応していません。

「キャレント」は即日融資可能な事業資金専用ローン

限度額500万円WEB完結
実質年率7.8%〜18.0%スマホATM取引×
無利息期間電話連絡なし×
審査時間最短即日郵送物なし×
融資時間最短即日※来店不要
※14時までの手続き完了で即日振込

キャレントは資金使途が事業資金専用のローンです。
来店不要の即日融資が可能な、スピード特化型ビジネスローンになります。

失敗しない消費者金融の選び方

どの消費者金融を選ぶのかは今後、利用していく上で重要です。
選ぶ業者によって、使い勝手の良さやサービス内容などに違いがあるからです。

しかし、消費者金融からお金借りることはそれほど日常的ではありませんし、マイナスイメージが先行してしまい詳しいことを知らないという方は多いものです。

消費者金融を選ぶときに重視するべきポイントはどこなのか?
次の4つのポイントについて、チェックしてみましょう。

  1. 即日融資可能かどうか
  2. 低金利かどうか
  3. 家族や職場にバレないか
  4. 闇金ではないか

①すぐ借りたいときは即日融資可能なだけでなく、融資スピードをチェック

今では消費者金融の代名詞ともなっている即日融資。
しかしすべての消費者金融で即日融資が可能となっているわけではありません。
急いでいるときだからこそしっかりと確認する必要があります。

即日融資と即日審査

まず気をつけたいのは「即日融資」と「即日審査」の違いです。

即日審査…申し込みをしたその日に審査をする
即日融資…申し込みをした日に融資が受けられる

つまり、即日「審査」でも、即日「融資」でなければその日のうちに融資は受けられない、ということです。

審査結果は当日出るかどうかも定かではありません。
「審査は当日のうちに始めますが、結果は今日とは限りませんよ」というのが即日審査です。

今日もしくは明日の早い時間には融資が必要だという場合には「即日融資が可能」な消費者金融を選択しましょう。
審査スピードが早いので、もしかかっても数日程度として考えてよいでしょう。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

即日融資の可能性が高い消費者金融のポイントは?

「即日融資可能」と言っても、必ず即日融資ができるわけではありません。
審査の状況によるが、即日融資も「可能」ということをよく覚えておきましょう。

即日融資の可能性が高い消費者金融にはいくつかのポイントがあります。

  • インターネット申し込みで即日審査が行われること
  • 即時振り込みに対応していること
  • 自動契約機があること
  • 最短の審査時間が明記してあること
  • 即日融資可能な時間が長いこと

一般的にWEB申込のほうが審査時間が短くなりますし、即時振込に対応なら契約さえ済めばあとは24時間いつでも振込で融資が受けられます。
また、中小消費者金融のように「平日14時までに申込」など振込融資の対応時間が短い場合でも、自動契約機があればローンカードが発行できる可能性がまだ残されています。

このように、ある程度利便性が高いほうが即日融資の可能性は高くなります。

即日融資をするためには、それぞれの消費者金融によって条件が異なるよ。

それでは、翌日以降の取り扱いになるタイムリミットはいつでしょうか?

  • 振り込みキャッシングで融資を受ける
  • 店頭窓口もしくは自動契約機に来店ができる

それによってタイムリミットは異なります。

【振込】24時間振り込みキャッシングでも審査時間内に審査が必要

振り込みキャッシングとは消費者金融から自分の銀行口座に借入金額を振込みしてもらうサービスです。
現在では24時間365日、即時振込に対応する銀行が増えたため、夕方や夜の時間帯の申込でも、銀行口座によっては即日融資に間に合う場合があります。

ただし、それは審査が完了していればです。
振込が24時間可能であっても、審査は24時間やっていないからです。

審査対応時間については公式サイトに記載が確認できませんでしたが、レイクALSAでは即日振込のタイムリミットについて、以下のように明記されています。

21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。
一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

お急ぎのお客さまへ(即日融資・即日振込みをご希望のお客さまへ) | お借入れならカードローン・キャッシングのレイクALSA

また、即時振込に対応していない銀行口座の場合、また中小消費者金融の場合には、銀行の営業時間内に手続きが必要となります。そのため、振込キャッシングのタイムリミットは平日14時30分ごろになり、それを過ぎれば翌日以降の融資になりますので注意しましょう。

