ファイナンシャルプランナー相談
のFPバンク
東京駅・新宿駅

2020.8.18
家計・ライフプラン

傷病手当金とは?コロナでももらえるの?

こんにちはFPバンク編集部です。

大きな病気やケガで会社を長期間休業しなければならない時の公的保障として「傷病手当金」という制度がありますが、どんな条件でどんな手続きをすればいいのか、分からない方も多いのではないでしょうか?

これから入院して会社に行けず自宅療養の中、傷病手当金の申請を行うとなると、肉体的にも精神的にも大変ですよね。

そこで今回は、「傷病手当金」がもらえる方法を解説します。

傷病手当金の仕組が分かると、すぐに手続きできて安心ですよね。

また、昨今まん延している新型コロナウイルス関連の保障や傷病手当金以外の備えなども紹介するので、これを見ればさらに安心です。

自分は大丈夫だと思っても、コロナ感染といったようにいつ何が起きるか分かりません。

「働けないリスク」に不安を感じている人も増えている中で、傷病手当金だけでなく他の備え方もあわせてご紹介します。

想定外の事態で収入を保障してもらえる情報ですので、ぜひ参考にしてください。

1. 万一のときの収入を保障する傷病手当金とは?

(1)傷病手当金がもらえる4つの条件

傷病手当金は、病気・ケガにより仕事ができない場合に公的医療保険から支給されますが、以下の4つの条件をすべて満たす必要があります。

① 業務外の病気・ケガで療養中であること
② 療養のため働けないこと
③ 連続する3日間(待機期間)を含み4日以上仕事を休んでいること
④ 仕事を休んでいる間に給料をもらっていないこと

上記4つの条件が満たされているかについては、職場の担当者に確認してみましょう。ちなみに、自営業など国民健康保険に加入している人は受け取れない場合があります。

(2)実際にいくらもらえるの?

条件を全て満たした場合は、実際いくらもらえるのでしょうか?

<計算式>
標準報酬月額 ÷ 30日 × 2/3 = 1日あたりの傷病手当金

標準報酬月額とは、支給開始日(はじめに傷病手当金が支給された日)の以前12ヵ月間の各標準報酬月額を平均した額のことを言います。

待期期間の3日間を過ぎた4日目以降から、休業した日数分の金額を受け取ることができます。

実際に長期休業となり収入がゼロになってしまうことを考えると、ゾッとする人も多いのではないでしょうか。休業期間にお給料の3分の2を受け取ることができるのは、とても心強い保障と言えます。

(3)長引く場合、いつまでもらえるの?

病気やケガによっては、長期休業となる場合もあります。

実際にいつまでもらえるかと言いますと、支給開始から最長で1年6ヵ月となります。その期間に出勤した日があっても、期間が延長されることはありません。

仮に支給開始から途中で1ヵ月出勤してまた休業となった場合、出勤した1ヵ月間も1年6ヵ月に含まれるので注意しましょう。

休業が続いて1年6ヵ月を過ぎた場合、傷病手当金の受け取りは終了となり、障害年金を申請するか検討することになります。

(4)1年6ヵ月過ぎるとどうなるの?

傷病手当金は最長で1年6ヵ月受け取ることができますが、その期間を過ぎても休業が続くと身体の状況により障害年金を請求するか検討することになります。

障害年金を請求することになり、障害認定されると障害等級によって受け取る額が決まります。

会社勤めの人は障害基礎年金の他に障害厚生年金を受け取ることもできますが、傷病手当金と比べると額は下がってしまうケースが多いと言われています。

2. 傷病手当金の手続きとポイント

(1)書類を提出して手続き

傷病手当金を受け取るには、以下の流れで手続きを進めていきます。

① 傷病手当金支給申請書の取り寄せ
勤務先の健康保険組合でホームページを立ち上げている場合は、そのサイトからダウンロードすることも可能です。

② 傷病手当金支給申請書の記入
傷病手当金支給申請書は本人が記入する以外に、医師や会社の担当者が記入する書類もあります。

③ 申請書の提出
申請書をすべて記入後、勤務先の健康保険組合に必要添付書類(賃金台帳、出勤簿又はタイムカードの写し)を添えて提出(郵送)

④ 保険者の審査、傷病手当金の支給
書類に問題なく審査が完了すると、傷病手当金を受け取ることができます。

手続きで不明点がある場合は、勤務先の健康保険組合に問い合わせてみましょう。

(2)手続きしてからもらえるのはいつ?

傷病手当金支給申請書の提出は、基本的に事後申請となります。

医師や会社に記入してもらう書類は対象月が締まった後でないと記入ができないからです。

例えば8/3~8/28の傷病手当金を申請する場合、9/1以降に医師や会社に記入を依頼することになります。

記入後申請してから、傷病手当金が支給されるには長い期間かかります。

協会けんぽの場合は申請から2週間が目安となるようですが、保険組合によっては2~3ヵ月かかる場合もあるようです。

1度申請することにより2回目以降は短縮されるケースもありますが、申請してから受け取るまでにはある程度の期間はかかると考えておいた方が良いでしょう。

そのため、具体的なスケジュールを前もって確認しておき、早めの申請を行うようにしましょう。

(3)手続きの注意点・ポイント

傷病手当金の手続きを行う際には、以下の点に気を付けると良いでしょう。

・記入漏れや記入間違いに注意
記入漏れや間違いのまま提出してしまうと、審査をして不備だと分かってから書類が返ってくるので、それから再提出して再度審査に進み…となると、かなり時間がかかってしまいます。

