ファイナンシャルプランナー相談
のFPバンク
東京駅・新宿駅

2019.4.5
ライフプラン

年収700万独身女子なのにお金がない!?

年収700万と聞いたらみなさんはどう感じますか?一般的に年収が高めだなと感じるのではないでしょうか。オフィスレディが街を颯爽と歩き、高層階のビルでおしゃれにランチ、そんな姿をイメージするかもしれません。しかし、その実情は違っていることがあります。その理由と今後の対策を解説していきたいと思います。

1.年収が高いのにお金が貯まらない、どんな理由が考えられるでしょうか。

(1)理由①毎日1,000円以上のランチはさすがに高い

いくら年収が700万円でも毎日1,000円以上のランチは高すぎです。ましてや、食後にお洒落なコーヒーなどを飲んでいた日にはお昼だけで一日2,000円弱消費してしまっています。1ヶ月で考えると3~4万円の消費です。しかし、問題は高いことだけではありません。本人は一日1,000円以上のランチは高いと思っていても周りが行くとなれば行かないわけにはいきません。なので、なかなかこの消費を抑えることは難しい問題なのです。

(2)理由②つい少し高いものを買ってしまう

やはり収入が高めだから、つい最安値のものより高いものを選んでしまうようです。忙しいからコンビニでの買い物が多くなってしまったり、一般的なスーパーではなくハイブランドなスーパーで買い物したりと、ちょっとずつプチ贅沢を重ねて結果大きな金額になっています。服などもファストファッションではなくブランド物を選びがちです。

2.どのように改善していったら良いでしょうか?

(1)改善案①お金を貯める目的を明確にする

何のためにお金を貯めるのかという目的が曖昧だとついつい流されてしまいがちです。

・1年後にハワイに行きたい
・東京オリンピックが見たい
・老後に夢を叶えたい

目標を明確に持つことによって前向きに貯蓄に取り組むことができるのではないでしょうか。

(2)改善案②ライフプランを作成してみる

将来にいくらのお金が必要なのかが、わかっていないと危機感が生まれてこないと思います。今後の必要資金を知れば、今いくら使っていいのが見えてきます。また、老後は遠い未来のように感じてしまうかもしれません。
しかし、今の年金制度の実情を考えればなるべく早く老後資金を自助努力で積み立てておくことは必要です。

3.まとめ

何事にも目標は必要です。ダイエットにしても、何のために痩せるのかが明確でないとやはり長続きしません。まず、自分が将来何をしたいのかを明確にし、それを実現するためにはどのような道筋(ライフプラン)を辿ればいいのか計画を立てます。それが継続的な貯蓄の第一歩だと思います。また、目標は一人で立てられてもライフプランを考えるのが難しいという方はFP(ファイナンシャルプランナー)に相談されることをおススメします。ダイエットも一人で行うよりもトレーナーがついていた方が上手くいく可能性が高いでしょう。それと同じようにFPがお金のトレーナーになり、皆様を成功に導いてくれることでしょう。

2019年4月5日
text by 久保田 正広
FPバンク

関連記事