振込みキャッシングの即日融資を希望する場合は大手か中小か、また登録した銀行口座によってタイムリミットが違うので、平日正午までにはネット申し込みをすすめましょう。

【来店】来店ができるなら平日、土日祝日も21時まで

店頭窓口は営業時間が平日18時までになっていることが多く、長い時間の期待はできません。しかし大手消費者金融には自動契約機があります。自動契約機は土日祝日も営業しており、各社によって営業終了時間が異なるものの21時、22時までは営業をしています。

  1. インターネット申し込み
  2. 審査結果確認
  3. 自動契約機に移動
  4. 必要書類の提出
  5. 契約
  6. カード発行

自動契約機は申し込みから審査、必要書類の提出、契約とカード発行までを行えます。カードがあれば24時間利用可能なコンビニATMを利用して借入もすぐに利用ができます。

即日融資の注意点とは?

急ぎだからこそ失敗はできません。事前に何にどう注意すればいいのかを押さえておきましょう。

申し込みの必要書類
何時までに何をすればよいのか
振り込みキャッシングの対応時間
自動契約機の営業時間

4つのポイントを比較しながら大手消費者金融を比較しましょう!

アイフルアコムプロミスSMBCモビットレイクALSA
融資スピードWEB申込で
最短25分
最短30分最短30分最短60分WEBで最短60分
融資も可能
自動契約機営業時間9時〜21時9時~21時※年中無休
(年末年始は除く)
9時~21時※契約機により
営業時間が異なります。
9時~21時※営業時間は店舗により異なります。(三井住友銀行ローン契約機)平日・土曜・祝日
9時〜22時
日曜日
9時〜19時
即日振込の条件全国約1,200の金融機関で24時間365日振込みが可能24時間土日も
即日振り込み可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合があります。
原則24時間
最短10秒振込可能
原則24時間
最短3分振込可能
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日振込可能。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く。

自動契約機営業時間は2022年3月時点の情報です。店舗によって営業時間は異なるため公式サイトから確認が必要となります。

②利息を抑えたいなら低金利なところを選ぶ!上限金利を比較

できるだけ低金利で借り入れできることも、消費者金融選びでは重要です。
とはいっても、法律に従って運営されるのでほとんど違いはありません。

しいて言えば大手の方が中小よりも1~2%程度低金利になる可能性があります。
大手の中ではプロミスが上限金利17.8%と、他社の18.0%を若干ながら下回っています。

消費者金融は無利息期間があるところを選ぼう

消費者金融は金利が高いため、短期間のキャッシングに向いています。
ただし、無利息期間がある消費者金融の場合、期間によっては低金利な銀行カードローンより少ない利息負担での借入が可能です。

【10万円を90日間借りた場合の利息】
金利18.0% 無利息期間30日間
10万円×18.0%÷365日×(90日間ー30日間)=2,959円

金利14.5% 無利息期間なし
10万円×14.5%÷365日×90日間=3,575円

消費者金融だけではなく、お金を借りるときには必ず金利がかかります。その金利によって利息が発生します。つまり、借りた金額(元金)だけを返済するのではなく「利息」も支払い、さらには「手数料」も支払わなくてはなりません。

返済のコツとしては「元金の返済を進めること」です。

×よくある失敗
何ヶ月も返済をしているのに借り入れ残高が思うように減っていなかった
 ↓
返済額に占める元金以外の費用(利息・手数料)の割合が多く、元金充当額が少なかった

利息、手数料を抑えることは基本中の基本です。そこで活躍するのは無利息期間です。

より存分に無利息期間を活用するのであれば、契約翌日から適用される無利息期間ではなく、初めての借り入れ翌日から適用される無利息期間を選びましょう。「最大30日間」と「まるごと30日間」の無利息では大きな違いがあります。

