MENU

お金借りる即日ならどのような方法がおすすめか?審査なしで借りれる手段もある

お金を借りる方法にはカードローンや公的融資など様々な方法があります。

しかし、どの方法で借りればいいのでしょうか?

損をしたくはありませんし、できれば自分の状況にぴったり合った、ベストな方法でお金を借りたいものですよね。

ここでは、お金を借りるのにどのような方法があるのか、またそれらの方法はどのような人に向いているのか、詳しくご紹介していきます。

今からお金を借りたいと考えている人の、借入先を選ぶ際の参考にしてみてください。

目次

お金借りる方法一覧|即日お金借りることができて審査なしのところはあるか?

お金を借りる方法即日(融資・借入)審査(あり・なし)金利(平均)
消費者金融大手消費者金融なら最短30分など即日融資も可能金利が年18.0%と高め平均3.0%〜18.0%
クレジットカード既にキャッシング枠が付帯している場合は最短即日融資既にキャッシング枠が付帯している場合は審査なし。〜18.0%程度
銀行カードローン即日融資は不可。早いところで最短翌日融資だが、数日〜かかるところも多い。審査あり。消費者金融に比べると金利が低い分、比較的審査は厳しい傾向平均2.0%〜14.5%
地方銀行カードローン即日融資は不可。早いところで最短翌日融資だが、数日〜かかるところも多い。審査あり。基本的な審査内容は大手銀行と変わりないが、給料振込など取引がある場合、大手よりも審査で考慮される傾向がある。平均2.0%〜14.5%
目的別ローン即日融資は不可。
融資スピードは早くて1週間、利用するローンに
よっては2〜3週間程度と時間がかかるローンが多い。
審査あり。
審査の際には資金使途を証明する書類が必要。
カードローンやフリーローンと比べると金利が
低い分、審査が厳しい傾向がある。
〜10.0%程度と低金利
フリーローン即日融資は不可。
融資スピードは1〜2週間程度かかることも
審査あり。 資金使途を証明する書類が必要な場合も。カードローンより金利が低い分、審査が厳しい傾向がある。〜15.0%程度
信用金庫即日融資は不可なところがほとんど。 融資スピードは数日〜 WEB完結申込できるところも増えたが、来店契約 必須のところもまだ多く、時間がかかる傾向。審査あり。地域社会の発展を目的とした金融機関のため、営業地域に居住または勤務している必要があるが、その分、個人事業主やフリーランスの方でも利用しやすい。平均2.0%〜14.5%
ろうきん即日融資は不可。 審査完了までおよそ2週間、その後ローンカード到着まで1週間〜2週間程度かかる。審査あり。カードローンの中でもトップクラスに低金利のため審査は厳しい傾向にある。また、申込には勤続年数1年以上や年収制限、事業エリア内に居住または勤務することなど申込条件が多い。〜10.0%程度と低金利
JAバンク即日融資は不可。 融資まで2週間〜長いと1ヶ月程度かかることも。審査あり。金利が低い分審査は厳しい傾向がある。利用にはJAの組合員として加入していること、また年収制限や営業エリア内に居住または勤務が必要など申込条件が多い。4.3%〜12.0% ※JA東京スマイル 地域によって差があり
LINEポケットマネー最短即日融資だが、現在審査が非常に混み合っていて審査結果の連絡まで1週間以上かかる場合もある。審査あり。金利が消費者金融と同程度なので比較的柔軟な審査が予想される。ただしLINEスコアのデータを用いた独自の審査基準が加わるため、LINEスコアの点数が低い場合は厳しい。3.0%〜18.0%
PayPay即日融資は不可。PayPay「お金借りる」はPayPay銀行カードローンなので最短翌日。PayPay銀行口座を持っている場合は審査時間が短縮される。審査あり。専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば申込可能な点や、上限金利が消費者金融と同程度な点を考えると、銀行カードローンの中でも比較的審査が柔軟な可能性がある。1.59%〜18.0%
バンドルカードアプリをインストールするだけで最大5万円が即日融資可能。審査なし。 年齢制限なしで誰でも利用可能。翌月末までの好きなタイミングで後払い。手数料 510円〜1,830円
契約者貸付最短即日融資〜数日程度審査なし。 生命保険の解約返戻金を担保としてお金を借りられるため。平均1.5%〜8.0%
ゆうちょ銀行郵便局もしくはゆうちょ銀行にて申し込み手続きをして受理されれば、自動的に利用できる。即日融資も可能。審査なし。 「担保定額貯金」「担保定期貯金」のいずれかの担保が必要。約定金利+0.25%〜0.5%
親・友人から借りる即日融資も可能審査なしなし
質屋質草となる商品次第で、即日融資も可能審査なし。 借りられる額は査定額の7〜8割程度なので、返済が遅れても質流れになるだけで取り立てなどはない。月利1.0%〜8.0%程度 上限金利は月9.0% (年利換算109.5%)
足りない分の電車賃について、後日払いで借入可能審査なしなし
交番紛失や盗難でお財布をなくした場合など、警察から1,000円までの借入可能金融機関のような審査はないが、借りられるかどうかは警察官が判断なし
中小消費者金融「平日14時までの申込」や「来店契約」で即日融資可能なところも。審査あり。大手のようなコンピューターによる自動審査ではなく独自審査を行なっている。他社借入件数などは大手と比べて件数の敷居を下げている傾向が見られる。平均4.5%〜20.0%
おまとめローンおまとめ専用ローンは審査に時間がかかり即日での利用は難しい。おまとめも可能なカードローンを利用すれば審査が早い可能性がある。審査あり。複数ある借入をまとめるため高額になりやすいローンの性質上、審査は通常のカードローンと比べて厳しい傾向がある。平均3.0%〜18.0% ※貸金業法に基づくおまとめローンなら、現在よりも金利が低くなる
生活サポート基金即日融資は不可。 窓口での面談があり、そこで生活再生ローンの必要性が認められると申込→審査となる。審査結果が出るまでは申込書提出から2週間〜1ヶ月程度かかる。審査あり。借金で困窮している人などへの支援目的の融資であるため、ブラックでも利用できる可能性はある。しかし、借りられるのは生活立て直しを目的とし、今後も返済可能な見通しのある方に限られる。〜12.5%程度
国や市役所即日融資は不可。申込から融資まで2週間〜1ヶ月程度かかる。緊急小口資金は最短5営業日。審査あり。誰もが利用できるものではなく、融資対象条件がそれぞれの融資ごとに設定されていて審査は厳しい。無利子〜3.0%程度
学生ローン来店不要で即日融資可能な学生ローンが多い。審査あり。学生に対して比較的柔軟な審査を行なっている。平均12%〜17%程度
配偶者貸付け配偶者貸付を行う消費者金融の場合は即日融資可能なところも。銀行カードローンの場合は最短翌日以降。審査あり。銀行カードローンのほうが金利が低い分審査は厳しい傾向。取り扱う金融機関が少ない。平均1.0%〜18.0%
共済貸付即日融資は不可。申込から2〜3週間程度。申込から送金予定日(融資実行)までのスケジュールがあらかじめ決まっており、申込締め切り日に間に合わなかった場合には次の申込日になる。金融機関ではないので個人信用情報機関への照会はなく、共済組合の独自審査がある。組合員対象の貸付のため、銀行ほど審査は厳しくない。無利息〜1.5%程度
不動産担保ローン最短数日〜数週間程度。ノンバンクでは最短即日のところも。審査あり。本人の信用だけで借りれる無担保ローンと比べ、担保となる不動産があるため比較的審査は通りやすい。ノンバンクと銀行とで審査の難易度は異なる。平均0.5%〜15.0%
ビジネスローンノンバンクは審査スピードが早く、最短即日融資のところも。審査あり。ビジネスローン専門業者や大手消費者金融系ビジネスローンなどは比較的審査が柔軟。平均1.5%〜18.0%
日本政策金融公庫即日融資は不可。 申込から3週間〜1ヶ月程度。申込後に面談があり、契約書の郵送など手続きに時間がかかる。審査あり。政府系金融機関なので審査は甘くはないが、新たな事業を始める場合の融資などもあり、銀行と比較して審査は柔軟と言える。一般貸付 担保を不要とする融資の場合 平均1.0%〜3.0%
お金を借りる方法

お金を借りる方法の比較表を作成しました。
「◎○△×」での判断が非常に難しく、一概に比較できるものでもありませんが、以下のような基準を設けて採点しました。空欄は「普通」を表すようにしています。

【金利】
◎…無利子〜5%
○…〜10%
△…大手消費者金融並み〜18%
×…18%超え

バンドルカードや親友人、駅や交番まで◎になるのはどうかな…と悩み、ひとまず駅や交番は○に変更しました。

【即日】
◎…即日融資可能(融資スピードが早い)
○…最短即日融資可能でも時間がかかりそうなもの、可能性が不明なもの
△…〜3週間くらいかかる
×…1ヶ月かかる場合もある

駅や交番は審査なしですが、さすがに◎は…ということでこちらも○にしています。

【審査】
◎…審査なし
○…審査はないが別の審査(警察)などがある
△…銀行カードローン以上に低金利で審査が厳しい傾向にあるところ
×…公的融資の審査

◎は一応、上記のような基準を設けてはみましたが、実際のところは「◎をつけるほどお金を借りる項目において最もおすすめかどうか?」というところで判断しました。

そうすると、交番や駅は「無利子」「即日」で「審査なし」ですが、全ての項目で◎はいかがなものかなと思い、ここだけいっそ全部空欄とさせて頂きました。

大手消費者金融の融資スピードは最短30分

大手消費者金融はスピーディな審査に特に力を入れていて、最短30分で終わらせられるのがメリットです。
今回は大手と言われる5社の審査スピードを比較してみました。

消費者金融審査時間融資までの時間
アコム最短30分最短30分
アイフル最短25分最短25分
プロミス最短30分最短30分
レイクALSAWebなら最短15秒Webなら最短60分
SMBCモビット最短30分最短60分
大手消費者金融における即日融資までのスピード比較

特にレイクALSAでは最短15秒で審査結果がでるなど、他社と比較してもスピーディになっています。

「大手消費者金融」は即日でお金を借りる人に最もおすすめ

即日でお金を借りる方法はさまざまありますが、中でも気軽に利用できるのが消費者金融です。
銀行カードローンの審査は最短でも翌営業日にならないと終わらないので即日融資は不可能です。
アイフルやアコムなどの名前が知られた消費者金融なら、最短30分で審査の結果がきます。

もし審査落ちしていたとしても速やかに次の対策を打てるので、即日でお金を借りる可能性が高まります。

プロミス

プロミス
金利4.5%~17.8%
限度額500万円
  • 初めての利用で借入日の翌日から30日間無利息で利用可能(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 最短即日融資、Web利用で最短30分融資も可能(希望に添えない場合もあります)
  • 郵送物なし、カードレス取引のWeb完結(希望に添えない場合もあります)
  • 振込キャッシングとインターネット返済は24時間対応可能←削除

初めて利用する方はメールアドレスとWeb明細利用の登録で「借入日から30日間無利息」で利用できます。
「契約日の翌日から無利息」と違い、無駄なく無利息期間が利用可能です。
郵送物がないWeb完結取引はカードレス取引ですが、契約後でもカード発行に切り替えが可能。
三井住友銀行や三菱UFJ銀行など、主要金融機関から口フリ(口座振替)で借入が可能で、Paypay銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座があれば24時間振込で借入ができます。

プロミスの公式サイトはこちら

SMBCモビット

SMBCモビット
金利3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
  • カードレスのWEB完結で電話なし、郵送物なし
  • 最短即日融資可能(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • Tポイントがたまる「Tカード プラス(SMBCモビット next)」が登場

