ファイナンシャルプランナー相談
のFPバンク
東京駅・新宿駅

フィデューシャリー・デューティー宣言 フィデューシャリー・デューティー宣言

企業理念

「お客様のHappyが私たちのHappy
ファイナンシャルプランニングでお客様の人生をHappyに!
お客様に支持され続けることが私たちのHappy!」

株式会社 FPバンク(以下、「当社」)は、上記の企業理念を掲げ、社員が「お金」にまつわるお客さまの不安を取り除き安心をお届けするため、お客さまから最初に相談される企業・社員であり続け、お客様との永続的なお付き合いを実現するために以下の方針を定めます。

お客様本位の業務運営に関する方針

1.経営方針
お金の不安を解決するライフプラン相談所。「お金のホームドクター」として、本物のライフプランニングを提供します。お客様へ以下3つをお約束します。
  1. (1)まずはお客様の話をじっくり伺います。
    家計改善が必要か、現状分析を十分に行います。
  2. (2)気軽に相談できる環境をつくります。
    欧米では当たり前の顧問FPをリーズナブルに。
  3. (3)アフターサポートを大切にします。
    ライフスタイルの変化に対応したプランを提供します。
2.お客さまの声を経営に活かすお客さま本位の業務運営
当社は、お客さまのご要望に、誠実かつ迅速にお応えするとともに、お客さまの声を大切にしております。弊社社員はお客様の改善要望やお褒めの言葉を毎月本社に報告し、その全件を社内で共有することで、お客さまにより良い情報提供を行える取り組みを行っております。
3.お客さまの最善の利益の追求
お客さまの利益を最優先に行動することが、「お客さまとの永続的なお付き合い」を実現する唯一の方法と考えます。最善の商品を提案しないことで後々お客さまからの信頼を失うことを最大の損失ととらえ活動いたします。

お客様本位の業務運営に関する取組み

当社は、弊社社員がお客さま本位の業務運営をしていくための研修体系等の整備および本方針の浸透に向けた取組みを進めてまいります。

1.全社員共通の拠り所として大切にし、下記のような様々な機会を設けて浸透をはかります。
  1. (1)定期会議などで経営陣が直接社員に語りかけています。
  2. (2)支店での朝礼時やミーティング時に企業理念の共有を行い、本方針を確認する機会を設けています。
2.「お客さまの声」「意向把握シート」を中心に各種業務品質をチェックし、営業現場での業務品質の改善に活かしています。

お客様本位の業務運営に関する指針

当社は、お客さま本位の業務運営を行ううえで、その水準および進捗度、周知度等を検証するため、下記のとおりKPIを設定し、一定期間ごとにその内容等をチェックし改善に努めてまいります。
なお、この検証においてこれらの内容が実態にそぐわないと判断された場合については、都度見直しを実施し、さらなるお客さま本位の業務運営に資する内容に変更をしてまいります。

  • NPS=顧客ロイヤルティ(企業に対する愛着・信頼の度合い)
    お客さまからいただいたアンケートを分類、社内で共有を行ったうえでNPS数値を算出し、業務改善に取り組んでおります。
    弊社FPは、お客様が感動するサービスを提供し、評価を頂くために社員一丸となり改善して参ります。