無利息期間適用条件適用開始
アイフル30日間アイフルを初めて利用
無担保キャッシングローンを利用
契約日の翌日から
アコム30日間アコムを初めて契約契約日の翌日から
プロミス30日間プロミスを初めて利用
メールアドレスを登録
書面受取方法をWeb明細
初回出金日の翌日から
SMBCモビット
レイクALSA30日間レイクALSAを初めて契約
契約額が200万円超え
契約日の翌日から
60日間レイクALSAを初めて契約
WEB申込
契約日の翌日から
180日間レイクALSAを初めて契約5万円まで
契約日の翌日から

ただし、契約後すぐに借り入れの場合には、どちらのタイプを選んでも同じです。

③家族や職場にバレないためには「郵送物なし」「電話連絡なし」での借り入れに対応しているかどうか

大手や中小に関係なく「消費者金融で借りている」ということを周囲に秘密にしたい人も少なくないでしょう。

消費者金融郵送物なし電話連絡なし
アイフル契約時、
・カードの受け取り方法を「カードレス」
・口座振替の登録
アコム契約時に「電磁交付」に登録個別事情により心配な場合は電話を
プロミス書面の受け取り方法を「Web明細」に申込前の電話相談で可能な場合も
SMBCモビットWEB完結申込WEB完結申込
レイクALSAWeb完結書類提出で代替の確認の場合も
セントラル 自動契約機でローンカードと契約書を発行
ベルーナノーティス 
J.Score 特別な事情があるときは電話を
ORIXMONEYオンライン本人確認サービスを利用電話での確認が難しい場合は申込後に相談
LINEポケットマネー 
郵送物なしや電話連絡なしで借りれるか比較した表

「カードレス」+「郵送物なし」が可能な手続き方法を

秘密を隠し通したいなら、WEBであらゆる手続きが完了するのが望ましいと言えます。
家族にバレる可能性が高いのは、郵送物が届いたときだからです。
カードレスで借り入れできたり、郵送物をなしにできたりする消費者金融なら、家族バレのリスクを最小限にできます。
注意したいのが、「郵送物なし」にできる申込方法を選ばなければならない、という点です。
例えばSMBCモビットの場合、「WEB完結申込」という申込方法を選べば郵送物なしにすることができます。しかし、通常の「カード申込」を選択しますと、郵送物が送られてきてしまうのです。

あらかじめ確認した上で、郵送物なしにするための必要な手続きを取りましょう。

「電話連絡なし」で勤務先への在籍確認を避ける

大手消費者金融の一部では、電話連絡によらない在籍確認が可能です。
原則として電話連絡をしないことが明記されているのは「アイフル」と「SMBCモビット(WEB完結の場合)」ですね。

勤務先への電話がけは「本当に申告した企業に在籍しているか」を確認するためのプロセスですが、電話をかけてこないでほしい人も多いはずです。

電話ではなく書類で在籍確認をしてくれれば、会社に電話がかかる心配がなくなります。

ただし、アイフルやSMBCモビットも必要があれば電話はかかります。100%回避する方法はありませんのでその点は注意しましょう。

④闇金ではない安心して利用できる大手消費者金融を選ぶこと

大手がおすすめな理由は充実したサービスだけではありません。同じくらいお金を借り入れるときに重視したいのが「そこが安心して利用できる業者なのか」ということでしょう。

消費者金融にも、大手、中小、地方消費者金融(街金)など実は多くの選択肢がありますが、知名度が低ければ低いほど、違法業者も選択肢に含まれてきます。今ではソフト闇金という新しい違法業者まで出てきました。しかも堂々と公式サイトまでつくりソフト闇金であることを公言しています。

だからこそ大手を選ぶこと、大手から選ぶことは消費者金融選びの最低限の基本として覚えておかなくてはなりません。

どんどん出てくる新手の闇金

闇金業者など怪しくて引っかかる気がしないと思っているのはあなただけではありません。実際に闇金業者を利用している方ですら未だ闇金だと気がついていないケースも少なくないほどです。

闇金業者の罠はあちらこちらに張り巡らされています。昔と変わらない方法であるのはポストへのダイレクトメールの投函、新聞広告、雑誌に掲載されている広告。しかし今、非常に危険でありなおかつ足を踏み入れてしまいやすいのはネットを使った闇金の罠です。