SMBCグループの一員である大手消費者金融です。
電話確認なし、郵送物なしのWEB完結は「家族にばれない」と評判で、SMBCモビットの代名詞となっています。
「三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座が必要」「社会保険証か組合保険証が必要」などの条件がありますが、家族に借入がばれたくない方にはオススメです。
10秒簡易審査からの最短即日融資が可能。
カードローン・クレジットカード・Tカードが一体になった「Tカード プラス(SMBCモビット next)」ではTポイントをためることができます。
2018年オリコン顧客満足度第一位を獲得、高い信頼性が評価されています。

SMBCモビットの公式サイトはこちら

アイフル

アイフル
金利3.0%~18.0%
限度額最高800万円
  • 初回利用者は、契約日の翌日から30日間無利息で借入可能
  • インターネットから24時間365日申込可能
  • 最短30分で審査完了、最短即日融資可能

インターネットからの申込は、24時間365日受付可能。
WEB契約時に「カードレス」「口座振替(自動引落)」を選択すと郵送物が無しで利用でるので、家族などに借入がバレるリスクが少なくなります。
審査時間は最短30分で完了。最短即日融資も可能なので、急いでいる方にもオススメ。
スマホアプリがあれば、最寄のセブン銀行ATMで、原則24時間365日取引が可能です。

アイフルの公式サイトはこちら

アコム

アコム
金利3.0%~18.0%
限度額最高800万円
  • 初回利用者は契約翌日から30日間無利息で借入可能
  • 最短30分で審査回答可能、最短即日融資可能
  • インターネットやATMから24時間借入と返済が対応可能

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの一員である大手消費者金融です。
初めての利用者は契約日の翌日から30日間無利息で借入が可能です。
振込キャッシングでの借入は、通常は銀行営業時間に沿った対応ですが、楽天銀行口座を指定することで、ほぼ24時間対応することができます。
提携コンビニATMでの借入と返済も便利。インターネットを利用すると手数料無料で返済が可能です。
自動契約機も基本的に年末年始を除いて年中無休で稼働しているので、自分の借りたいタイミングですぐに契約ができます。

アコムの公式サイトはこちら

レイクALSA

レイクALSA
金利年4.5%~18.0%
限度額1万円~500万円
  • Webで申込むと60日間特典あり
  • Webで最短60分融資も可能!(※)

(※)21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。初めてご利用のお客さまへの当日ご融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~~9時)となっております。

初回利用者限定ですが、借入金額の内5万円まで180日間、またはWebで申し込むと60日間無利息のいずれかを選択ができます。

レイクALSAの公式サイトはこちら

レイクALSAの無利息サービス条件
※新生フィナンシャルで初めてご契約いただいた方のみが対象となります。※上記無利息はいずれも契約額1万円~200万円までの方。※60日間無利息はWebで申込んだ方限定。※30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用は不可。※ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。※無利息期間終了後は通常金利適用となります。

レイクALSAの商品概要(貸付条件・利息について)
【融資額】1万円~500万円【貸付利率(実質年率)】4.5%~18.0%※貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。【利用対象】満20歳~70歳(国内居住の方、ご自分のメールアドレスをお持ちの方、日本の永住権を取得されている方)【遅延損害金(年率)】20.0%【返済方式】残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式【返済期間・回数】最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回)※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。【必要書類】運転免許証等※収入証明(契約額に応じて新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要【商号】新生フィナンシャル株式会社【貸金業登録番号】関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号

「大手消費者金融」が向いている人は…
  • 即日でお金を借りたい
  • スマホで手軽にお金を借りたい
  • 無利息期間を利用してお金を借りたい

「クレジットカードのキャッシング枠」があれば即日借りられる

クレジットカードにはショッピングに使えるショッピング枠のほかに、現金の借り入れに利用できるキャッシング枠も設定されています。

キャッシング枠がカードに付帯されている場合、既に審査は完了していますから、コンビニのATMですぐに出金できます。
ただし、事前にキャッシング枠がない場合はキャッシング枠を付帯させる申込と審査が必要で、即日での利用はできません。

キャッシングとカードローンの違いは?

そもそも「キャッシング」とは、クレジットカードやローンカードを用いてお金を引き出すこと。
このうち、クレジットカードの付帯機能としてお金を借りられるのが「クレジットカードキャッシング」、ローン専用のローンカードを用いてお金を借りるのが「カードローン」です。

クレジットカードは主力であるショッピング機能に併せて付帯機能としてキャッシング機能も持っていますが、カードローンのローン専用カードは借入のみに特化しています。

キャッシングの特徴
カードローンの特徴
  • ショッピング機能と借入機能がある
  • キャッシング枠はショッピング枠の一部分
  • 金利は高め
  • 限度額が低め
  • ショッピング枠があれば審査なしで即日すぐ現金を借りられる
  • 海外キャッシングができる
  • 返済方法は一括払いとリボ払い
  • 借入のみ
  • 限度額の範囲内で何度でも借りられる
  • 金利は消費者金融だと高めだが金融機関によっては低金利
  • 即日融資が可能
  • 申込・契約時にには審査が必要
  • 海外キャッシングはできない
  • 返済方法はリボ払い

キャッシング枠はショッピング枠の利用により借入できる額が変わる

キャッシング枠とは?

そのクレジットカードでお金を借りられる利用上限額のこと。
10万円と設定されていれば、そのカードでは10万円までお金を借りることができます。
キャッシング枠には金利が設定されており、お金を借りた場合には返済時に+利息が発生します。

ショッピング枠とは?

クレジットカードの手機能である、買い物できる利用上限額のこと。
ショッピング枠50万円に設定されていれば、最大で50万円まで買い物で使用できます。

特徴にも書きましたが、キャッシング枠はショッピング枠の一部です。
キャッシング枠、ショッピング枠、それぞれで枠が設定されますが、ショッピング枠の範囲内でキャッシング枠が設定されます。
そのため、ショッピング枠50万円、キャッシング枠10万円の場合、10万円分キャッシング利用すれば、ショッピングで使用できるのは残り40万円です。

「クレジットカードのキャッシング枠」が向いている人は…
・キャッシング枠のついたクレジットカードを持っている
・即日すぐにお金を借りたい
・少額ですぐ返す場合
・海外で現地のお金を借りたい

「銀行カードローン」は低金利で最短翌営業日

銀行カードローンは2018年より即日融資を停止しており、最短でも翌営業日以降の融資となりました。
融資スピードは銀行によっても違うのですが、最短翌営業日というのはお金を借りる方法の中では決して遅くありません。
消費者金融は即日融資可能なのが大きなメリットですが、金利は高めです。
一方、銀行カードローンはそこそこの融資スピードで消費者金融よりも低金利でお金を借りることができます。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン
金利年4.0%~14.5%
限度額10万円~800万円
  • 来店不要、WEBで必要要類を提出可能
  • 提携先ATMの利用手数料が無料
  • 毎月の最小返済額2,000円から

三大メガバンクの一つである「三井住友銀行」のカードローンです。
契約金額が高額になるほど低金利での借入が可能。
インターネットを利用したWEB申込で来店不要で、申込から契約、借入まで完結することができます。
毎月の返済額は2.000円からと、無理のない返済も可能。
全国の三井住友銀行ATMだけでなく、コンビニなどの提携先ATMでの利用手数用が基本的に無料で、費用負担を気にしなくて借入、返済ができます。
契約に三井住友銀行口座は不要ですが、口座振替での毎月返済では三井住友銀行口座が必要となります。

三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

三菱UFJ銀行カードローンバンクイック

バンクイック
金利年1.8%~14.6%
限度額500万円
  • テレビ窓口で、土日、祝日でもその場でカード発行可能
  • 三菱UFJ銀行の口座開設は不要
  • 計画の立てやすい最小返済額1,000円

バンクイックは三大メガバンクの一つである三菱UFJ銀行のカードローンです。
金利的には一般的な銀行カードローンと同水準で、消費性資金よりも上限金利が低めになっています。
また、ATM利用手数料無料、三菱UFJ銀行口座の開設が不要など、消費者金融に近い利便性もあります。
高額借入になるほど適用金利が低くなりますので、大口の借入ではオススメ。
インターネットを利用すると、銀行窓口への来店不要で申込から契約、借入まで完結することもできます。
銀行カードローンでは珍しくテレビ窓口での契約も利用可能です。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン
金利年1.7%~17.8%
限度額最高800万円
  • 契約額が高額になるほど低金利で利用可能
  • 全国の提携ATM99,000台以上、借入・返済の手数料が無料
  • 1,000円単位の借入が可能

銀行カードローンの特徴である「高額契約になるに従い低金利」が顕著な商品です。
800万円コース(利用限度額700万円超800万円以下)では年利1.7%~4.8%と業界屈指の低金利で借入ができます。
申込から借入まですべてWEBで完結でき、来店不要で手続きが可能です。
全国の提携先ATM数は99,000台以上、基本的に終日手数料無料で借入と返済ができ、1,000円単位での小口借入にも対応していますので、少額だけ借りたいというときにも便利です。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン
金利年1.9%~14.5%
限度額最高800万円
  • 楽天グループの楽天銀行で安心
  • コンビニATM手数料が無料
  • 入会特典で楽天スーパーポイント1,000ポイントが付与

通販やプロ野球などで知名度の高い、楽天グループの楽天銀行が提供するカードローンです。
コンビニでのATM手数料が無料。基本的にインターネットでの利用でも手数料は発生しません。
楽天銀行の口座が無くても利用可能。
パソコンやスマホを利用して申込ができ、審査にさえ合格できればパートやアルバイトの方でも借入できます。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
金利年2.0%~14.0%
限度額最高800万円
  • 住宅ローン利用で、適用金利が年0.5%引き下げ(※引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%)
  • インターネットを利用してのWEB完結申込が可能
  • みずほ銀行ATM時間外手数料が無料に

三大メガバンクの一つである「みずほ銀行」のカードローンです。
最下限金利年2.0%は業界屈指、さらにみずほ銀行住宅ローンの利用で年0.5%適用金利が引き下げられます。
(※引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%)
WEB完結申込なら24時間申込受付可能、来店・郵送不要で契約から借入まで手続きが完結できます。
カードローンの利用で、みずほ銀行ATMの時間外手数料やみずほ銀行本支店宛の振込手数料が無料になるなど、みずほ銀行を取引行としている方、これから取引行として考えている方にはオススメです。

銀行カードローンは保証会社の審査がある

銀行カードローン申込み条件保証会社
三井住友銀行カードローン・20歳以上69歳以下
・安定した収入
SMBCコンシューマーファイナンス㈱
三菱UFJ銀行カードローン・年齢20歳以上65歳未満
・本人に安定した収入
アコム㈱
みずほ銀行カードローン・20歳以上66歳以下
・安定した収入
㈱オリエントコーポレーション
オリックス銀行カードローン・20歳以上69歳以下
・安定した収入
オリックス・クレジット㈱
または新生フィナンシャル㈱
大手消費者金融・20歳以上69歳以下
・安定した収入
なし

カードローンは申し込み条件がクリアできていなければ、契約申込みは受け付けられません。
年齢条件、収入条件は各社で大きな違いはなく「20歳以上であること」「安定した収入があること」が条件として一般的です。
例えば20歳以上であれば、学生であってもアルバイト収入があれば申し込みができますが、20歳以上であっても無職では収入がないため申し込みができません。

また、銀行カードローンの場合には、保証会社による保証を受けられることが絶対条件です。
銀行の審査に通っても、保証会社の審査に通らなければ契約できません。
消費者金融では保証会社の必要がなく、消費者金融がOKを出せば審査に通過します。

保証会社とは?
現在のカードローンで、担保や保証人が必要になることはほとんどありません。
しかし、銀行カードローンは、保証人の代わりとなる保証会社が設定されています。
保証会社が「保証する」としない限り審査に通ることはできません。
つまり保証会社も独自の審査を行うため、銀行の審査、保証会社の審査の2つが行われています。