その分受け取りが遅れるので注意しましょう。

・公休や有休の日数を計算に含めて申請する
待機期間は公休や有休も対象になるのと併せて、支払日数も対象にすることができます。
(標準報酬月額÷30日で計算するため、公休や有休であっても療養のため仕事ができない状態であれば対象になります)

・下記のいずれかの場合、支給額が一部または全部調整されます
① 手当などを含め、一部でも給与が支給されている
② 傷病手当金と同じ病気などで厚生年金保険の障害厚生年金または障害手当金を受給している
③ 退職後に老齢年金などを受給している
④ 労災保険から休業補償給付を受給している
⑤ 傷病手当金の申請期間中に出産手当金を受給している

・長期休業の申請
傷病手当金は申請してから受け取るまでに時間がかかるので、1ヵ月単位で申請してお給料と同じ形で受け取ることをおすすめします。

・長期休業中の社会保険の支払い
傷病手当金の受け取りをしている間でも、社会保険は支払わなければなりません。

支払いができない場合は保険証を持つことができなくなってしまう可能性がありますので、注意しましょう。ちなみに会社が社会保険料を負担すると給与の扱いとなってしまいます。

・退職後も3つの条件をすべて満たしていれば傷病手当金の受け取りが可能
① 退職日までに被保険者資格が継続して1年以上あること(任意継続加入期間は除く)
② 退職日に傷病手当金の支給を受けている、または、支給される条件を満たしていること
③ 退職日に傷病手当金の支給を受けていた傷病で引き続き労務不能であること。
(退職日に出勤しておらず、退職後も引き続き労務不能で療養していること) 

3.新型コロナウイルスに感染したら傷病手当金はもらえるの?

(1)4つの条件に該当していればもらえる

新型コロナウイルス感染による療養についても、傷病手当金を申請することができます。

発熱などの自覚症状により自宅療養している場合でも、申請する際の医師の記入内容によっては受け取り対象となる可能性があるので、勤務先の健康保険組合に問い合わせてみましょう。

(2)新型コロナウイルスは傷病手当金以外も特別措置がある?

新型コロナウイルスにより収入に影響が出てしまう場合、毎月の社会保険の支払いを減免してもらえます。

国民健康保険はお住まいの区市町村に問い合わせてみましょう。年金も同様に減免してもらえる可能性があるので確認してみましょう。

新型コロナウイルス感染症関連情報|日本年金機構
社会保険料の猶予等について|厚生労働省

また、民間の保険会社も保険料の支払猶予や保険金の簡易請求手続きを行っていますので、加入している保険会社に問い合わせしてみましょう。

<関連記事>「アフターコロナ」の時代に入ったとき、世界の価値は変わる?

4.傷病手当金以外にも「働けないリスク」に備える人が急増

(1)自営業の人は対象外

傷病手当金は全ての人が対象ではありません。

加入している公的医療保険によっては、傷病手当金を受け取れない場合があります。

自営業の人が加入する国民健康保険は傷病手当金の制度がないため、他の方法で備える必要があります。

<関連記事>自営業の本当に必要な保険とは?~ストレスフリーとは引換に~

(2)「働けないリスク」に備える保険加入が急増

最近テレビなどで、病気ケガで所定の条件に該当すれば長期の休業による収入減をカバーできる保険のCMをよく見かけるようになりました。

以前に比べて医学の発展などで大病でも生きながらえるケースが増えていることから、収入減により生活が苦しくなってしまうリスクを考えて保険に加入する人が増えているようです。

代表的な保険は以下の名称となります。気になる方は調べてみましょう。

・就業不能保険・所得補償保険
一定期間、入院や自宅療養が続くと復職までの間、月単位で受け取れる
・三大(特定)疾病保険
がん・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態になった場合、一時金で受け取れる
・特約付収入保障保険
所定の状態(※)に該当すれば、初めに決めた期間まで月単位で受け取れる
※保険によって、三大疾病・障害状態・介護状態と異なります。

(3)いざという時に家族が備える場合も

従来、保険は夫が入るものと言われていましたが、今や夫婦共働きの家庭は一般的になっています。

夫婦どちらかが病気で長期休業となってしまったら、収入減による家計のダメージは想像以上に大きくなってしまいます。

そのため夫婦で働けないリスクに備えて保険加入を考えるケースが増えています。

ただし、夫婦それぞれ傷病手当金が受けられるのであれば、適正な保障の大きさはどれくらいか、そもそも保険の加入が必要なのか、きちんと検討するのが良いでしょう。

<関連記事>結婚したら保険は必要?結婚前は?加入タイミングと保障内容

5.まとめ

医学の発展により昔と比べて寿命が延びたことで、現役時代に罹ってしまった大きな病気やケガで亡くなる方は大きく減少しました。

一方で、以前のような仕事ができずに収入が下がり、家計が大きなダメージを負うリスクに備える必要があると言われています。

そのため、傷病手当金の制度を理解していざという時に活用できれば、家計のダメージを最小限に抑えることができるでしょう。

ただし、家族構成や世帯収入は様々ですので、子供の教育費がかかる時期などに長期休業で傷病手当金を受け取っても生活が難しい場合があります。

また、自営業の人などは傷病手当金の制度が利用できません。「働けないリスク」は誰しもありえることです。自分はどのように備えておけば良いのか、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談するなどして、しっかり検討しておきましょう。

2020年8月18日
text by 久保田 正広
FPバンク

関連記事