闇金のサイトを実際に見てみますと、そのつくりはレベルの高いものでありとても闇金を想像できるものではありません。中小消費者金融のホームページと比べると、まるで闇金のほうが正規のサラ金であるかのように錯覚します。

以下は日本貸金業協会の行なったアンケート「ヤミ金融等非正規業者やSNSなどを使った個人間融資等の認知について」で、最新の違法なお金を借りる方法の認知度について比較したものです。
「どのようなものか知っている」と回答した割合は次の通りになります。

  • ヤミ金融等非正規業者…30.7%
  • クレジットカードショッピング枠の現金化業者…26.2%
  • SNSなどを使った個人間融資…17.4%
  • 偽装質屋…15.3%
  • 偽装ファクタリング業者…14.5%

参考:「資⾦需要者等の借⼊意識や借⼊⾏動に関する調査結果」(令和4年3月18日)

給与ファクタリングのように既に社会問題化して減衰している方法もありますが、それに変わって、ここには載っていない後払い現金化などの新しい手口も次々に出てきています。
個人間融資はLINEやTwitterでやりとりを行うなど、利用者にとってもハードルが低く利用しやすいことが逆に仇となっています。

闇金の手口とは

闇金は暴力的、暴言的であることはイメージとして定着しています。闇金から借りてしまえば「返済ができない」ことはご存知でしょうか。

利息制限法をはるかに越えた暴利
トイチ、トゴ、聞いたことがあるかもしれません。10日で1割の利息、10日で5割の利息ということです。例えば10万円を借りたら10日で1割の利息、つまり1万円の利息が加算されます。トゴであれば10日で5割、つまり5万円の利息が加算されます。

利息制限法では元金に対して設定できる金利の上限が定められています。

元金10万円未満は上限金利20.0%
元金10万円以上100万円未満は上限金利18.0%
元金100万円以上は上限金利15.0%

利息制限法以上の金利を設定した場合には、その貸金業者は行政処分の対象となり、さらに出資法上限金利20.0%を超えた場合には刑事罰の対象となります。つまり、どれほど高い金利でも20.0%を超えることはないということです。

トイチは金利365%、トゴは金利1825%です。ちょっと高い、では済まされない暴利であることは明らかです。

あっという間にやってくる返済日
一般的に返済は月に一度です。しかし闇金の返済日は10日に一度、さらに短いケースでは1週間に1度です。お金がなくどうしても借りなければならない状況でようやく借りた中で、元金に加え、金利365%や1825%の利息を用意できるかというとそうではないでしょう。

これが闇金の手法です。暴利で膨らんだ利息を、当然で用意できないだけの短いサイクルで返済日を用意します。返済させないシステムを作り出している闇金は「到底用意できない利息を加算した上で、到底用意できない短い期間」を作っています。

利息だけの自由返済
返済額に暴利を加算し、さらにあっという間にやってくる短いサイクルの返済日。もちろん返済日に返済額を用意することはできません。闇金から借りたお金が返済日に返済ができない、その恐怖は考えるだけで恐ろしいものです。
しかしここで闇金から提案があります。

「利息だけの返済でも良いですよ」

ありがたいと思うでしょう。

元金と利息は返済はできないけれども、利息だけなら何とか用意できるかもしれない。
そう思うものです。
ところがこれが闇金の「返済させない方法」です。
利息はいくら払っても元金とはかかわらないものであり、利息を払ったところで元金は変わりません。
つまり、暴利による利息だけを甘い汁として集めて、元金はそのまま。次の返済日にも同じだけの利息が発生しています。減らない元金がいつまでもあるため、完済できないシステムが出来上がっています。

凶悪な取立て方法
それこそドラマや映画で見るような凶悪な取立てがあります。
ただし、現在の闇金はインターネットを使ったものが主流となっており顔を出さない傾向があります。
電話を使った取立てで精神を揺さぶる方法をとっています。
本人への電話はもちろんのこと、実家、勤務先まで執拗に電話がかかってきます。
収入を得なければ返済すらできないながら、その収入を得る勤務先にもいられないほどの状況に追い込まれていきます。