「銀行カードローン」が向いている人は…
・低金利なカードローンで借りたい
・安心な金融機関で借りたい
・銀行口座を持っている

「地方銀行カードローン」は口座があれば優遇を受けられる可能性も

銀行カードローンはメガバンクのカードローンだけではありません。
地方銀行カードローンは営業地域に居住、または勤め先があることが条件となりますが、もし口座をお持ちの場合には金利や審査で優遇を受けられる可能性があります。
また、おまとめや他社借り換え目的での利用が可能なところも見られます。
大手銀行並みの融資スピードや利便性の高いカードローンもあるため、利用条件に合う方はチェックしておきましょう。

横浜銀行カードローン

金利年1.5%〜14.6%
限度額1,000万円
  • リボ払いや他のローンのおまとめにも利用可能
  • 専業主婦でも配偶者に十分な収入があれば利用可能
  • 毎月の最小返済額は2,000円から

横浜銀行カードローンは神奈川県・東京都内全域、群馬県内(前橋市、高崎市、桐生市)に居住または勤務している方が利用できるカードローンです。
地方銀行の中でも三大地方銀行に入る横浜銀行が提供するカードローンですので、融資スピードや借入条件が大手並みに良いのが特徴です。
またリボ払いやおまとめのほか、専業主婦(配偶者に安定した収入がある方)への融資も可能です。

千葉銀行ちばぎんカードローン

金利年1.4%〜14.8%
限度額10万円〜800万円
  • 派遣・パート・アルバイトの方も利用可能
  • 他の借入のおまとめにも利用可能
  • 毎月2,000円からの定額返済

ちばぎんカードローンは千葉県全域、茨城県全域、東京都、埼玉県、神奈川県(一部地域を除く)の営業地域内に居住または勤め先がある方が利用できるカードローンです。
他の借入のおまとめにも利用可能ですが、おまとめ目的のみで利用する場合にはフリーローンもあるため、そちらも検討してもいいかもしれません。

「地方銀行カードローン」が向いている人は…
・営業地域に居住または勤務先がある
・銀行口座を持っている
・おまとめや借り換えで利用したい
・専業主婦

「目的別ローン」は資金使途が決まっている場合さらに低金利

銀行でお金を借りられる方法はカードローンだけではありません。
銀行の特徴は、目的に合わせたさまざまなローン商品があることです。

  • 住宅ローン
  • 教育ローン
  • マイカーローン
  • 目的ローン(フリーローン)

これらの目的に合わせたローン商品は、メガバンクだけを比較することはできません。
なぜなら大きな金額の融資は、地方銀行もまた大きな強みを持っているからです。
ただし、地方銀行の場合、営業区域内に住まいか勤務先があることという条件がつくことが多く、地域限定のローンであることは少なくありません。

カードローンとフリーローン、目的別ローンの違いをチェック

カードローンは「融資限度額の範囲で自由にお金を借りられる」ローンであるのに対し、銀行フリーローンは「借入は一度だけであとは返済するのみ」のローンです。
フリーローンはカードローンと比べ、比較的大きな融資額を低金利で借りられます。
また、カードローンとフリーローンは資金使途が原則自由なのに対し、その他の目的別ローンは資金使途がそれぞれ決まっているのが大きな違いです。

カードローンフリーローン目的別ローン
当座貸越証書貸付証書貸付
資金使途原則自由原則自由
(事業性資金や投資資金は不可)
決まっている
追加融資限度額内で何度でも
繰り返し利用可能
不可不可
金利1.0%〜18.0%程度〜15%程度〜10%程度
融資スピード最短翌営業日〜1〜2週間程度
返済期間なし10年以内など
メリット利便性が高い確実に返済できる低金利で借りられる
デメリット金利が高い利便性が低い提出書類が多い
審査時間がかかる

住宅ローンの選び方

住宅ローンは金利ばかりに注目してはいけません。
長い年月をかけて返済する必要があるため、市場金利の変動を考えて選択しなくてはならないからです。
変動金利、固定金利、それぞれ種類があるため一概に「現在の金利が低いからお得」という選び方はできません。
また手数料にも注意しましょう。
融資手数料はもちろんのこと、繰上げ返済にかかる手数料も確認しましょう。

教育ローンの選び方

教育ローンは各銀行で用意されていますが、平成25年度から融資額が拡大された国の教育ローンも比較対象に入れておきたいものです。
また、銀行の教育ローンの場合、「学校に支払う費用」と「学校に支払う費用とそのほかの一定の範囲」など認められている条件が異なります。
しっかりと確認をしなくてはなりません。

マイカーローンの選び方

車を購入するとき、ディーラーに勧められたローンをそのまま利用するというケースは少なくありません。しかし、そのままでは大きな損をすることになりかねません。
メガバンク、インターネット専業銀行、地方銀行、さまざまにマイカーローンを用意しています。金利の違いばかりではなく、繰上げ返済ができるかどうか、その手数料はいくらなのかを必ず比較しましょう。

フリーローンの選び方

フリーローンは一般的に、カードローンよりも低金利での借り入れが可能です。
資金使途については多くの場合、事業性資金外は自由となっていますが、おまとめや借り換えには対応していないということもあります。どのような資金使途に対応しているのか、確認をしましょう。
また、繰上げ返済には基本的に高額な手数料がかかるため返済に自由があるとはいいがたくなっています。「金利」のほかに、「繰り上げ返済手数料」も比較した上で検討しましょう。

フリーローンの注意点
カードローンと比べ、フリーローンのほうが利息の負担が少なくてすむ、そういうイメージはあるでしょう。しかし比較しないままにフリーローンに決めてしまうと損をする恐れがあります。
目的が明確であっても、自由に返済を進められるカードローンのほうがよほどに利息を節約することができるからです。各銀行には返済シミュレーションが用意されています。どちらがお得になるのか、試してみるとよいでしょう。

「目的別ローン」が向いている人は…
・目的にあったローンがある
・カードローンよりも低金利で借りたい

「信用金庫」のカードローンは銀行カードローン並みに低金利

信用金庫は中小企業や地域住民のための地域金融機関です。
提供しているサービスは銀行とほとんど変わりませんが、銀行が営利組織であるのに対し、信用金庫は地域のための非営利組織です。

営業地域は一定の地域に限定されている中小企業ならびに地域住民のための専門金融機関です。大企業や、営業地域外の企業・個人には融資出来ないという制限がありますが、これは「地域で集めた資金を地域の中小企業と個人に還元することにより、地域社会の発展に寄与する」という信用金庫の設立目的を果たすためです。

城南信用金庫「信用金庫とは

「地域の資金を地域に還元することにより、地域社会の発展に寄与する」という信用金庫の設立目的のため、営業地域内に居住もしくは勤務先がないと利用できないという制限があります。

逆に言えば、こうした設立目的の金融機関のため、個人事業主やフリーランスの方でもお金を借りやすいと言えます。

信用金庫によってカードローンの貸付条件は異なりますが、一般的に金利は銀行カードローン並みかそれよりも低金利、限度額は銀行カードローン並みかそれよりも低めです。

信用金庫カードローン名称金利限度額
京都中央信用金庫京都中信
スマートカードローン
年3.0%〜14.5%10万円〜500万円
多摩信用金庫たましんカードローン年7.8%〜14.5%50万円〜300万円
大阪信用金庫DOカードローン年2.50%〜14.50%10万円〜1,000万円
尼崎信用金庫ウル虎カードローン年6.0%50万円〜100万円
東京東信用金庫ひがしんカードローン年9.00%〜14.5%〜100万円

ただし、即日融資には対応していません。契約完了後、カードは郵送になるため届くまで1週間程度かかるなど、急ぎの融資には向いていません。

また最近ではWEB完結で来店不要の信用金庫も増えましたが、来店契約が必要なところも少なくありませんので注意しましょう。

「信用金庫」のカードローンが向いている方は…
・信用金庫に口座をお持ちの方
・営業地域内に居住または勤務先がある方
・中小企業や個人事業主の方
・融資を急いでいない方

「ろうきん」は条件を満たせば誰でも低金利でお金を借りられる

労働金庫(ろうきん)は、労働組合や生協の働く仲間がお互いを助け合うために作った金融機関です。

ろうきんは、労働組合や生協などの会員が、お互いに助け合うために資金を出しあい、利用し合うことで運営。そこで生まれた利益を便利な商品やサービスとして利用者に還元しています。
→一般社団法人全国労働金庫協会「ろうきんとは」

ろうきんはカードローンの中でもトップクラスに低金利

株式会社であるため営利追求を目的としている銀行と比べ、ろうきんは営利を目的としていない金融機関であり、働くなかまの役に立つことを目的としています。
そのため、銀行よりも低金利での融資が可能となっています。

「労働組合の団体会員」や「生協組合員」、「一般勤労者」とで金利や限度額、資金使途に違いがありますが、一番金利が高い一般勤労者でもカードローン金利は年8.475%です。
これは資金使途自由なカードローンの中ではトップクラスの低金利と言えます。

団体会員の構成員の方生協会員の組合員および同一生計家族の方一般の勤労者の方
最大引下げ後金利年7.075%年7.255%年8.475%
提示金利年3.875%年4.055%年5.275%

中央ろうきんカードローン金利(2022年2月1日時点の金利)

ろうきんのカードローンを利用するには?

ろうきんは北海道から沖縄まで全国に13のろうきんがあり、それぞれで取り扱うローンの種類や金利には違いがあります。
ろうきんのカードローンを利用するには条件があります。中央ろうきんのカードローン(マイプラン)の場合をみてみましょう。

  • 中央労働金庫に出資している団体会員構成員
  • 中央労働金庫に出資している生協のうち、生協組合員融資制度を導入している生協組合員および同一生計家族の方
  • 関東1都7県に居住または勤めている一般勤労者

以上の方で、かつ次の条件に全て該当する方

  • 申込年齢が満18歳以上かつ契約時の年齢が満65歳未満
  • 同一勤務先に1年以上勤務している方(自営業者等の給与所得者以外は3年以上)
  • 安定継続した年収(前年税込年収)が150万円以上
  • 中央労働金庫所定の保証協会の保証を受けられる方

ポイントとなるのは、未成年でも18歳以上で親権者の同意があれば利用できるカードローンであるということです。
また、一定の条件を満たせば、となってはいますがクリアしているのであれば契約社員やパート、自営業者の方も利用できます。

デメリットとしては審査に時間がかかる点です。本審査完了までおよそ2週間、また口座開設や来店も必要で、さらにローンカードの到着まで1週間~2週間程度かかるため、急ぎの融資には向いていません。

「ろうきん」のカードローンが向いている方は…
・低金利なローンで借りたい
・団体会員の構成員である
・18歳以上で年収150万円以上など、利用条件を満たしている
・急ぎではない

「JAバンク」は組合員になればお金を借りれる

JAは、農業に携わる方を中心に全国に組織のある協同組合です。
そしてJAバンクは、JA(農業協同組合)と信連(信用農業協同組合連合会)と農林中金(農林中央金庫)で構成する金融事業になります。

JAバンクのローンは低金利

JAバンクには種類豊富なローン商品があり、また銀行と比べても低金利なのがポイントです。
さらにJAで給与振込や年金振り込み、公共料金の口座振替指定をしている場合など、適用条件を満たすことで金利を引き下げることができます。
JAネットローンはネットで24時間365日、気軽に仮申込ができます。一部JAでは来店不要の手続きが可能です。

JAネットローン金利限度額
マイカーローン年1.790%〜3.350%10万円〜500万円
教育ローン(証書貸付型)年2.00%〜3.50%10万円〜1,000万円
教育ローン(カード型)年3.350%10万円〜700万円
リフォームローン年1.80%〜2.80%10万円〜1,500万円
多目的ローン年2.65%〜3.65%10万円〜500万円
フリーローン年3.30%〜6.70%10万円〜500万円
カードローン年4.30%〜12.00%10万円〜500万円

JA東京スマイル「JAネットローン」2022年2月24日時点

JAバンクは地域によっても金利が異なりますので、最寄りのJAバンクの金利を確認しましょう。

JAバンクの利用条件は組合員であること

JAバンクというと農業従事者のみしか利用できないというイメージがありますが、確かにJAバンクでお金を借りる場合にはJA組合員になる必要があります。ただし、組合員ではない人でも、1,000円~10,000円の出資金を用意すれば准組合員として加入することができるのです。