本来は違法業者からの借入は返済の義務がありません。しかし、返済しなければ日常生活を送ることができないほど取立てが続きます。

新手の違法業者、ソフト闇金
闇金業者の中で新たな闇金が出てきました。それがソフト闇金です。
公式ホームページを持ち、「当社はソフト闇金です」と堂々と表記しています。そこには「ソフト」という言葉を使って闇金とは区別している、ソフト闇金であることを承知の上で利用させる、そのような意図があるのでしょう。
優良なソフト闇金、そのような言葉で検索もされています。
しかし、闇金に優良はありません。すべての闇金が違法です。
ソフトという単語に隠されていますが、初期対応が丁寧であったとしてもトイチ、トサンなどは当たり前。その後に待っている返済の地獄は闇金と変わりありません。

闇金を利用してしまったら
万が一闇金を利用してしまったら、すぐに弁護士に相談をします。
一人で解決することは困難を極めます。弁護士に相談し闇金への対応をすべて任せましょう。

そもそも「消費者金融」とは?

消費者金融とは、個人に向けて小口(少額)の貸付けを行う貸金業者のことです。
昔の名残から、時々「街金」「サラ金(サラリーマン金融)」という呼び方をされる場合もあります。

多くの消費者金融では担保も保証人も不要で、年齢要件と収入要件さえ満たせば申込が可能です。
お金が必要なとき、本人の信用だけですぐに借り入れできるのがメリットです。

大手消費者金融とは?

消費者金融のなかでも、規模が大きくて知名度が高い5社を大手消費者金融と呼んでいます。

  • アイフル
  • アコム
  • プロミス
  • レイクALSA
  • SMBCモビット

いずれもCMで一度はみたことのある社名ばかりですね。
大手ゆえにサービスが手厚いので基本的に大手を選べば間違いないと言えます。

中小消費者金融とは?

大手に含まれない消費者金融を中小消費者金融と言います。
企業としての規模は大手には及ばず、利用できるATMや金利、無利息期間の有無など、サービス面ではかないません。
ただし、大手とは違って独自の審査基準を持つ消費者金融もあります。
たとえば大手では過去に61日以上の延滞などを発生させたブラックの人は原則として審査落ちですが、中小なら現在の返済能力によっては審査通過できる可能性もあります。

消費者金融でお金を借りるのはヤバイ?

消費者金融でお金を借りることについて、良いイメージを持っている人は少ないかもしれません。
しかし、本質的には銀行でローンを組むことも、「借金」であることは同じです。
銀行に比べれば金利は高いですが、代わりに「無利息期間」など銀行には多くないサービスもあります。
ヤバいのは返済を延滞したり、返済能力を超えて借りすぎたりした時ですが、これは銀行でもどこでも同じです。

貸金業の指定信用情報機関となっているJICCが公開している情報があります。
貸金業法によって消費者金融は必ずJICCに加盟しなければならないこととなっていますが、その加入貸金業者数は819社。(2022年3月現在)
大手消費者金融として知名度の高い数社程度しか思い浮かべるのは難しいものですが、実際にはこれほどの数が貸金業者として登録していることに驚きます。

登録人数登録件数一人当たりの残高有り件数一契約当たりの残高
1,014万人1,530万件1.5件58.4万円
JICC指定信用情報期間 株式会社日本信用情報機構「統計情報」より

上の表は貸金業の登録情報です。総登録情報は1,729.8万人ですが、中には完済して残高が0円になっている方も多く、実際に借入残高がある人数は1014万人です。20歳以上の人口がおよそ1億5百万人(出典:「人口推計」総務省統計局)です。およそ1割の方が消費者金融を利用していることになります。

大手消費者金融と中小消費者金融はどっちが良いの?

特別な理由がない限り、最初に選ぶのは大手消費者金融にしましょう。

金利が中小よりも低いことが多く、もっとお得になるキャンペーンも実施されることがあります。

スマホアプリがあればカードレスでATMから出金できるサービスなど、中小ではほとんど用意されていない大手ならではのサービスも多くあります。

また一部中小消費者金融では審査は担当者との対面になるので、そうなるとWEB完結ができません。
ただ、「独自審査を行っている」「現在の収入状況で判断してくれる」「対面ゆえに人柄を考慮してくれる場合もある」といった大手にはない柔軟な審査が魅力なのも事実です。

大手で融資を受けられないときの受け皿としては優秀と言えます。

消費者金融と銀行カードローンの違いは?

消費者金融と銀行カードローンの場合には、どちらを選んだらいいのでしょうか。まずは比較した結果を見てみましょう。

大手消費者金融銀行カードローン
即日融資×
審査時間最短30分最短翌営業日
金利〜18.0%〜14.5%
無利息期間×
審査通過率30〜45%程度公表なし
自宅への郵送物回避
電話連絡なし
知名度
口座開設不要×
総量規制対象対象外

こうして比較してみますと、大手消費者金融を選べば知名度の高さだけはどちらもありますが、いくつかの大きな違いがあることがわかります。

  • 即日融資の違い
  • 金利の違い
  • 利便性の違い
  • バレない
  • 総量規制

【即日融資は?】銀行カードローンは最短でも翌営業日

消費者金融は最短即日融資が可能ですが、銀行カードローンは現在、即日融資を停止しています。

国内銀行が来年1月からカードローンなどの個人向けの新規貸し出しに関し、即日の融資を取りやめる見通しとなったことが15日、分かった。家族からの申し出で、新規貸し出しができないようにする「貸付自粛制度」の導入も検討する。これにより、拡大の続いたカードローン利用が縮小に向かう可能性もある。
 即日融資の取りやめは、借り手の情報を警察庁に照会する仕組みを導入して、暴力団員ら反社会的勢力との取引排除を徹底するのが狙い。運用が始まれば、融資審査には数日かかるようになるという。

産経新聞「「即日融資」を停止、銀行カードローン縮小へ」2017年9月15日

そのため、銀行カードローンでは最短でも翌日以降の融資になります。

【金利は?】銀行カードローンは低金利だが無利息期間はあまりない

銀行カードローンのメリットは、消費者金融と比較して低金利であることです。
消費者金融の上限金利は平均的に18%程度ですが、対して銀行カードローンは14.5%程度とやや低めの金利になります。

ただし、低金利だから必ず利息も少ないかというとそうではありません。

消費者金融では多くの業者で「無利息期間サービス」があります。ほとんどが初回のみのサービスですが、借入期間によっては低金利なはずの銀行カードローンより利息を抑えることもできます。
銀行カードローンで無利息期間のあるところはあまり多くありません。

無利息期間適用条件適用開始
楽天銀行
スーパーローン
30日間・普通預金口座の開設とカードローン申込を同時に行い契約手続きが完了した方
・初回借入のみが対象
・返済口座として楽天銀行口座を登録
初回借入の翌日から
PayPay銀行
カードローン
30日間カードローン、旧クレジットライン、旧カードローン、旧おまとめローンを契約中で過去に一度も利用がない方初回借入日から

【利便性は?】サービスの利便性は消費者金融が高い

消費者金融のサービスは非常に充実しています。

  • 借入・返済方法の多さ
  • セブン銀行の「スマホATM取引」を利用したカードレスの借り入れ
  • 24時間365日可能な即時振込
  • 申込から返済まで可能なアプリ
  • 無利息期間
  • 融資スピード

このように、サービスの利便性においては消費者金融のほうが圧倒的に高いです。

【バレない?】電話連絡なしなどプライバシーにより配慮しているのは消費者金融

消費者金融の選び方でも解説しましたが、「電話連絡なし」「郵送物なし」といったことを考えるのであれば、やはり消費者金融のほうがおすすめです。

最近ではWEB完結での申込は当たり前となってきているため、郵送物なしに対応しているカードローンも多くなりましたが、在籍確認の電話については「書面で代替可能」とする銀行はそれほど多くないようです。

【総量規制は?】銀行は「銀行法」、消費者金融は「貸金業法」

総量規制というのは、貸金業者から借りられるお金の総額を「年収の3分の1まで」と規制する法律です。
450万円の年収の方であれば、消費者金融から借り入れできる合計額は最大で150万円までとなります。