  • 正組合員…農業を仕事にしている人(団体)
  • 准組合員…地域に住み農業以外の仕事をしている人が出資金を払いその他手続きをすることで加入可能

JAバンクは店舗によっては75歳まで融資可能

例えば、JA東京スマイル(足立区・葛飾区・江戸川区(一部江東区含む))の場合、以下のようになっています。

カードローン…満20歳以上70歳未満の方
フリーローン…満20歳以上75歳未満であり、最終償還時の年齢が満80歳未満の方
※いずれもJAネットローン

ほかに「継続して安定した収入のある方」とあるため、もちろん収入のない方は利用できませんが、他社が70歳未満に設定していることが多いなか、70歳以上の高齢者が融資を受けられるのが大きな特徴です。

「JAバンク」が向いている人は…
・低金利なローンで借りたい
・他の金融機関で借りれない高齢者
・給与振込や公共料金の口座振替でJAバンクを利用している

「LINEポケットマネー」はLINEだけでお金を借りられる

LINEポケットマネーはトークアプリ「LINE」で最大300万円までお金を借りることのできるサービスです。
必要なものはLINEだけで、申し込みから最短即日でLINE Payにお金が入ります。

金利限度額
3.0%〜18.0%300万円

LINEポケットマネーはLINE Payでお金を受け取れるため、普段からキャッシュレス決済を利用している若い方に非常に 人気があります。もちろん、銀行振込やコンビニATMで現金化も可能です。

2019年8月から開始したばかりの個人向けローンサービスですが、1年も経たないうちに月間新規申込者数が消費者金融大手のアコムを上回りました。

メッセージアプリのLINEが2019年8月から開始した個人向け融資サービス「LINEポケットマネー」は、緊急事態宣言が発令された20年4月から2カ月で24%総貸付残高を伸ばした。4月には、月間新規申込者数が3.9万人と、消費者金融大手・アコムの3.3万人を初めて上回った。

日本経済新聞「20~30代利用 コロナで脚光、LINEの信用スコア融資

また、初めての方なら新規契約日から最大100日間に支払った利息を後日キャッシュバック(諸条件あり)も受けられます。

「LINEポケットマネー」が向いている人は…
・LINEを使っている
・LINE Payを使っている
・手軽にお金を借りたい

PayPayの「お金を借りる」は銀行のなかでも無利息期間があって使いやすい

QRコードを使ってスマホで決済するサービスとして「PayPay」を利用したことがある人も多いのではないでしょうか?
じつはPayPayでは、スマホを利用して素早くお金を借入できる機能があります。

正確に言うと、PayPayミニアプリ「お金を借りる」を経由してPayPay銀行のカードローンに申し込むことができます。

金利限度額
1.59%〜18.0%50万円

こちらは銀行カードローンとしては珍しく、「初回借入日から30日間」の無利息期間が設定されているのが特徴です。
また、PayPayでミニアプリ「お金を借りる」経由でPayPay銀行カードローンを初めて契約するという場合には、100日間無利息となります。

アプリでもATMでも簡単に返済できるので、「できるだけ簡単に銀行から借りたい」という人に適しています。
ただし、PayPayユーザーであっても、PayPay銀行の口座がない場合には申し込みには口座開設が必要になります。

「PayPayお金を借りる」が向いている人は…
・PayPayユーザーの人
・PayPay銀行に口座を持っている人

「バンドルカード」はアプリをインストールですぐ使える

アプリをインストールするだけで最大5万円をチャージできるバンドルカードも狙い目です。
バンドルカードは年齢制限も審査もせずに誰でも作れるVisaプリペイドカード。一般的なプリペイドカードはお金を前払いでチャージしてから使いますが、バンドルカードには「ポチっとチャージ」という機能がついており、後払いを前提に最大で5万円までチャージが可能です。
支払い日は翌月の月末ですから、返済まで猶予があるのもお金がない人に向いています。
ただし、返済を忘れることも考えられるので、できるだけ早い段階で返済するのがおすすめです。

申込金額手数料
3,000円〜10,000円510円
11,000円〜20,000円815円
21,000円〜30,000円1,170円
31,000円〜40,000円1,525円
41,000円〜50,000円1,830円

バンドルカードで注意したいのは手数料です。
カードローンの金利などと比べて、手数料が割高になります。

また、利用の際は月をまたいで続けて申し込みができない点も注意が必要です。
利用金額は月ごとに計算されるため、ひと月に複数申し込みして合算金額を翌月末にまとめて支払うことは可能です。しかし、月をまたいで合算はできませんし、前の月に利用があれば、その分を支払いしなければ新たな申し込みはできません。

「バンドルカード」が向いている人は…
・審査なしでちょっとしたお金を借りたい
・すぐに返せる目処がある

「契約者貸付」は生命保険に加入していれば審査なしで即日の場合も

貯蓄性のある生命保険に加入していれば、契約者貸付を利用して借入することもできます。
終身保険や養老保険など一部の保険では解約した際に解約返戻金が支払われますが、この解約返戻金を担保に融資してもらえるのが契約者貸付です。

借金とは違い、積み立てたお金から融資を受ける仕組みのため審査がありません。そのため、無職の方でもお金を借りられます。貸付までは保険会社によりますが、当日中~数日程度での受け取りになります。

ログイン後、2分程度でお手続きが完了します。月~金の14:30までにお手続きいただいた場合、当日に着金いたします。

日本生命「契約貸付金のご利用・ご返済

Q:貸付金は、申し込んでから何日後に受け取れますか。
A:電話・ご契約者さまWEBサービス・メットライフ生命アプリでお申し込みの場合、最短で3営業日後に振り込みが可能です。
書面の場合は、必要書類すべてが弊社到着後、4営業日程度で振り込みが可能です。ただし、受付状況によって日数は変化しますので、あくまでも目安としてお考えください。

メットライフ生命「よくあるご質問|契約者貸付サービスについて

ご契約の途中で資金が必要となったときは、解約払戻金の所定の範囲内で、現金貸付をご利用いただけます。
(貸付金は、原則として、完備された必要書類を当社が受付けた当日または翌営業日に送金先口座へ着金するよう振込手配します。)

大同生命「契約者貸付制度(現金貸付)

契約者貸付で借入できる上限は解約返戻金の70~80%程度ですが、保険を解約しなくてもお金を手に入れられるのが強みです。
保険を解約すると解約返戻金をすべて受け取れますが、再加入した場合に年齢に応じて保険料が高くなります。
すでに大きな病気に罹患している場合、新しい保険に加入できないこともあります。

「契約者貸付」が向いている人は…
・解約返戻金のある保険に加入している
・生命保険を解約したくない
・審査なしで借りたい

「ゆうちょ銀行」に定期貯金があれば審査なしでお金を借りられる

ゆうちょ銀行の「貯金担保自動貸付け」は、通常貯金の残高が不足したときに不足分を自動的に借入できるサービスです。
自動貸付けを利用するには、担保定額貯金・担保定期貯金のいずれかの担保が必要です。
ゆうちょ銀行の総合口座で管理する担保定額貯金または担保定期貯金を担保にすることで、預け入れ金額の90%(最大300万円)まで借りることも可能です。

貸付担保貸付額の上限
貯金担保自動貸付担保定額貯金
担保定期貯金
預入金額の90%以内
※一冊の総合口座通帳につき300万円まで

融資ではなくそもそも担保がある貸付のため、郵便局での借入は審査なしです。

☆ゆうちょ銀行でお金を借りる方法は「貯金担保自動貸付」だけに
ゆうちょ銀行では以前は「財産形成貯金担保貸付」や「国際等担保自動貸付」といった貸付がありましたが、現在では新規申込受付終了しています。

「ゆうちょ銀行」でお金を借りるのが向いている方は…
・総合口座に預け入れられる担保定額貯金または担保定期貯金がある
・定期貯金は解約したくない
・審査なしで借りたい

「親や友人から借りる」と審査なし…一つの選択肢に

どこからもお金が借りられないという場合には、金融機関のサービスを利用せず、親や友人から借りることも選択肢に入れましょう。
個人的に借りるのであれば利息もかかりませんし、返済日も相談できます。
ただ、「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉もあるように、返済遅れは厳禁です。
信用情報機関に記録されないとしても、今まで積み重ねてきた家族・友人間の信用を失うことにつながります。

お金を借りる言い訳はどうしたらいい?

お金を借りる際には嘘をつかずに正直に理由を述べたほうがいいです。
理由も話さずただ「貸してくれ」では、「何か言えないようなトラブルが起こったのでは?」と不安にさせてしまいます。
できれば直接口頭で、また返済についてもしっかり伝えましょう。

110万円を超えると贈与税の対象に

親から年間で110万円を超えた場合、贈与税の課税対象になります。
贈与税は1年間にもらった合計額にかかる税金のため、110万円以上借りた場合に基礎控除額の110万円を超えた分に対してかかります。

ただし、110万円を超える場合でも贈与税の対象にならないケースもあります。

・父母などからの結婚・子育て資金の一括贈与…1,000万円まで
・祖父母などからの教育資金の一括贈与…1,500万円まで

贈与税の対象とならないためには、1年間にもらう金額が110万円を超えなければ良いわけです。
そのため、一度に300万円もらうのではなく、毎年100万円ずつに分けるなどすれば税金はかかりません。

☆借用書を作成することで、貸借の証拠となるため贈与税が発生しなくなります。
借用書作成の際には1.0%でもいいので金利を設定し、返済条件をしっかり記載しましょう。
借用書はトラブルを避けるためにも、きちんと効力のあるものを作成しましょう。

「親や友人から借りる」のが向いている方は…
・どこからもお金を借りられない

「質屋」ならブラックでも審査なし即日融資が可能

質屋では、商品(質草)を預けることで質草に見合う価値のお金を貸してもらうこともできます。
貸してくれる金額は預ける商品の価値次第なので、本人の信用は関係ありません。
仮にブラック認定されていて消費者金融で借入できない人でも、質屋では商品次第で審査なし即日融資を受けられます。商品さえあれば、大手消費者金融並みのスピードでお金を借りることができるのです。

商品を放棄すれば返済の必要もありませんが、借りられる額は買取価格の7~8割程度ですので、普通に買取してもらうよりも損してしまいますから注意が必要です。

また、質草を取り戻すには年109.5%という割高な利息を支払う必要があります。
これは消費者金融などと比べてもかなり高金利ですので、質屋でお金を借りる場合には少額を短期で借りるのがおすすめです。

「質屋」でお金を借りるのが向いている人は…
・質草になる商品を持っている
・質草を手放したくない
・急ぎでお金が必要
・審査なしで借りたい
・少額で短期間だけ借りたい

「駅」で電車賃が足りなくなってもお金を借りられない?

駅でお金が足りなくなった、お財布を忘れたことに気がついた、ICカードの残高が足りない…などの理由から電車に乗れない時には、駅でお金を借りることが可能です。

着駅清算は電車に乗った後の電車賃を後日払いできる

電車に乗った後、目的地の駅窓口でお金が足りないことを説明し、「支払猶予願い書」という誓約書を記入することで、足りない分の電車賃を後日払いすることができます。
着駅清算が可能なのは、あくまでも電車に乗った後、目的地までの電車賃が不足している場合です。
電車に乗る前に着駅清算を利用することはできません。
最低でも、隣駅までの一駅分の電車賃は必要だということです。
電車に乗った後に切符や定期を失くしてしまった場合など、困ったときにはひとまず駅員に相談してみましょう。

Suicaがあれば、デポジットの払い戻しができる

Suicaを購入した際には、必ず預かり金(デポジット)として500円を支払っています。
そのためSuicaはあるけど現金がない、という場合にはこのデポジットを払い戻すことができます。

JR東日本 Suica「払いもどし」

払い戻しはチャージ残高から手数料220円を差し引いた金額に、預かり金である500円を加えて返金になります。
もしチャージ残高が220円以下の場合には、預かり金500円のみの返金になります。
Suica定期券の場合には、定期券部分も払い戻しになります。また払い戻しの際は公的証明書(免許証等)が必要になります。
駅でお金を借りる前に、Suicaを持っているという人はこの方法を検討してみてください。

パート収入がある主婦は大手カードローンも可能

同じ主婦でも、アルバイトやパートで自身に安定した一定の収入がある人は、アコムやアイフルなど大手カードローンでお金を借りることができます。即日融資も可能です。

「交番」でお金を借りられる公衆接遇弁償費

紛失や盗難によってお財布を亡くしてしまった場合など、警察から公衆接遇弁償費として1,000円を上限にお金を借りることができます。
この公衆接遇弁償費は全国で導入されている制度ではなく、都道府県によって取り扱いがあるところとそうでないところがあり、また名称も多少違いがあります。
やむをえない状況でのみ利用が可能で、お金を貸すかどうかは警察官が判断するため、金融機関の審査はもちろんありません。

パート収入がある主婦は大手カードローンも可能

同じ主婦でも、アルバイトやパートで自身に安定した一定の収入がある人は、アコムやアイフルなど大手カードローンでお金を借りることができます。即日融資も可能です。

「中小消費者金融」は既に借金があって大手の審査に通らない人にも

大手消費者金融や銀行カードローンの場合、複数他社借入があると審査に通るのが難しくなります。
一方、中小消費者金融の場合、他社借入が3、4社程度あっても借入可能です。

当社以外の消費者金融を含め、年収の1/3までお借入が可能です。
(また、当社では、過度の借入から消費者の皆様を守るため、他社でのお借入は4社以内の方が対象です。)
キャッシングのフタバ「お申込み

これは中小の審査が甘いということではありません。
中小消費者金融は規模も小さく大手ほどの知名度がないため、新規顧客獲得のために他社借入の敷居を下げているのです。
こうした独自基準の審査により、大手のコンピューターによる自動審査で自動的に審査落ちしてしまう他社借入件数があったとしても、来店審査や提出書類などから「返済能力がある」と判断されれば融資が可能になる場合があります。
もちろん、貸したお金はきちんと返済してもらわなければ経営が成り立ちませんので、滞納や自己破産などの履歴があれば中小消費者金融でも審査に通るのは難しくなってきます。

金利限度額
セントラル4.80%〜18.0%1〜300万円
ベルーナノーティス4.5%〜18.0%1〜300万円
キャネット15.0%〜20.0%300万円
フクホー7.30%〜20.00%5〜200万円
フタバ14.959%〜19.945%1〜50万円
アロー15.00%〜19.94%200万円
エイワ17.9507%〜19.9436%1〜50万円

中小消費者金融でお金を借りる際には次の2通りの貸付方法があります。

当座貸越(カードローンタイプ)…大手のようにローンカードを発行して限度額内で何度でも借入可能
証書貸付(都度来店方式)…フリーローンのように1回の契約につき融資も1回だけ

「中小消費者金融」が向いている人は…
・大手で審査に落ちた
・他社借入件数が多いが延滞はしていない

「おまとめローン」は複数借入がある人が対象

借入件数が複数ある場合には、おまとめローンで借金の1本化ができます。
おまとめローンは総量規制の例外貸付に該当するため、年収の3分の1以上の借入も可能です。

商品名金利限度額資金使途
アイフルおまとめMAX3.0%〜17.5%1万円〜800万円当社及び他社
借入金の借換え
アコム貸金業方に基づく
借換え専用ローン
7.7%〜18.0%1万円〜300万円貸金業者債務の借換え
プロミスおまとめローン6.3%〜17.8%300万円他の貸金業者からの
借入金返済に限ります。

例えばプロミスで50万円、アコムで50万円借りているという場合、アイフルのおまとめローンを利用することで合計100万円のローンにおまとめすることができます。
おまとめすることで、次のようなメリットがあります。

おまとめローンは貸金業者のほかに、銀行などの金融機関でも取り扱いがありますし、銀行カードローンでおまとめ利用できる場合もあります。

おまとめローンのメリット

・金利が今よりも低くなる
・1社にまとめることで毎月の返済が1回になる
・毎月の返済額を抑えることができる

おまとめして一本化した借入は高額になります。そして借入が高額になるほど、適用金利は低くなります。
例を使って、おまとめすることでどのくらい違いが出るのかみてみましょう。

借入額返済回数毎月返済額利息総額
プロミス50万円36回18,026円148,918円
アコム50万円36回18,076円150,721円
合計100万円36,102円299,639円
アイフルおまとめMAX100万円36回35,000円244,033円

50万円ずつを100万円でおまとめすることで、利息は17.8%~18%だったのが15%に、毎月返済額は1,000円ほど減り、利息総額は5万円ほど少なくなりました。
今回は同じ返済回数でシミュレーションしましたが、返済回数をもっと増やすことで毎月返済額を減らすことができます。ただしその場合、返済期間が長引きますので最終的な利息総額および返済総額はおまとめ前より増える可能性がありますので注意が必要です。

おまとめローンのデメリット

・審査が厳しい
・返済総額が増える可能性
・金利がそれほど下がらないことも

おまとめローンは複数ある借入をまとめ、大きな額を融資するローンですから、金融機関側にとっても貸し倒れになるリスクの高い商品です。そのため、借入件数が多すぎたり返済の遅れがあったりすると、審査に通るのが難しくなります。
また、メリットの最後で解説したように、おまとめすることで返済期間が長くなった場合には、その分支払う利息も返済総額も増えます。
金利については、貸金業者のおまとめローンを利用する場合には、貸金業法で次のように定められています。

総量規制の「例外貸付け」に該当する「借換え」であるための条件
(一部・概要)

(1)借換えの対象となる債務は、貸金業者からの借入債務全般。銀行からの借入債務や、親族・知人などからの借入債務は対象になりません。
(2)「借換え後」の金利が、借換え前の金利を上回らない。
(3)返済方法は、約定に基づく返済により段階的に残高を減らしていくことを要件とする。
(4)1か月の負担額について、借換え後の負担額が、借換え前の負担額を上回らない。
(5)担保・保証に係る要件について、借換え後の条件が、借換え前の条件より厳しくならない。
日本貸金業協会 貸金業法について「総量規制が適用されない場合について

以上から、貸金業者のおまとめローンでおまとめした場合には、借換後は金利が下がることが法的に定められているということです。また、利息制限法でも次のように定められています。

10万円未満…上限年20%
10万円~100万円未満…上限年18%
100万円以上…上限年15%

つまり、貸金業者でおまとめをする場合には、今の金利を上回らないし、まとめた額が100万円以上なら15%以下になるということになります。
ただし、もともと低めの金利で借りていた場合などは、おまとめしてもあまり金利が変わらないことがあるかもしれません。

「おまとめローン」が向いている人は…
・複数の借入がある
・金利の高い借入が複数ある
・毎月の複数の返済が現在負担になっている

「生活サポート基金 」は債務整理後の生活再生のためにも利用できる

カードローンなどは原則として収入がないと利用できません。
でも「収入もないしローンの審査にも通らないけどお金が必要」という人もいるでしょう。

生活サポート基金は、借金で困窮している人などに支援する目的で運営している社団法人です。
生活サポート基金を利用することで、金融ブラックの人でも融資を受けられる可能性があります。
融資よりも自立に重きを置いているので、「今のままの生活から抜け出したい」と思っている人にはおすすめです。

金利限度額返済期間
生活再生ローン年12.5%以内要望に合わせて1ヶ月〜120ヶ月

貸付の内容は以下の通りです。

・消費者金融からの借金の整理資金
・諸事情により税金、公共料金、家賃などを滞納した場合の整理資金
・信用情報に傷があるなどで金融機関から借りられないときの生活資金
・債務整理後、生活再建できるよう自立支援のための資金
・一時的な生活資金
・不動産の競売や給与差し押さえでも生活再建が見込める場合の再建資金

「生活サポート基金」が向いている人は…
・債務整理の資金が用意できない
・どこからも借りられない
・生活再建のためのお金を借りたい

「国や市役所」の公的融資制度は低収入や失業中の無職の人でも利用できる

収入が少なく生活に困窮している世帯や高齢者世帯は、国の融資を受けることもできます。

生活福祉資金貸付制度はどこからもお金を借りられない人にも

生活福祉資金貸付制度は以下のような制度です。

「生活福祉資金貸付制度」は、低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉および社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度です。
社会福祉法人全国社会福祉協議会「生活福祉資金

貸付対象となるのは、

・低所得世帯
・障害者世帯
・高齢者世帯

であり、無利子~低金利で融資可能です。また、資金使途に合わせ、4種類の貸付があります。

総合支援資金生活再建までに必要な生活支援費、住居入居費、一時生活再建費
福祉資金福祉用具の購入や介護サービスを受けるために必要な経費など
緊急かつ一時的に生計が困難なときの少額の費用
教育支援資金低所得世帯の入学・就学に必要な資金
不動産担保型生活資金高齢者世帯の居住用不動産を担保にした生活資金貸付

緊急小口資金

緊急小口資金は「緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸し付ける制度」のことです。
融資金額は10万円以内と少額ですが、貸付利子なしで借入出来るのがメリットです。
保証人も不要なため、困ったときの一時的な借入先として検討しやすいでしょう。

総合支援資金

総合支援資金は緊急小口資金と同じく、生活福祉資金貸付け制度の1つです。

・生活支援費
・住宅入居費
・一時生活再建費

上記の3つに分かれており、状況によって申し込む内容を切り替えることができます。
たとえば一時生活再建費では「生活を再建するために一時的に必要かつ日常生活費で賄うことが困難である費用」など60万円を上限に借入できます。
保証人ありなら無利子ですが、保証人なしでも年1.5%と格安の利子で借り入れ可能です。

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度はひとり親世帯が対象

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度は、20歳未満のこどもを不要しているひとり親、寡婦等にむけた貸付です。
借入の種類は生活資金のほか、就学支度の資金や結婚資金など、さまざまな資金使途のものが用意されています。

資金の種類内容限度額
事業開始資金事業を始めるのに必要な購入資金303万円
事業継続資金現在の事業を続けるのに必要な購入資金152万円
技能習得資金親が就業するために必要な知識技能を得るための資金月額68,000円
運転免許46万円
修業資金子が就業するため必要な知識技能を得るための資金月額68,000円
就職支度資金就職に必要な服や靴、通勤用自動車等の購入資金10万円
医療介護資金医療または介護を受けるのに必要な資金医療…34万円
介護…50万円
生活資金生活を安定・継続するのに必要な生活補給資金月額…105,000円
住宅資金住宅を建設、購入、補修等するのに必要な資金150万円
転宅資金引越しするために住宅の貸借に際して必要な資金26万円
結婚資金子供の結婚資金30万円
修学資金就学させるための授業料などの必要な資金高校…月額52,200円
大学…月額146,000円 など
就学支度資金就学、修業するために必要な服等の購入資金小学校…64,300円
中学校…81,000円
市立大学…59万円 など

求職者支援資金融資は無職の人でも受けられる

求職者支援資金融資は、求職者支援制度で職業訓練受講給付金を受給予定の方を対象とした貸付制度です。
金融機関の審査に通るのが難しい無職の方でもお金を借りることができます。

失業中でハローワークの職業訓練を受けている人は、職業訓練受講給付金が毎月10万円支給されますが、それだけでは生活が苦しい場合にこの融資を受けることができます。

金利貸付額
求職者支援資金融資制度年3.0%月額5万円または
10万円×受講予定訓練月数

利用には次の2つの要件をどちらも満たしている必要があります。

・職業訓練受講給付金の支給決定を受けている
・ハローワークで求職者支援資金融資要件確認書の交付を受けている

借りられる額は5~10万円と多くはありませんが、訓練受講中は毎月融資を受けられます。

教育一般貸付(国の教育ローン)は利用に世帯収入の上限がある

教育一般貸付(国の教育ローン)は上限350万円までですが固定金利年1.65%(2022年2月現在)と、低金利なのが魅力のローンです。都市銀行の教育ローンの金利が2~4%程度と考えると、非常に低金利なことがわかります。

金利限度額返済期間
固定金利1.65%
(2022年2月時点)
350万円
(一定の要件該当で450万円)
最長15年

また、民間の教育ローンと比べ、以下の場合には金利の低減や返済期間の延長といった優遇制度の利用も可能です。

・母子家庭・父子家庭
・交通遺児家庭
・子供3人以上の一部世帯
・世帯年収200万円以下

民間の教育ローンと比べて、入金までに最短でも20日程度と時間がかかることや、原則連帯保証人が必要な点はややデメリットですが、低金利でかつ固定金利のローンである点は大きなメリットです。

また、利用にあたり世帯年収(所得)の上限があります。

・子供1人…790万円(600万円)
・子供2人…890万円(690万円)
・子供3人…990万円(790万円)

逆に言えば、上限は定められているものの下限は定められていません。世帯年収200万円以下の優遇制度があるように、年収が低くくても申し込めるのは大きなメリットです。

【学生・未成年】がお金を借りる方法は限られている

金融機関でお金を借りる際には申込年齢が20歳以上で安定した収入があることが必要です。
そのため、20歳以上でアルバイトによる安定した一定の収入があればカードローンでお金を借りることは可能です。

未成年は社会人でもお金を借りるのが難しかったが…?