ただし、総量規制の対象となるのは貸金業者の貸付けです。
貸金業者にあたるのは以下のような業者です。

  • 消費者金融
  • 事業者金融
  • クレジットカード 会社
  • 信販会社 など

銀行や信用金庫など、他にも融資を行っている金融機関はありますが、これらは貸金業者には該当しません。

そもそも、総量規制は「貸金業法」で定められている法律です。
対して、銀行には「銀行法」という法律があります。そのため、銀行カードローンの貸付は総量規制の対象にはならないのです。

ただし、銀行カードローンは過剰貸付が問題となった関係で、銀行独自で総量規制と同様の仕組みを「自主規制」として設けるようになりました。
そのため、銀行カードローンの場合は法的には貸付上限額の縛りはありませんが、無制限に借りられるというわけではなく、実際には総量規制と同等の3分の1程度までに制限されているということです。

銀行カードローンと消費者金融には以上のような違いがあります。上記の違いがあるということを理解し、融資の速さなのか、金利の低さなのか、自分に合った金融機関を選ぶといいでしょう。

消費者金融を利用する手続きの流れ

消費者金融を利用するには、申込~審査~契約~借り入れという一連の流れをこなす必要があります。

細かい手続きは消費者金融ごとに異なりますが、大まかな流れは共通しています。
ここでは申込~借り入れに至るまでの流れを解説します。

事前準備|必要書類の用意

申込の時点で、本人確認書類の提出は必ず求められます。
申込後に慌てて準備すると審査に遅れが生じるため、事前に準備しておくのがポイントです。

本人確認書類
・運転免許証
・マイナンバーカード
・パスポート
・健康保険証 など

また「借入希望額が50万円超」「他社ですでに借りている額と借り入れ希望額が100万円超」のいずれかに該当する場合、以下のような収入証明書類も準備が必要です。

収入証明書類
・源泉徴収票
・支払調書
・給与の支払明細書(直近の2か月分以上・賞与明細もあれば直近1年以上を提出
・確定申告書
・青色申告決算書
・収支内訳書
・納税通知書
・納税証明書
・所得証明書

業者によって、また申込方法によって必要書類には違いがあります。事前に公式サイトでしっかり確認のうえ、準備しておきましょう。

① 申込|ネット申し込みが便利

必要書類の準備ができたら、申込作業に移ります。
申込は有人店舗の窓口でも無人契約機でもできますが、インターネットを使ったWEB申込がおすすめです。

WEB申込は24時間いつでも申込できるため、空いた時間で自由に手続きができます。

自動契約機は電話で、有人店舗はスタッフに不明点を直接聞けるのがメリットです。
受付時間帯や不明点の有無などに応じて申込方法を柔軟に選択しましょう。

② 審査|スコアリングシステムによる採点

申込の後は、審査が行われます。

審査内容や通過基準は公表されていないので、通過できるかは審査を受けてみなければ分かりません。

仮審査と本審査に分かれており、仮審査はスコアリングシステムによる採点です。最短15秒で審査が終わることもあります。

その後は本審査と在籍確認になり、問題なければ審査は完了です。

③ 契約|Webや店舗で可能

電話やメールで審査通過の連絡を受けたあとは、いよいよ契約になります。

WEB申込後にそのままWEBで契約することもできますが、郵送以外の手段でローンカードを手に入れたいなら店頭受け取りがおすすめです。

WEB申込後の審査中に有人店舗や無人店舗に移動して、審査後に契約すれば待機時間を短縮しつつその場でローンカードを受け取れます。

WEB契約でもカードレスにする場合やアプリを利用したスマホATM取引にする場合などはローンカードの郵送はありません。

④ 借り入れ|現金を引き出すか振込

契約が済めば、借り入れに進めます。
ローンカードを持つか持たないかで、借り入れできる方法が以下のように変わります。

【ローンカードあり】
振込キャッシング
自社ATM・提携ATMでの出金

【ローンカードなし】
振込キャッシング
セブン銀行・ローソン銀行など一部対応のATMでの出金(スマホATM取引)

消費者金融に関するよくある質問

主婦や学生でも消費者金融は利用できますか?

専業主婦が利用できる消費者金融は「ほぼ」ありません。パートなどの収入がある主婦、アルバイトなどの収入がある20歳以上の学生は申し込みができます。

貸金業法では、本人に安定した収入がなくても配偶者に安定した収入があれば貸し付けができる配偶者貸し付けを認めています。一方で配偶者貸し付けを良しとするかどうかは消費者金融にゆだねており、実際には配偶者貸し付けを用意している消費者金融はほとんどありません。

確認できる範囲ですと、配偶者貸付を行なっているのはベルーナノーティス1社だけです。

ベルーナノーティスは、レディースローンのサービスの一環として総量規制の例外である配偶者貸付を行っています。パートやアルバイトをしていない専業主婦のお客様でも、配偶者様にご収入があればご融資が可能です。ご契約にあたりましては、配偶者様のご同意が必要です。

ベルーナノーティス「レディースローン」

「20歳以上」で「本人に安定した収入がある」ならば学生も主婦も消費者金融は利用ができます。

消費者金融で借りていることが親バレ・家族バレすることはありますか?

あります。ただし、申し込み方法、利用状況に気を付けることで回避ができる問題です。
まず申し込み時に自宅への郵送物でバレるケースは少なくありません。郵送物に消費者金融の名称がそのまま記載されていることはありませんが、多くの場合その封筒に疑問を持つのは十分に考えらえるものです。自宅へ届く郵送物は「カード」と「契約書類」です。それらは直接受け取りに行くことで自宅への郵送はありません。

店頭窓口
自動契約機

こうした受け取り場所が近くにあるかどうかを確認しておきましょう。

もう一つが遅延による督促でバレる可能性があります。返済が遅れるとまずは電話連絡があり、その後は自宅へ督促状が届きます。圧着ハガキや封書で届くため中はすぐに見れないようにはなっていますが、それが何らかの督促状であることはすぐにわかるものでしょう。
確実に返済をすること、万が一返済が遅れる可能性がある場合には消費者金融へ電話連絡をして「返済が遅れること・いつ返済ができるのか」を伝えましょう。

友人に名義貸しを頼まれたのですが違法でしょうか?

名義貸しは違法です。
貸金業法第12条で名義貸しの禁止が定められています。消費者金融は貸金業者であり、貸金業法にのっとって営業をしています。名義貸しをすることを認めた場合には貸金業者の登録が取り消されます。そのため、消費者金融では名義貸しを認めていません。

また消費者金融に伝えることなく名義貸しをしたとしても、契約者の名義に返済の義務があります。
実際には誰が借りたのかは問われることではありません。ここで名義を借りた側が返済をしなくなり、なおかつ名義を貸した側が返済義務について問題提起をすると「名義貸しが発覚」して違法行為が露見します。

消費者金融を一本化でまとめたい場合は?

おまとめローン、もしくは銀行カードローンで一本化ができます。大手消費者金融であれば専用のおまとめローンが用意されていますが、銀行のカードローンを使っても借金は一本化できます。今よりも金利が下がること、返済額の負担、完済予定など現状を回復するに適している一本化を探しましょう。

最低金利で借入ができる?

消費者金融の金利は、「3.0%~18.0%」のように表記されています。もちろん3.0%の金利で利用ができればこれほどの低金利はありません。しかし実際には上限金利である18.0%が適用されています。

銀行カードローンは融資限度額に応じて適用金利が決められていますが、消費者金融は審査によって適用金利が決められます。審査に応じてとは言われているものの、初めての申し込みの際には実際の利用はまだないため、返済実績がありません。確実に返済をするという実績が作られて初めて金利が下がる可能性が出てきます。


FP監修者

慶應義塾大学を卒業後、みずほ銀行(旧富士銀行)に入行。10年以上融資業務に携わリ、大企業向けファイナンスから不良債権処理まで幅広く経験。その後、ファイナンシャルプランナーの道を志し、外資系生保のコンサルティング、金融系ベンチャー企業の創業に参画。2009年に独立系のFP事務所FPバンクを設立し、現在に至る。

目次
閉じる