これまで20歳未満の未成年は、仮に社会人として収入があっても金融機関でお金を借りることは難しいと言われていました。
お金を借りる最も一般的な方法である、消費者金融のカードローンや銀行カードローンは20歳以上を貸付対象としているからです。

しかし、2022年4月より、法改正によって成年年齢が18歳に引き下げられます。

成年年齢を18歳に引き下げることを内容とする「民法の一部を改正する法律」は,2022年4月1日から施行されます。

法務省:民法(成年年齢関係)改正 Q&A

これにより、これまで未成年のためにできなかったローン契約等もできるようになるため、お金を借りる選択肢が増えるのでは…?と思われましたが、大手銀行カードローンは20歳以上という現在の条件を維持する方針になりました。

成人の年齢が20歳以上から18歳以上となる改正民法の施行を今年4月に控えるなか、大手銀行は親の同意がなくてもカードローンを利用できる緩和策を見送る方針を決めた。成人とはいえ生活基盤が不十分で、返済能力を上回る貸し付けにつながる懸念を考慮したためだ。地方銀行も利用者保護の観点から大手行に追随する構えをみせている。

日本経済新聞:18歳からカードローン、大手銀行は見送り 民法改正でも

では消費者金融のカードローンはどうか?というと、日本貸金業協会では次のような対応となったようです。

成年年齢引下げを踏まえた対応について
1. 若年者への貸付けの契約を締結しようとする場合は、貸付額にかかわらず、収入の状況を示す書類の提出又は提供を受けてこれを確認するものとする。
2. 若年者への貸付けの契約を締結しようとする場合は、資金使途を確認するとともに、名義の貸借やマルチ商法等について注意喚起を行い、不自然な点が見受けられる場合には聴き取りを行う等、より慎重な調査を行うものとする。
3. 成年年齢が引き下げられた旨の表現内容を用いる等、ことさら若年者を対象にした広告・勧誘を行わないものとする。

日本貸金業協会「成年年齢引下げを踏まえた対応について」より抜粋

つまり簡単にまとめると、成年年齢は2022年4月から上がるものの、

銀行カードローン
消費者金融
  • 大手の申込年齢は現在の20歳以上を維持
  • 18歳以上で借りられるようになるが貸付額にかかわらず収入証明書類の提出が必要
  • 資金使途を確認し、不自然な点はないかより慎重な審査
  • 「18歳から借りられます!」といった宣伝をしない

このように対応が分かれる、ということのようです。

学生なら「学生ローン」が利用しやすい

学生ローンは文字通り学生を対象としているので、年収が低い学生でも融資を受けやすいのがメリットです。借入金額は最大でも50万円程度と多くありませんが、逆に言えば無理のない金額を毎月返済できるということでもあります。

ただし、大手の消費者金融より規模が小さいので、融資や返済の利便性が低いという欠点もあります。未成年の学生であっても、一部の学生ローンを利用できます。ただし、利用には親の同意書が必要になります。

金利限度額年齢
フレンド田(デン)12.00%~17.00%1万円~50万円高卒以上の大学生、短大生、専門学生、予備校生の方で、必要書類をご提示いただける方、及び、安定した収入のある方
カレッヂ17.00%千円~50万円
※未成年者(18才・19歳)の方は、10万円まで
日本国籍の方で、高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学校生の方。
安定した収入のある方

【専業主婦】は一部の銀行カードローンなら利用できる

収入がない専業主婦の場合、基本的にカードローンの融資を受けることはできません。
一般的に「本人に安定した収入があること」がカードローンの申込条件だからです。
ただし、

  • 配偶者貸付を利用できる消費者金融
  • 一部の銀行カードローン

であれば専業主婦でも利用できます。

配偶者の同意を得る必要がありますが、借入本人と配偶者の収入を合算して、その3分の1までの借入れを可能とする「配偶者貸付」という総量規制の「例外」制度があります。
①配偶者の収入を証明する書類
②夫婦間の身分関係を証明する公的書類(住民票・戸籍抄本など)
③配偶者貸付を締結することについての配偶者の同意書
④指定信用情報機関への信用情報の提供などに関する配偶者の同意書を提出することが必要です。

総量規制が適用されない場合について【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会

配偶者貸付とは、本人と配偶者の合算年収の3分の1まで借入が認められる、貸金業法に定められた総量規制の例外貸付の一つです。配偶者の収入を頼ることで、専業主婦でも融資を受けられます。

ただし、配偶者の同意が必要です。配偶者に内緒で借りることはできません。また、配偶者貸付を行っている消費者金融はごく一部で、大手の消費者金融は行っていません。

一方、銀行カードローンの場合には貸金業法下にはありませんが、専業主婦への貸付の対応は銀行によって異なります。

カードローン専業主婦への貸付
アイフル×
アコム×
プロミス×
SMBCモビット×
レイクALSA×
三井住友銀行カードローン×
三菱UFJ銀行カードローン×
みずほ銀行カードローン×
りそな銀行カードローン×

上の表のように、大手のカードローンは消費者金融でも銀行でも専業主婦への貸付を行っていませんが、以下のカードローンは専業主婦でも申込可能です。

金融機関カードローン金利限度額
楽天銀行楽天銀行スーパーローン年1.9%〜14.5%50万円
イオン銀行イオン銀行カードローン年3.8%〜13.8%50万円
PayPay銀行PayPay銀行カードローン年1.59%〜18.0%最大1,000万円
横浜銀行横浜銀行カードローン年1.5%〜14.6%10万円〜1,000万円
西日本シティ銀行NBCキャッシュエース年13.0%〜14.95%50万円
株式会社サンステージベルーナノーティス年4.5%〜18.0%1万円〜300万円

そのほか、地方銀行で取り扱いがあるところもまだまだあります。お近くの地方銀行カードローンで融資が可能かどうか確認してみましょう。

パート収入がある主婦は大手カードローンも可能

同じ主婦でも、アルバイトやパートで自身に安定した一定の収入がある人は、アコムやアイフルなど大手カードローンでお金を借りることができます。即日融資も可能です。

【公務員】は共済貸付が利用できる

公務員の場合には福利厚生の一環として、共済組合の貸付制度を利用することができます。

組合職業
国家公務員共済組合国家公務員
所属する省庁により異なる
地方職員共済組合道府県の職員など
東京都職員共済組合東京都職員
市町村職員共済組合市町村の職員
都市職員共済組合市町村職員共済組合に加盟していない一部の指定都市
(仙台市、愛知県の一部の市、北海道の一部の市)の職員
公立学校共済組合公立学校の教職員、教育委員会職員など
警察共済組合警察官、警察職員、警察庁職員、皇宮護衛官

共済組合制度は、相互救済によって組合員およびその家族の生活の安定などを目的として設けられているものです。金融機関ではないため審査の際は信用情報機関への照会などもなく、総量規制の対象にもなりません。

給与や退職金を担保とした貸付になるため審査は厳しくなく、また非常に低金利で借りることができます。貸付の種類も多く、幅広い目的でお金を借りることができます。

貸付の種類貸付事由金利限度額
普通貸付自動車や家電などを購入する資金が必要年1.26%給料月額の6ヶ月分
(限度額200万円)
住宅貸付住宅を新築または改築する資金が必要年1.26%給料月額と組合員期間により決定
(限度額1,800万円)
一般災害貸付災害による家財等への損害を受け資金が必要年0.93%給料月額の6ヶ月分
(限度額200万円)
住宅災害新規貸付災害による住宅への損害で資金が必要年0.93%給料月額と組合員期間により決定
(限度額1,800万円)
住宅災害再貸付住宅貸付または住宅災害新規貸付を受けた
上で、災害による住宅への損害で資金が必要
年0.93%給料月額と組合員期間により決定
(限度額1,900万円)
医療貸付組合員または被扶養者の療養により資金が必要年1.26%給料月額の6ヶ月分
(限度額100万円)
入学貸付組合員または被扶養者の進学により資金が必要年1.26%給料月額の6ヶ月分
(限度額200万円)
修学貸付組合員または被扶養者の修学により資金が必要年1.26%一月につき15万円の範囲内
結婚資金組合員または被扶養者、子、孫、兄弟姉妹の結婚
により資金が必要
年1.26%給料月額の6ヶ月分
(限度額200万円)
葬祭貸付被扶養者または配偶者、子、父母、兄弟姉妹、
配偶者の父母の葬祭により資金が必要
年1.26%給料月額の6ヶ月分
(限度額200万円)
高額医療貸付組合員または被扶養者の、高額療養費の支給対象
となる療養にかかる支払いのために資金が必要
無利息高額療養費相当額の範囲内
出産貸付組合員または被扶養者の出産により資金が必要無利息出産費相当額の範囲内

ただし、共済組合貸付はそれぞれ貸付事由が定められているため、これらに当てはまらない事由の場合には資金使途事由のカードローンのほうが使い勝手が良い場合もあります。

【年金受給者】は公的融資や不動産を担保にお金を借りる

年金受給者がお金を借りる方法として年金担保貸付がありましたが、令和4年3月末で申込受付が終了になります。

年金担保貸付制度・労災年金担保貸付制度については、令和2年の年金制度の法律改正により、令和4年3月末で申込受付を終了することが決定しました。

独立行政法人福祉医療機構:年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業

そのため、それ以降で年金受給者がお金を借りる方法は以下の通りになります。

  • 生活福祉資金貸付制度
  • 不動産担保ローン

年金受給者向けローンは違法?

実は年金を担保にした融資は、今回終了してしまう年金担保貸付制度以外は違法になります。

年金担保貸付制度は平成22年12月の閣議決定により、事業の廃止が決定され、令和2年の年金制度改正において、関係法律の改正が行われました。
※年金担保貸付制度は、令和4年3月末で新規申込の受付を終了します。
令和4年4月以降に、年金受給権を担保とした金銭の借入申込を受けるものは、例外なく全て、違法な年金担保融資となります。

厚生労働省「違法な年金担保融資にご注意ください」

具体的にはどういったものかというと、

  • 広告で年金受給者の借入意欲をそそるような表示
  • 年金の振り込み口座から融資の返済を受けることを目的とし、年金証書や預金通帳などの引き渡しを求めてきたり、年金の振り込み口座からの自動振替をさせる行為

こうした行為は貸金業法により禁止されています。
しかし逆に言えば、年金を受け取る年齢であっても、収入が年金だけでなければいいとも言えます。

年金受給者であっても、アルバイトや自営業をしていて70歳未満の場合にはカードローンによっては申込条件範囲内になります。

年齢制限年金受給者に関する記述
アイフル69歳まで無職や年金のみの場合はご契約いただけません。
お仕事(パート・アルバイト可)をはじめられた後、お申込みいただけます。
アコム69歳未満年金以外に安定した収入と返済能力を有する方で、
当社基準を満たす方であればご契約いただけます。
プロミス69歳以下記載なし
SMBCモビット69歳記載なし
レイクALSA70歳収入が年金のみの方でもお申込みいただけます。
年金の受給金額が確認できる、年金証書・年金振込(支払い)通知書・
公的年金等の源泉徴収票のいずれか一点をご用意ください。
ご契約には所定の審査があります。
ベルーナノーティス80歳まで年金受給者でもご契約可能です。
ご契約にあたりましては審査がございます。
三井住友カード
カードローン
69歳以下Q. 年金受給者でもカードは申し込めますか?
A. はい、お申し込みいただけます。
※カード発行に際しましては所定の審査がございます。あらかじめご了承ください。
三井住友銀行
カードローン
満69歳以下記載なし
三菱UFJ銀行
カードローン
バンクイック
65歳未満Q. 収入が年金のみですが申し込みできますか?
A. お申し込みいただけます。原則安定した収入がある方であれば、お申し込みいただけます。
みずほ銀行
カードローン
満66歳未満記載なし
オリックス銀行
カードローン
69歳未満Q. 〔カードローン〕収入が年金のみですが、申し込みできますか?
A. 収入が年金のみの方も申し込み可能です。
じぶん銀行
カードローン
70歳未満Q. 【じぶんローン】現在の収入は年金だけですが、申込みはできますか?
A. お申込みいただけます。ただし、当行所定の審査結果によってご要望に沿いかねる場合があります。

こうしてみていただくと、年金のみでも申込は可能とするカードローンはいくつかあることがわかります。

ただし、申し込みは可能でも、融資の可否は審査結果によります。高齢であることはカードローン会社から見ればリスク要因であり、つまり審査は厳しい可能性があります。

年金受給者でも問題なく受けられるのは公的融資制度

生活福祉資金貸付制度は低所得者だけでなく、高齢者も融資を受けられる制度です。

公的融資制度は融資までに時間がかかる印象がありますが、緊急小口資金は緊急に生計維持が困難になりお金が必要になったときに使える融資で、融資の実行まで概ね1週間~10日程度と言われています。

不動産を持っている人は不動産担保ローンも

担保となる家や土地がある場合には、金融機関で取り扱いのある不動産担保ローンを利用するのもいいでしょう。
担保があるため、通常のカードローンなどと比べると低い金利でお金を借りることができます。

金融機関ローン名称金利限度額
三井住友銀行フリーローン(有担保型)年2.775%〜2.975%50万円以上1億円以内
楽天銀行楽天銀行不動産担保ローン年0.75%〜9.51%100万円以上1億円以内
オリックス銀行不動産担保ローン年3.30%〜3.675%1,000万円以上1億円以内

【個人事業主】が事業資金を調達するなら日本政策金融公庫

生活用の資金であれば、個人事業主も利用できるカードローンはありますが、事業の運転資金となればビジネスローンを利用する必要があります。

ただし、事業性融資で大きな金額を借りるとなれば、申込みから契約までに相当な時間がかかります。即日融資と言う訳にはいかず、1ヶ月から3ヶ月は時間が掛かることも少なくありません。

個人事業主に大きな力を貸してくれる銀行は、実はメガバンクよりも地元の地方銀行です。メガバンクも個人事業主が利用できる融資を用意しているものの、地域のパイプを強く持ちたい地方銀行、信用金庫ほど真剣に対応してくれないのが現状です。

個人事業主が銀行融資を受ける際に抑えるポイント

①必要な金額を明確にする

「借りられるだけ借りたい」のが正直なところかもしれませんが、「必要な金額」と「返済計画」を明確にしましょう。
事業計画がしっかりと立てられているか?が確認されますので、事業計画書の提出が求められることもあります。
融資を受けてから事業計画を考えるのではなく、事業計画を立てて融資の申し込みをすることです。

②必要な書類は事前に用意

印鑑証明書類や住民票など用意が負担にならない書類もありますが、過去の決算書、売上表、資金繰り表なども必要になります。
各銀行の公式サイトに必要書類が明示されていますので、事前に確認しましょう。
銀行は1ヶ月の収支合計額が知りたいだけではありません。
毎日の収支の内訳も細かにチェックし、不明瞭な点があれば確認されることとなります。

③融資が必要な理由も明確に

「ひどい赤字になってしまった」「集金漏れがあった」等が原因の場合は融資の理由にはなりません。
なぜなら銀行側にとって返済の確約が非常に低い理由だからです。
なぜ融資が必要になり、融資を活用してどのように収益を上げ、そして返済の財源は何になるのかを明確にします。

④担保・保証人の確保

個人事業主向けの融資でも、保証人不要というケースが一般的となってきました。
しかし、返済を確実に行うことは大前提なので、返済ができなくなったときの対処法を提示できると融資の審査には強みになります。
保証人でなくてもかまいませんので、担保になる不動産、動産があればそれを利用しましょう。

⑤紹介が強みを出す

銀行の特徴として「貸してください」という、個人事業主には貸さない傾向が強いとされ、一方で銀行から「借りてください」と打診があったときには審査に通りやすい傾向があります。
弁護士、司法書士などの法律の専門家に銀行を紹介してもらうのは、審査への強みになるといわれています。
また、実際に銀行融資を利用して返済を確実に行っていて、返済歴が複数年を超える個人事業主の方の紹介もまた強い傾向があります。

ビジネスローンは融資スピードが速い

銀行のほか、クレジットカード会社、消費者金融などでも取り扱いがあるビジネスローン。
その名のとおり、事業性資金に利用ができる融資です。

金融機関ローン名称金利限度額
アイフル事業サポートプラン
個人プラン
年3.0%〜18.0%1万円〜500万円
アコムビジネスサポート
カードローン
年12.0%〜18.0%1万円〜300万円
プロミス自営者カードローン年6.3%〜17.8%300万円まで
アイフルビジネス
ファイナンス
事業者向け
ビジネスローン
年3.1%〜18.0%50万円〜1,000万円
オリックス・クレジットVIPローンカードビジネス年6.0%〜17.8%50万円〜500万円
オリコCREST for Biz年6.0%〜18.0%10万円〜300万円
PayPay銀行ビジネスローン
(個人事業主向け)
年1.8%〜13.8%10万円〜500万円

プロミスなどの大手消費者金融では、ビジネスローン(自営者ローン)を展開しています。

たとえばプロミスでは事業性資金にもプライベートな資金にも使える自営者ローンの利用が可能です。
最短当日の出金が可能だったり利用限度額の範囲内で何度も資金を出し入れできたりと、カードローンと同じような使い勝手が特徴です。

融資額は300万円までですが、銀行よりも気軽に申し込みできるでしょう。
自営者向けローンは総量規制の対象でもないので、年収の3分の1以上の金額も融資を受けられます。
個人事業主以外にも中小企業も対称となっており、対応の早さが目立ちます。

しかし、ビジネスローンは融資までのスピードが早いものの、金利が高いことは大きなデメリットです。

メリット
デメリット
  • 即日融資が可能な場合もある
  • 振り込み融資にも対応
  • 審査通過率が高い
  • 担保、保証人不要
  • 金利が高い
  • 限度額が低い
  • 大手以外は危険
  • 返済期間が短い

銀行以外のビジネスローンですと上限金利が18.0%が一般的で、消費者金融でのキャッシングと、さほど変わらない金利が設定されています。

例えば融資限度額が500万円で利用ができたとして、金利が15%だったらどうでしょうか。
利息は大きくなり、事業性の資金としては返済財源の確保が難しくなることは想像できます。

ビジネスローンの比較チェックポイント
①必要書類
②金利
③限度額
④保証人、担保
⑤申し込み条件
⑥融資までにかかる期間
⑦返済方法
⑧最長借り入れ期間

ビジネスローンは金利が高い反面、融資までのスピードが速いことが魅力です。
しかし、メリット・デメリットを十分に理解しなくてはなりません。

闇金も横行している分野でもあるので、ビジネスローンの広告だけで判断するのではなく、誰でも名前を聞いたことがある大手の金融機関から選択するのもポイントです。

日本政策金融公庫が個人事業主の味方

政府が出資する金融機関が日本政策金融公庫です。
個人事業主融資制度は個人事業主や中小企業の味方として知られています。
さまざまな融資がある日本政策金融公庫ですが、小規模企業向けとして個人事業主を対象とした国民生活事業があり、融資は普通貸付です。
事業を営むほとんどの業種の方が利用できます。

利用対象者事業を営む方

ほとんどの業種の方が対象

融資限度額4800万円

特定設備資金7200万円

融資期間設備資金:10年以内

特定設備資金:20年以内

運転資金:7年以内

措置期間設備資金:2年以内

特定設備資金:2年以内

運転資金:1年以内

担保・保証人は「相談で」とはなっているものの、実際の利用者に聞いてみると2人は保証人を用意しなければならなかったというのが多くありました。

普通貸付以外にもさまざまな融資制度があります。

  • 担保を不要とする融資
  • マル経融資(小規模事業者経営改善資金)
  • 長期低利で利用できる特別貸付
  • 生活衛生貸付(飲食店、喫茶店、理・美容業、クリーニング業、旅館業などを営む方対象)

金利は融資制度によっても、そして使い道、期間、担保の有無によっても異なります。

【法人】が銀行からお金を借りるには

法人が銀行融資を受けるなら金利はどうなる?

法人を対象とした銀行融資の一般的な金利相場は、0.9%~3.5%位といわれています。
金利には幅がありますが、固定金利か変動金利なのか、そして銀行の種類などによっても違いがあります。
金利に違いが出る大きな理由として考えられるのは、その法人の事業規模や財務状況の強さです。
財務状態がどのようになっているのか、その安全性を示すものは何であるのか、それによって大きく金利が変わってきます。
法人への銀行融資の場合、個人がネットで銀行カードローンを利用をする場合とは借り入れ金額も返済額の規模が異なります。
法人融資で大切にな要素の一つが銀行側と交渉する力です。
書類だけでは伝え切れない事業計画や返済財源の確保について、しっかりと説明できる準備をしておきましょう。
銀行の種類や規模によっても金利が変わります。
都市銀行などの大型銀行は金利が低く、地方銀行、信用金庫は金利がやや高く設定されているケースが多くなっています。

銀行融資は保証人が必要?

法人が銀行融資を受ける場合、連帯保証人が不要というケースも増えてきましたが、基本的には保証人が必要です。

法人融資の必要書類

融資を受けるためには、こちらの経営状態や身元をしっかりと証明するだけではなく、どのような理由で融資を受けたいのか、そして、どのように返済していくのかが審査の対象となります。
適正と判断されなければ、もちろん融資は受けられません。
経営の状況によって必要な書類が異なってきます。

業歴必要書類用意したほうが良い書類必要に応じて提出
創業事業方針説明書類

商業登記簿謄本

資金使途資料

今後の損益計画書

資金繰り表予想賃借対照表
1年未満事業方針説明書類

商業登記簿謄本

資金使途資料

決算書類一式

資金繰り表

試算表

銀行取引一覧表

今後の損益計画書

予想賃借対照表
1年以上事業方針説明書類

商業登記簿謄本

資金使途資料

決算書類一式

資金繰り表

試算表

銀行取引一覧表

今後の損益計画書

予想賃借対照表

決算書類は一式用意しなくてはなりません。

  • 賃借対照表
  • 損益計画書
  • 製造原価報告書
  • 販売費一般管理費明細
  • 株式式資本変動計画書
  • 勘定科目明細
  • 法人概況説明書

決算書類は融資決定に大きな役割を持っています。
また、必ず銀行との対面が必要になるので内容は具体的に説明できるようにしましょう。

銀行融資条件は厳しい?

法人創業時の大きな課題の一つが資金調達です。
現在、金融庁でも進めている資金調達方法にファクタリングがありますが、そもそもファクタリングをするためには売り掛け先がなければなりません。

ファクタリングとは
取引先の未回収の売掛金をファクタリング会社が買取をするシステムです。
買い取り手数料がかかりますが、融資とは仕組みが違うので個人信用情報機関に照会をする一般的な融資審査とは異なります。
資金調達に時間が無い、そんなときでも対応が可能な資金調達方法です。

法人だから融資が難しいのではなく、事業を始めて利益を上げる計画がしっかりとできているのかが問題です。
創業時の銀行融資と、事業を営んでいる間での融資では審査のポイントが異なります。
もちろん事業を営んでいる間には、事業計画書だけではなく決算書も審査において重要な役割を持ちますが、創業時ではまだ決算書を提出できません。
企業としての実績が何一つ無い状況で融資の申し込みをするため、事業をどのように計画しているのかがなによりも重要視されます。

カードローンでお金を借りる申込条件

カードローン申込み条件保証会社
三井住友銀行カードローン・20歳以上69歳以下
・安定した収入
SMBCコンシューマーファイナンス㈱
三菱UFJ銀行カードローン・年齢20歳以上65歳未満
・本人に安定した収入
アコム㈱
みずほ銀行カードローン・20歳以上66歳以下
・安定した収入
㈱オリエントコーポレーション
オリックス銀行カードローン・20歳以上69歳以下
・安定した収入
オリックス・クレジット㈱
または新生フィナンシャル㈱
大手消費者金融・20歳以上69歳以下
・安定した収入
なし

申し込み条件がクリアできていなければ、契約申込みは受け付けられません。
年齢条件、収入条件は各社で大きな違いはなく「20歳以上であること」「安定した収入があること」が条件として一般的です。

例えば20歳以上であれば、学生であってもアルバイト収入があれば申し込みができますが、20歳以上であっても無職では収入がないため申し込みができません。

また、銀行カードローンの場合には、保証会社による保証を受けられることが絶対条件です。
銀行の審査に通っても、保証会社の審査に通らなければ契約できません。

消費者金融では保証会社の必要がなく、消費者金融がOKを出せば審査に通過します。

保証会社とは?
現在のカードローンで、担保や保証人が必要になることはほとんどありません。
しかし、銀行カードローンの場合には、保証人の代わりとなる保証会社が設定されています。
保証会社が「保証する」としない限り審査に通ることはできません。
つまり保証会社も独自の審査を行うため、銀行の審査、保証会社の審査の2つが行われています。

消費者金融と銀行カードローンの違い

カードローンでお金を借りる際、消費者金融と銀行カードローンのどちらにするべきかは、メリットとデメリットを考慮して慎重に考えなくてはなりません。
一度カードローンで借り入れを行ったら、他の金融機関へ借り換えするのは簡単ではありません。
借り入れ件数が多くなると、新たな借り入れには審査で不利になるからです。
1社だけの借り入れを考えているのであれば、なおさらどのカードローンを選ぶのかは慎重にならなくてはいけません。
消費者金融のキャッシングと、銀行カードローンではそれぞれにどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

消費者金融のメリット

即日融資ができる
消費者金融の最大のメリットは、当日にお金を借りられる即日融資に対応していることです。
銀行は「総力規制を超える融資」や「反社会的勢力への融資」が問題となり、警視庁のデータベースへの照会が導入されたことによって、融資の審査に日数がかかり即日融資ができなくなりました。
一方、大手消費者金融では最短30分融資も可能としています。
また、多くの大手消費者金融では自動契約機を全国に広く展開しており、申し込みから契約、カードの発行までがその場で完結できるので、カードの郵送を待たずに即日融資を受けられます。

借入や返済方法が豊富
サービスが充実しているのも消費者金融の特徴です。
申し込み方法だけではなく借入や返済の方法も充実しています。
カードローンの借入・返済はATMを使うのが一般的ですが、返済時には口座引き落としも利用可能です。
また、インターネットの会員サービスから、指定の銀行口座に振り込みによる融資「振り込みキャッシング」を受けることもできます。
振込キャッシングは一般的に、銀行の振込実施対応時間である平日9時から15時であれば即日、それ以降の場合は翌営業日の振り込みになります。しかし即時振込に対応している銀行口座を指定すれば、24時間最短10秒など非常にスピーディーな融資を受けることもできます。
そのほか、最近ではアプリを使ってセブン銀行ATMからカードレスで借入・返済できる「スマホATM取引」にも対応しています。

消費者金融のデメリット

金利が高い
消費者金融の金利は、銀行と比較すると高く設定されています。
利息制限法によって消費者金融の金利は決められていますが、そのギリギリの金利に設定しています。
利息は日割り計算となっており、借り入れ日数が長くなればなるほど支払う利息が大きくなります。
そのため消費者金融の利用は短期返済ができるキャッシングに限った方が安心です。

総量規制の対象
消費者金融は貸金業であり総量規制に従わなくてはなりません。
総量規制とは個人が貸金業から借入できる総額を年収の3分の1までにするというものです。
年収が300万円の方であれば100万円が総量規制による限界となります。
また、1社からの借り入れ金額、もしくは借入希望金額が50万円を超える場合には、収入証明提出をしなくてはなりません。
複数社からの借り入れがある場合、総額が100万円を超えるときに収入証明書類の提出が求められます。

銀行カードローンのメリット

金利が消費者金融よりも低い
消費者金融の金利の上限が18.0%~20.0%となっていますが、銀行カードローンは15%未満となることが一般的です。
消費者金融よりも金利が低い、それもまた銀行カードローン金利の魅力ではありますが、融資限度額によって適用される金利が明確であるという大きなメリットもあります。
消費者金融の金利は適用される金利が明確ではないながらも上限が適用されることが多くあります。
銀行カードローンは借り入れ金額に応じて金利がはっきりと決められており計画の立てやすさがあります。

銀行カードローンのデメリット

即日融資できない
申し込みから実際の借り入れ開始まで、銀行カードローンでは数日かかります。
最短翌日融資のところもありますが、消費者金融のメリットのところでも触れたように即日で借りることはできず、緊急性のある融資には向いていません。

借り入れや返済の方法が少ない
不便というよりは利用がシンプルです。
借り入れの方法はATMだけ、返済の方法はそれに加えて口座振り込みがある。
それが銀行カードローンの利用方法としては一般的です。
振込キャッシングに対応している銀行は少ないものです。
三菱UFJ銀行カードローンバンクイックのように三菱UFJ銀行ATMも提携ATMも利用手数料無料となっていることもあります。

カードローン利息の計算方法と効果的に返済する為に

カードローンを契約しても、実際の使い方を知らなければ便利に使えなかった、また、うまく返済ができないといった事態になりかねません。
カードローンで失敗しない為に覚えておきたい「うまくカードローンを使うコツ」を紹介します。

①金利と利息の関係を知って早めに返済をする

カードローンには金利が設定されていて、実質年率と表記されていることもあります。
この金利は「年間にかかる利息の割合」を示しているものです。

例えば100万円を借りて金利が15%なら、年間で払う利息は単純計算で15万円になります。

ただし、「日割り計算」であること、「返済するたびに計算の元となる元金が減る」ことから、実際の利息は15万円にはなりません。

利息=(借入残高×金利)÷年間日数×利用日数

金利が低ければ、それだけ支払う利息が少なくなります。
計算式を見てもわかるように「1日分の利息を利用日数分支払う」ので、借入残高が少なく、利用日数も少なければ、それだけ利息が抑えられます。

金利18.0%と金利14.5%の10万円を3ヶ月借りたときの利息の違いを見てみましょう。

最終的に支払う利息の違いは589円しかありません。
問題になるのは金利だけではなく、利用する金額と日数です。
借り方次第で大きな借金になりますが、返し方次第では金利が高くても利息を抑えられます。

②コストを抑えて効果的な返済をする

返済時には、「元金」(借りたお金)にプラスして「利息」も支払います。
この利息を安く抑える為には「借入残高」と「利用日数」が大きく関係しているのは説明しましたが、具体的には

  • 返済日に多めに返済する
  • 返済日以外にも追加で返済をしていく

こうしたことが利用日数の軽減と借入残高の軽減に大きく役立ちます。
つまり、積極的に追加返済を行っていくことで、利息総額、ひいては返済総額を軽減できるということです。

そして、利息以外にも手数料があります。
それが「返済にかかる手数料」です。

カードで返済する際にATMなどを利用したり、ネットバンキングを利用したりする際の手数料ですが、効果的に返済をしていくためには返済手数料ができるだけかからないこともポイントです。

例えばプロミスでは、インターネット返済や口座振替、プロミスATMは手数料0円なのに対し、コンビニATMは手数料がかかります。ただし、提携ATMのなかでも三井住友銀行ATMなら手数料無料です。

1回の手数料は110円~220円という少額ですが、そのつど返済手数料がかかるのであれば、無駄なコストが発生します。
できるだけ無駄なコストを抑えるためには追加返済をして利息を減らしていくだけでなく、返済ごとの手数料にも気をつけましょう。

カードローンでお金を借りれない人の理由

「申し込み条件をクリアしている」さらに「必要書類も用意できた」という方でも、消費者金融や銀行からお金を借りれない人もいます。
その大きな原因となるのが過去のキャッシング履歴です。
過去、もしくは現在、下記の当てはまるような、返済をしなかった借り入れはありませんか?

  • 3ヶ月以上返済を放棄した
  • 保証会社による代位弁済が行われた
  • 契約違反による強制退会があった
  • 返済しきれず債務整理の手続きを行った

これらの出来事は「悪質な返済トラブル」として、個人信用情報機関に掲載される情報となります。
いわゆるブラックと言われる状態です。

個人信用情報機関は国内に3つあり、本来はその機関に加盟している金融機関しか情報を提供したり照会したりすることができません。
しかし、金融ブラックに相当する金融情報は、すべての個人信用情報機関で共有されます。
それほど重要で、金融機関はとくに警戒しなければならない情報になるということです。

お金を借りるQ&A

カードローンでお金を借りていると住宅ローン審査に通らない?

カードローンの契約があるからといって、必ずしも住宅ローン審査に通らないとは言えません。
カードローンで契約していたとしても、きちんと返済をしていて、住宅ローンを組んでも返済能力に問題ないと判断されれば審査に通る可能性は十分にあります。しかし、

・毎月の返済日に遅れがある
・延滞の履歴がある
・現在借入している

といった場合には影響が出る可能性があります。

土日祝日に即日でお金を借りるには?

土日祝日は休みになる金融機関も多いですが、大手消費者金融でしたら土日祝日でも即日融資の可能性があります。
ただし、土日祝日の即日融資にはいくつか注意点があります。

在籍確認の電話
審査において在籍確認は必須ですが、ご自身の勤務先は土日祝日の電話対応が可能でしょうか?もし休みであれば、在籍確認が取れず、審査も完了しません。
在籍を確認できる書類の提出などでも可能かどうか、カードローン会社に事前に電話でその旨を相談しておきましょう。

できるだけ早く申し込む
土日祝日は、平日よりも早くに営業が終わってしまう場合があります。
例えばレイクALSAでは、申し込みから借入まで最短60分融資も可能としていますが、日曜日だけ即日振込のタイムリミットが早いです。

またアコムでは楽天銀行の場合は24時間最短1分振り込みが可能としていますが、三菱UFJ銀行などの場合には、火曜~金曜は0:10~23:49、土日祝日は9:00~19:59が最短1分振り込みの対応時間となっています。

審査にどれだけ時間がかかるかもわかりませんし、土日祝日の即日融資を考えるのであればできるだけ早く申し込みをすることをおすすめします。

FP監修者

慶應義塾大学を卒業後、みずほ銀行(旧富士銀行)に入行。10年以上融資業務に携わリ、大企業向けファイナンスから不良債権処理まで幅広く経験。その後、ファイナンシャルプランナーの道を志し、外資系生保のコンサルティング、金融系ベンチャー企業の創業に参画。2009年に独立系のFP事務所FPバンクを設立し、現在に至る。

目次
閉じる